忍者ブログ

抗うつ剤が、「幻覚」「躁病」「重度の不安」などの深刻な離脱症状を引き起こすことが最新の研究で明らかに

In Deepより リンク

最新の国際的研究で、抗うつ剤を中止した人たちの半分以上が重度の離脱症状を示し、そこには永続的な損傷が含まれていることがわかった

英国ローハンプトン大学など国際的研究チームによる最近の研究で、抗うつ剤の離脱症状の重大性が示された。

発表された論文のタイトルは、「抗うつ薬の離脱作用の発生率と、その重症度および持続期間に関する体系的なレビュー :現在の抗うつ薬のガイドラインは医学的証拠に基づいているのか?」というもので、この研究は、抗うつ剤が、これまでに想定されていたよりもはるかに中毒性が高く、有害であることを明らかにしている。

米国でも、これまで数多くの著名な精神科医たちが、抗うつ剤の危険性について主張していたが、今回の研究は、その長年の問題を後押しするものにもなる。

論文のハイライトは次のとおりとなる。

・抗うつ剤の服用を中止しようとした人たちのうちの半数以上( 56% )が離脱症状(禁断症状)を経験している。
・離脱症状を経験した人のほぼ半数(46%)は、その症状が重度のものだった。
・離脱症状が数週間または数ヶ月以上続くことも珍しくないことがわかった。
・これらのことから、現在のイギリスとアメリカでの抗うつ剤のガイドラインは、離脱症状の重篤度および、離脱症状が持続する期間を過小評価している。抗うつ剤のガイドラインの見直しには重大な臨床的意義を有する。

現在の「イギリス国立医療技術評価機構」(イギリス保健省配下の保健機構)と、アメリカ精神医学協会での、うつ病の治療ガイドラインでは、抗うつ剤の離脱反応は「限定的である」とされており、深刻なものとは見なされていない。

しかし、今回の研究では、抗うつ剤の離脱反応は、限定的ではなく、半数以上に起きる上に、重度も高いことが示されたのである。

研究グループは、抗うつ剤の離脱の評価のため、以下の方法を用いた。それぞれ論文からの抜粋だ。

抗うつ薬の離脱反応の発生率、重症度および持続時間を確認するために、体系的な過去の医学文献の精査が行われた。そして、さまざまな方法論とサンプルから、抗うつ薬の離脱反応に関しての 23の関連研究を特定した。
(中略)
そのうちの 14件の研究による離脱発症率は 27%〜 86%で、加重平均は 56%であった。
そのうちの大規模な調査による 4つの研究では、最も重度であることを裏付ける抗うつ剤の離脱症状を経験している患者の加重平均が 46%に上っていた。

また、非常に多様な 10の研究のうちの 7つでは、離脱を経験した人々のかなりの割合が、その症状が 2週間以上続いたことが分かり、抗うつ薬をやめた人たちが、離脱症状を数カ月間以上経験することも珍しいことではないことがわかった。

離脱症状に伴う副作用の症状の種類も多く、論文には以下のように書かれてある。これが数カ月以上続く場合もあり、中には永続的な機能障害を示すこともある。

抗うつ薬の中止後の典型的な症状には、不安、インフルエンザ様の症状、不眠症、吐き気、平衡感覚の欠如、感覚障害、過知症の増加、めまい、感電様感覚、脳波の異常、下痢、頭痛、筋痙攣および振戦(からだの震え)等がある。

上記の症状が最も一般的な身体症状だが、抗うつ剤の服用中止が躁病を誘発する可能性があるという証拠もある。

また、感情の鈍化、泣くことができないなどの症状や、性機能障害については、これが長期的あるいは永続的な機能障害となる場合がある。

(中略)

抗うつ薬の離脱に関するイギリスとアメリカでのガイドラインは、抗うつ薬の離脱の発生率、重症度および持続時間に関する証拠とは明らかに異なる。そのため、我々は、これらのガイドラインを緊急に刷新することを提案する。

今のガイドラインのままだと、おそらく離脱症状への誤解(抗うつ薬の離脱症状は大したものではないという現在の誤解)が広がり、結果として、抗うつ薬の処方が必要ではない多くの人たちへの抗うつ薬の処方が続き、あるいは、より高い薬効の抗うつ薬処方の増加をもたらす可能性がある。

処方する医師たちは、患者に抗うつ剤をやめる時に起き得ることの可能性について十分な情報を伝えるようにするべきだと勧告したい。

そして、研究者たちは、イギリスとアメリカ以外でも世界中で抗うつ剤の処方の増加しており、その増加は「抗うつ剤の離脱症状に対して、さらに抗うつ剤が処方される」という状態が促進されている可能性があると指摘した。

抗うつ薬の使用期間が長くなると、同じ期間での抗うつ薬の処方量が増加するために、そのような長期使用がなぜ起きているかを理解する必要がある。

今回明らかにされた証拠によれば、抗うつ薬の長期の使用は、抗うつ薬を中止する際の離脱症状の発生率と、その重症度、および離脱症状の持続期間の過小評価に部分的に根ざしている可能性がある。例えば、うつ病が再発した時には、抗うつ薬の使用がまた始まり、あるいは抗うつ薬による治療が効かなかった時には、新薬の試行や薬の大量投与につながっている可能性があるということだ。

この問題は、長期の抗うつ薬の使用が、重度の副作用の増加、体重増加リスクの増大、患者の自律性および回復力の障害(医学的援助への依存度の増加)、より大きな再発率、さらには、死亡率の上昇と、認知症の増加があるということだ。

このように研究者たちは、現在の精神医療においての抗うつ剤の使用そのものに対しての問題も指摘した。

精神医学の現在のガイドラインには危険性が多い。しかし、今回のイギリスの研究者たちのように、少数であっても、勇敢な専門家たちのおかげで、私たちは精神医学の危険性を客観的に知ることができる。

また、現在は、精神医療での薬剤をやめるためのプログラムも存在する。




匿名希望
PR

原料が自然界にある煙草、添加物まみれの電子タバコ、どっちが危険?

煙草の害が叫ばれるようになって久しい。今では喫煙人工が急激に減少している。一方で電子タバコは売り上げを伸ばしているらしい。
「禁煙の手助け」あるいは「健康的な製品?」というような扱われ方をしているが、本当なのだろうか。どう考えても原料が自然界にある煙草より、葉タバコの含有量はほんのわずかで大部分が化学物質(添加物)の電子タバコのほうが身体によくないのは明白だ。

スプートニク日本 2018年10月15日記事
 リンク
***************************
研究者が電子タバコのさらなる危険性を指摘

ベープ(電子タバコの喫煙)のため液体に含まれた味と香りを醸し出す添加物が、肺炎の発症や肺の活動にとても悪い影響を招くという医師たちの研究報告が、米科学誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・フィジオロジー』に掲載された。

ギリシャ・アテネ大学の研究者らは、ベープのために液体に含まれたさまざまな香味及び芳香添加物が、肺のさまざまな部分の働きや肺の細胞活動に与える影響を調べるため、マウスによる一連の実験を行った。

ベープ用のさまざまな添加物が与えられた実験用のすべてのマウスのグループのところでは、吸煙添加物によって肺炎が発症し、大量の粘膜が生じていた。長期間のベープにより、肺組織は弾力性を失いはじめ、炎症が慢性化し、肺細胞には有害物質が蓄積し始めた。
***************************





太刀川省治

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

生命の源である水。私たち現代人でも、たった2日間。水を1滴も飲まずにいると、それだけで命が危険に晒されます。それは、人体が重量比で65%程度が水分で構成されており、血液、リンパ液、数兆個あるとされる細胞の大部分が水分で(水分を含む溶液)で出来ているので、水分が無くなると生命が維持できないためです。まさに命の水。

私たちの生活に欠かせない水。日本をはじめとして都市化が進む21世紀の世界各国では、その多くが水道水によって各家庭に供給されています。日本の水道水には「殺菌の為」と称され『塩素』が混入されている事は周知の通りですが、この塩素が戦後GHQの指導により日本の国力=国民の思考力を低下させる為に意図的になされたものであり、現在でも日本に駐留している米兵には『日本の水道水には毒が入っているから飲んではならない。』との軍令がある事は、あまり知られていません。また世界的に見ても、水道水に塩素を用いているのは日本を含めごくごく僅かです。

しかし。塩素は用いていないとはいえ、当のアメリカをはじめとして実は世界規模で水道水に混入されている物質があります。それが『フッ素』。このフッ素は超猛毒でガラスやプラチナをも侵す凄まじい酸化力を持つ元素です。単体分離による長期保存もその強い酸化力から事実上不可能で、難易度の高い元素の単体分離研究史の中でも多くの研究者が命を落としたり、重度の障害を担ってしまった危険な物質です。この物質の水道水への混入がいまや世界的な主流となっています。(下記リンク先地図参照:「世界の水道水のフッ素化の状況」赤とピンクの国はすべてフッ素化)

その『フッ素』。各国がこぞって水道水に混入している理由は「虫歯を防ぐ」という事らしいですけれども、日本の例に倣うとどうなんでしょう?此処に来て妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクが指摘されはじめていますが「やっぱりね」という感じもします。そもそもが猛毒なのですから。

気になるのは、日本の水道水に塩素混入を指示したのはGHQのマッカーサー。では、アメリカ合衆国・カナダ・ブラジル・オーストラリアをはじめとして国際的に『水道水のフッ素化を進めているのは誰なのか?』です。

(ちなみに日本の水道水にはフッ素は入っていませんが、毎日使う『歯磨き粉』や『フライパン』等の調理器具の多くにフッ素は使われていますので、お母さんはご注意を)

◆『妊娠中の母親の体内のフッ素レベルと、その子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)リスクには強い関係がある』 リンク(indeepより)

◆過去の研究でフッ素と関係あると医学的研究で認められたもの
・フッ化物が松果体を石灰化する
・フッ化物が関節炎を引き起こす
・フッ化物が腎臓病を引き起こす
・フッ化物は IQ を低下させ、脳の損傷を引き起こす
・フッ化物は男性と女性の繁殖力を弱める
・フッ化物は骨格の健康を弱める(骨格フッ素症)
・フッ化物は心血管炎症およびアテローム性動脈硬化症を引き起こす
・フッ化物は鉛の吸収を増加させる



匿名希望

子どもが壊されていく~日本の学習障害児童の急増~

アメリカでは、慢性疾患である「腎臓、腸の病気」、「肝臓、胆管、甲状腺、膀胱、胆嚢ガン」、そして自閉症も急増している。それと、遺伝子組み換え作物の出荷量の増加に因果関係がると感じ、市民が猛反発。遺伝子組換えでない製品の表示がなされたという。

恐ろしいのは、売れなくなった遺伝子組換食品は、市場を求めて日本に輸出されるようになってきているのだ。現在、学習障害児が日本でも急増している。このままでは、子どもが壊されていく。

田中優の'持続する志'より引用です。
リンク

■「非遺伝子組換(Non-GMO)食品」の表示

 今回もまた調べていく中から驚くデータを見つけたので紹介しよう。

 まず一つはアメリカ、ワシントンポスト紙に紹介された記事だ。アメリカで統計上初めて、平均余命が減り始めたという記事だ。2014年から2015年にかけて、平均寿命が78.9歳だったのが78.8歳へと減り、特に男性の方が大きく減った。しかし0.1だけだから、史上初の事態とはいえそれほど大きな数字ではない。

 でも日本の今後の人口予想数に習うならば、「西暦3000年には人々の平均寿命は98.3歳減ることになり、子どもは生まれたと同時に死ぬことになる」とするところだろうか。ただ直線的に考えるのは全く愚かしい。もっと多くの条件を見ながらどうなるのか推定しなければ、精度以前に予測にはならない。

 ところがアメリカの他の疾病データなどを見ていくと、恐ろしい事実がある。
慢性疾患である「腎臓、腸の病気」、「肝臓、胆管、甲状腺、膀胱、胆嚢ガン」、そして自閉症もまた急増しているのだ。その急増のカーブと一番一致するカーブを探すと、遺伝子組み換え作物の出荷量、遺伝子組み換え作物以外の植物を枯らすための除草剤「ラウンドアップ(成分名ではグリホサート)」の出荷量が増えているのだ。

 これに因果関係があると考える市民たちは、これに猛烈に反発し、今や非遺伝子組換えの作物が4年で7倍以上売れるようになっている。「遺伝子組換え」の表示を求めたが敗北すると同時に、「遺伝子組換えでない表示」を開始した。


■日本の学習障害児童の急増

 アメリカはすごいなぁと感心している場合ではない。売れなくなった遺伝子組換食品は、市場を求めて日本に輸出されるようになってきているのだ。日本では表示が甘く、5%以下なら表示せず、味噌や醤油などのような加工品は最初から表示しなくて良いことになっているのだ。

 まだ日本はアメリカのような遺伝子組み換えの被害は顕在化していない。ところが調べてみると、もっと怖いことが起きているのだ。学校で特別な教育指導を行わなければならない子どもたちの数が、文科省の調べでも平成10年の24,342人から、平成26年には83,750人へと爆発的に増えている。実に3.44倍の増加だ。

 特にいわゆる注意欠陥多動症障害と呼ばれるADHD、学習障害(LD)、自閉症や情緒障害が増えている。今年の夏に問題にされた長野県の農薬空中散布なども、因果関係を考える必要があるだろう。

 農薬散布は先に行われるのに、体内影響はその後だ。犯罪の無罪推定原則のように、なぜか農薬は安全なもののように推定される。これを覆すのは大変なのに。しかし世界的に調査が行われて、EUがネオニコチノイド農薬のいくつかを禁止したり、世界中で規制されるようになってきた。

 だが肝心の日本は、今なお野放しに近い状態なのだ。その結果ではないのか。1990年代から使われ始めたネオニコチノイド農薬の出荷量と、子どもたちの学習障害とは並行に進んでいるのだ。統計的には、ネオニコチノイド農薬の使用量が増加すると、児童の学習障害が増えるのだ。そこに因果関係を見つけ出せるまでは野放しでいいのか。

 これは正に現代の公害だ。しかも加害者の特定できる「公害」なのだ。


■第三の「化学物質による精神疾患」

 精神疾患には脳自体が傷ついていたりする「器質性疾患」と、特に物理的に問題ない「精神性疾患」がある。そこに新たに加わっているのが「薬物性精神疾患」だ。脳は巨大な「電子・科学・化学」臓器で、その役割の大きさと共に非常にデリケートなものだ。
 そこに薬物を混入すれば、電子信号がオンの状態のままになったりして機能しなくなる。

 以前は「自閉症」は「遺伝的な器質障害」と考えられていたが、そこには何も見つからなかった。今では国際疾病分類では自閉症を器質性障害に分類していない。

 では何なのか。ここに化学物質による「薬物性精神疾患」という分類が必要になったと思う。アメリカでも1995年頃から急増し、日本でも2005年頃から急増している。この頃生産が急増したものを考え見てほしい。しかも器質性ではなく、精神性とも言い難い自閉症なのだ。化学物質が原因であることは容易に考えつく。しかも多くの子どもたちが共通して摂取するものだ。食品由来のものであることも容易に想定されるはずだ。

 今は規制されていないのだから、親が自ら規制するしか方法がない。子どもたちの脳を破壊しないためには、家庭で規制するしかないだろう。もしそれが「化学物質」だとしたら、それは農薬に限られるわけではない。そこまで考えなければ、子どもを健全に育てられない社会にしてしまったことが問題だ。

 そしてアメリカでは、「腎臓、腸の病気、肝臓、胆管、甲状腺、膀胱、胆嚢ガン」へと裾野が広がり、人間の寿命すら左右し始めたのだ。だから子どもたちと未来のことを思うなら、無関心ではいられないのだ。


※参照 『 人口減少に抗する社会を 』
リンク





匿名希望

マウスウォッシュは危険で無意味?がん、内臓障害、防御機能低下の恐れも

リンク
以下リンクより引用
_____________

歯磨きをして、さらにマウスウォッシュをすることを習慣化している人は少なくないだろう。就寝前にこのひと手間をかけることで翌朝、目覚めた時に口臭が軽減される。

 また、人と会う前などに短時間で口中をさっぱりさせ、口臭を抑えられる効果があるので、身だしなみに気を使うOLに限らず、普段からマウスウォッシュを活用しているビジネスパーソンも多いだろう。

 しかし、一部のマウスウォッシュや歯磨き粉には、かなり刺激の強いラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)が含まれている。この成分は、シャンプーなどの主成分としてよく使用されているアニオン界面活性剤の一種で、高い洗浄力を誇り、かつ安価に製造できるのが特徴だ。

 しかし、非常に分子が小さく肌に浸透しやすいため、経皮毒として危険が唱えられ、最近では使用している商品は減っている。代わって、ラウリル硫酸ナトリウムよりも分子が大きく、経皮吸収の危険が少ないラウレス硫酸ナトリウムを使用する商品が主流となってきている。

 さて、そんなラウリル硫酸ナトリウムは、敏感肌の人の肌に付着すれば肌荒れやアレルギーを引き起こすこともある。マウスウォッシュとして口に含んで吐き出しても、多少は口に残る。つまり、唾液とともに体内に取り込んでいることになる。また、ブラッシングによって歯茎などについた細かい傷からも化学物質は染み込む可能性がある。

 マウスウォッシュは、トリクロサンや塩化セチルピリジニウム、サッカリンナトリウム、安息香酸塩・パラベンなどの防腐剤、ほかにも発がん性の危険が指摘される成分を多く含んでいる商品もあり、量によっては肝臓や腎臓に障害を起こすこともあるとされており、使用には細心の注意が必要だ。

●殺菌しすぎて逆効果になることも

 また、マウスウォッシュを使用することで確かに殺菌効果はあるが、病原菌が口から体内に入ることを防ぐ役割をする常在菌まで殺してしまい、人間の本来持っている防衛機能が低下する恐れもある。殺菌効果の高い商品に至っては、長期間使用すると歯の表面を溶かしたり、歯茎に炎症を起こすといった症例も報告されている。

 つまり、口中を殺菌するつもりが必要な菌まで駆除し、体に悪影響を及ぼしかねないマウスウォッシュ。加えて、歯に付着したプラーク(歯垢)に対してはまったく効果がないこともわかっており、一時的に気分はスッキリするが、使用するメリットは少ない。

 予防歯科を提唱する大名歯科も、ブログにおいて「歯周病予防の基本は歯ブラシによる歯肉マッサージと咬み合わせのバランスです」と語っており、歯周病対策や口中の衛生面など、さまざまな視点から考えても、丁寧なブラッシングに勝るものはないといえよう。

______________________
綺麗にしすぎるのも考え物ですね




匿名希望

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

ブログ内検索

P R