忍者ブログ

ファーストフードのチキンで発がん性物質検出

米国ではファーストフードのチキンから発がん性物質が検出されていたようです。また、コンビニのおにぎりや弁当には、眠くなる成分が添加されているようです。食品添加物が氾濫する社会では正しい情報収集が必要ですね。
リンクより転載します。
****************************
私は以前、添加物や医薬品、その他の化学物質の安全性に関する研究所で、主席研究員として変異原性の実験に従事していました。

突然変異性を示す物質と発がん性を示す物質との間には、極めて高い相関関係があります。突然変異性が認められた物質は、添加物としての開発は中止となり、次に予定されていた動物等による安全性試験は行いません。

魚や肉を焼くと焦げた部分がとても強い突然変異性を示すことは、かなり以前から知られています。この研究から、グルタミン酸やトリプトファンなどのアミノ酸が加熱された場合に、極めて強い突然変異性を示す物質が生じることが明らかになりました。

米国ではラットによる実験で大腸がんを起こすことが明らかになっているヘテロサイクリックアミンが、焼いたチキン(鶏肉)から検出され問題になっております。米国の医師6000名がファストフード店に抗議しました。この物質は米保健福祉省が2005年に発がん性物質に指定しました。

アミノ酸を多く含む添加物は、表示を見ればわかります。「調味料(アミノ酸)」「調味料(アミノ酸等)」などで、「タンパク加水分解物」は法令上は添加物ではなく食品として扱われていますが、表示はされています。

そのほかのアミノ酸として、グリシンがあります。グリシンを摂取すると快眠できるといわれており、安眠・快眠が謳われて売られています。3g飲むとよく眠ることができます。
  
このグリシンは、おにぎりや弁当に2.5~3%添加すると、微生物の繁殖を抑えることができます。おにぎりや弁当を100g食べると、グリシンが3g摂取されます。通常販売されているおにぎりは100g前後です。お腹が膨れるだけでも眠たくなるのに、その上グリシンが効果を表すと、一番心配されるのは居眠り運転です。注意しないと、交通事故を起こし死亡する危険もあります。

以上より、私たちが食品添加物と接する上で注意すべき点は以下のように整理できます。

(1)アミノ酸だから安全、とは思わない
(2)タンパク加水分解物だから安全、とは思わない
(3)化学調味料を使用した場合、揚げる、焼く、焙る(あぶる)など高温での調理はできるだけ避ける
(4)化学調味料を使用している食品は、なるべく購入しないようにする
(5)肉や魚の焦げ(こげ)に注意する
(6)食品の表示をよく見る
****************************
転載終了



磯貝朋広
PR

グルテンフリーは健康ブームではなく遺伝子組替えによる疾患からの脱出

アメリカに在住する知人によると、小麦によるアレルギーがこの20年間で異常に増えていると。今アメリカではグルテンフリーがブームで、表向きは健康のために・・という綺麗な言葉に聞こえるが、実態は小麦アレルギーを初め様々な疾患が小麦により生じていることによる。小麦自体は大昔から食べていたが、今は99%が遺伝子組替え小麦で、そこが問題。イタリアでも、パスタアレルギーなるものまで出てきているよう。日本も影響を受けているがそうはいってもまだ米文化。グルテンフリー=小麦をやめる、というよりも、遺伝子組み換えフリーがことの本質。

~以下引用~
リンク
小腸粘膜上皮に炎症が起き、慢性的な下痢などで栄養失調に陥ってしまうセリアック病の患者数が数年前まで1000人に1人だった珍しい病気が、今では133人に1人、つまり7.5倍とこの数年間で激増している。

リンク
古来からある「ヒトツブコムギ」「フタツブコムギ」と現在私たちが食べている小麦は、遺伝的にかけ離れています。

収穫量をあげるために、数々の交配や品種改良が行われタンパク質グルテンの構造が大幅に変化しました。そして、その「改良」後の小麦に対して人体に対しての安全確認は、行われなかったようなんです。ここ50年ほどで、小麦は随分変わってしまったんですって・・


リンク
日本では、米離れが進み、パンやピザ、ケーキなど小麦製品が主流。病気になる人が増えるのも無理はない。

以前、廣瀬満雄さんが小麦は既に遺伝子組み換えであるということを仰っていたことがあります。その頃は、そうだろうな位にしか感じていませんでしたが、調べてみるといま日本を含め世界中の小麦の99%は1946年からロックフェラー財団が品種改良に関わり、1960年から遺伝子操作を受けていた小麦になっているとのことです。

遺伝子操作された小麦を食べると、遺伝子操作でできた小麦グルテンの「グリアジン」という小麦アレルギーの素と腸疾患の素になっている物質によって食欲が出て摂取カロリーを1日400kcalも押し上げ、内臓脂肪を蓄積し、糖尿病の引き金になるとあります。

更に遺伝子操作された小麦は心臓病や認知症を含む神経障害を起こし、老化を早め、ウツ、無気力を引き起こすとあります。また更に、高血圧、内臓・脳疾患、関節炎、骨粗しょう症、リウマチ、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群(IBS)、胃酸逆流、痛風、白内障、末梢神経障害、小脳性運動失調、口内炎を含む皮膚疾患、喘息から脱毛、炎症、ニキビまで、すべて小麦が原因です。

関節痛でまともに歩けず、心不全で呼吸が辛く、このままだと心臓移植が必要と警告をある医師から受けた患者は小麦を止めて5日目で大きく改善しました。また統合失調症などの精神疾患は小麦を抜くことで大幅に改善するという結果も出ているようです。



匿名希望

人工甘味料、ダイエット飲料で「脳卒中」や「認知症」の発症リスクが3倍に


リンク


>少しでも体重は減らしたいけれども、清涼飲料類をいっさい口にしない生活というのも自分的にはありえない。そんな人にとってダイエット飲料の登場は「救世主降臨」とさえ思えたことだろう。

 が、「ダイエット」が謳われていても、人工甘味料入り飲料を1日1杯飲んでいると、週1回未満の頻度の人に比べて、「脳卒中」や「認知症」の発症リスクがほぼ3倍に高まるようだ。

 そんな研究報告が、『Stroke』5月号に掲載されて耳目を集めている。米ボストン大学医学部神経学部、Matthew Pase氏らの研究陣による最新知見だ。

 Pase氏らが分析対象に選んだのは、フラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study)の第2世代コホート参加者のデータである。具体的には、45歳過ぎの2888人分から「脳卒中」の発症データを抽出し、60歳以上の1484人分から「認知症」の発症データを収集した。

■1日1杯の疾患リスクは?

 この10年間におよぶ追跡研究の期間中、記録者たちは3回に渡って飲食の習慣を問い、被験者ごとの飲みものの頻度もアンケート調査していた。

 そこにPase氏らの分析を加味すると、それぞれの世代対象集団において、3%が脳卒中を発症し、5%で認知症を発症していた。後者の大半はアルツハイマー病であることも判明した。

 さらに年齢/性別/学歴/食事量などを考慮した上で詳細な分析を進めていくと、ダイエット飲料を全く飲まない(か、週1回未満の)人と比べ、1日1杯以上口にする人では脳梗塞リスクが2.96倍、アルツハイマー病リスクが2.89倍にのぼる傾向が読み取れた。

 本研究は、それらの因果関係を求め、明らかにすることを目的とはしていない。実際の結果から認められる脳卒中や認知症の患者数もごく少数であり、「絶対リスク」と呼ぶには依然として足らない数値を表わしている。

 ダイエット飲料とこれら疾患の関連がみられる理由についても、研究陣は「不明である」と述べている。だが、Pase氏らは報告書のなかで次のような見解を示している。

 「過去の先行研究においても、ダイエット飲料は血管疾患や体重増加に関連しており、腸内細菌を変化させるとの見解が示されてきた。さらに我々の研究成果として、人工甘味料入り飲料が身体に及ぼす影響、さまざまな疾患をもたらすであろうリスクについて調べる必要性がある点が示唆されたと思う」

■甘さは脳の大敵か?

 この点について、脳卒中の専門家にして筆頭著者のHannah Gardener氏(米マイアミ大学)も「確かに決定的なものだとは言い切れない」と率直に認めつつも、次のように語っている。

 「何も今すぐダイエット飲料をやめるべきだとは考えないが、(加糖飲料から)ダイエット飲料への変更が脳の健康にとってよいものかどうかも依然不明である事も事実だ。現時点でいえるのは、加糖飲料が心臓にも脳にも不健康だというエビデンスは確立しているということである」

 一方、飲料の業界団体は今回の見解に対し、黙っていない。米国飲料協会(ABA)はさっそく、下記のような声明を公表してPase氏らの最新知見に異議を唱えた。

 「低カロリー甘味料は多くの科学的研究によって安全だと証明されている。米国食品医薬品局(FDA)、世界保健機関(WHO)、欧州食品安全局(EFSA)などの機関も、消費上安全であるという結論を下している。今回の研究はそれらの判断を覆すものを提示しているとは到底認められない」

 とはいうものの、Rase氏の助言が正鵠を射ているのかもしれない。「加糖飲料をダイエット飲料に置き換えれば健康的だというわけでもなく、あくまでも飲み過ぎには注意を促したい」。

 とにかく、売る側がややあおり気味に謳う商品特性にまんま躍らされることなく、その効果と影響力をじぶんなりに把握して購入する姿勢が消費者側に問われている。



真田俊彦

『ディスカバリー・チャンネル』が『ケムトレイル番組』を報じる。

視聴世帯数4億5千万世帯を擁する世界最大のドキュメンタリーチャンネルリンクが報じたところに大きな意味がある。
事実追求は、もはや止めることはできないところまで来たと言えるだろう。

《以下引用》リンク

世界最大のドキュメンタリー・チャンネルのディスカバリー・チャンネルがやっとケムトレイルについて報じてくれました。世界中の人々がこの番組を観てくれたことを願います。多くの人々がケムトレイルを知ることが一番重要と思います。多くの人々がケムトレイルを問題視し政府に抗議すべきだと思うのですが。。。
ネット上では何年も前からケムトレイルが問題視されてきました。ケムトレイルは陰謀論ではなく実際に世界中の空に撒かれています。日本の上空も同様です。欧米ほどひどくはありませんが。。。
私の家の上空にも時々ですがケムトレイルが1本から数本撒かれています。ただ、昨年ほどひどくはないような気がしますが。。。

リンク 
(一部)
5月14日付け

政府は本当に有毒な化学物質を大気中に噴霧しているのでしょうか?まさかと思うでしょうが、本当なのです。ディスカバリー・チャンネルでさえもケムトレイルについて報じ始めました。


ケムトレイルを撒くということは、上空から地上の人間に有毒物質を落としているということです。その結果、人体や環境に悪影響をもたらすだけでなく、さらに恐ろしい目的が達成されることになります。
ディープステートの支配下にある政府はケムトレイルで空をかすませ、十分な太陽光線や熱が地上に届かないようにしています。その結果、寒冷化が進み農作物が実らなくなり、農場主を倒産させることになります。なぜ農場主を倒産させるかというと、彼らは大規模生産の遺伝子組み換え作物のみを栽培させ、人々に有害な遺伝子組み換え食品を食べさせ汚染された水を飲ませたいのです。

青空が見えたならすぐに空をじっと眺めていてください。複数の飛行機が飛んできてケムトレイルの十字模様を作ります。そして青空がうす曇りに変化していきます。

太陽はもはやかつてのように輝き放っていません。

※こちらがディスカバリーチャンネルが報じたケムトレイルの番組です。リンク

《引用以上》




洞口海人

モンサント社: 世界的恐怖のインパクトー真実がわかる裁判判決

モンサント社: 世界的恐怖のインパクトー真実がわかる裁判判決

リンク
より転載。

-----------------------------------------------------------------

昨年バイエルン社と合併し、モンスター多国籍企業となったモンサント社。

世界の中でも南米は、モンサント社に侵食され、多くの被害を被っている筆頭と言ってもよい地域です。なかなか我々日本人が目にする機会の少ない南米からの記事をお届けします。
モンサントビジネスの侵食がされている国からの情報は、日本でも無縁と言い切れない状況になっている中で恐怖の真実を知るよい機会と言えそうです。

モンサントは世界が恐れる大規模生態系破壊者なのか?

この程、国際人民裁判は、モンサント社の大規模生態系破壊、戦争犯罪、健康環境への権利侵害、科学的自由の侵害などの歴史を分析しました。

モンサント社は、20世紀初頭以来、PCB (ポリ塩化ビフェニル)、2,4,5-T、ラッソ除草剤、グリホサートで作られた有名な除草剤「ラウンドアップ」など生体への毒性が高い製品を販売しています。

この裁判で評判の高い5人の裁判官のひとりアルゼンチン人のエレノラ・ラム メンドーサ最高裁判所人権副部長は、裁判を行うためにハーグの国際刑事裁判所によってとられた同じ手続きが行われましたが、同社は参加を拒否しました。

そして裁判官たちの結論は、

「大規模生態系破壊の犯罪が国際的な刑法で認められれば、モンサントの活動は生物多様性と生態系への実質的かつ永続的な損害を引き起こし、健康に影響を及ぼす限り、大規模生態系破壊の犯罪扱いとなる可能性がある」

と、判決で疑いの余地がない結果が世界に警告されたことになりました。.

判決で取り上げられた最初の点は、モンサントが健康で公平な環境への権利を侵害したかどうかであり、これはすべての人権の行使の前提条件となっています。

この判決の裏付けに専門家たちは、スリランカで除草剤ラウンドアップ使用による慢性腎臓病、ブラジルでのがん患者の上昇、毒性成分グリホサートによるアルゼンチンとフランスの奇形の症例を発見した研究者の証言を分析してきました。

さらに、土壌汚染による繁殖力の喪失、遺伝子組換え農作物による農場汚染、遺伝子組み換え作物入リ飼料を与えられたブタの健康問題も取り上げられました。.

さらには、オーストラリアやカナダの遺伝子組み換え菜種油の大量生産による環境汚染、インドでの種子市場の独占やアルゼンチンの水源、多くはパラナ川の調査によるグリホサートの混入などもあげられています。.

このようなレベルの証拠に対して裁判では以下の結論に達しています。

「モンサントは、環境に重大な悪影響を及ぼす行為に関与しており、多くの国の無数の個人および地域社会、ならびにその環境の健康に影響を与え、結果として動植物および生物多様性に影響を与えている」

判決によると、"そのようなコンボ販売に頼らずともに世界は常に伝統的な農業を追求することによってすべての人々の食糧を生産することができた" と結論付けています。

実際、スリランカの一部の地域ではキビ、ゴマ、野菜、果物、穀類の伝統的な品種で良い収穫が得られており、農薬被害を原因とするラウンドアップと他の5つの製品は2015年に禁止しています。

裁判所はまた、"農作物が必要とする栄養素の条件に悪影響を及ぼした土壌被害と、その同じ農業に使用される水路" の問題を指摘しました。

サンタフェで150ヘクタールを所有し、1996年以来遺伝子組み換え大豆の生産するディエゴ・フェルナンデス氏は、ラウンドアップの使用増加が必要になっていったことで、どのような影響を受けたのかを伝えています。

“ 初めは毎年1ヘクタール当たり1リットルのRoundup使用でしたが、耐性のある枯れない雑草が増えてからは、10~12リットルを使用するようになり、結果、土壌凝固、根の死滅、微生物活動の減少が生じました。そして土壌凝固により、水の土壌浸水ができなくなった為、洪水が発生しました "

こうした事象は、メキシコ、インド、ブルキナファソ、バングラデシュの農民から同様の証言がありました。

「これらの証言で健康で公平な環境への権利を侵害したことが明らかになった」

と裁判官は述べています。

また、ロザリオ国立大学医学部の社会環境保健研究所を率いる医師専門家たちは、アルゼンチンの4つの州、27の場所で調査が行われている「衛生キャンプ」と名づけられたプロジェクトを率いています。

これらの地域からの96,874人のデータを収集した後、遺伝子組み換え作物の使用およびモンサントが製造販売したグリホサートに関連した疾患者の割合が非常に高いことが指摘されています。

「モンサント社は、遺伝子組み換え作物およびそれに関連する除草剤の承認を得るために、不正かつ欺瞞的で不透明な方策や活動を日常的にしている」

といういくつかの証言を裁判所は取り上げています。

パラグアイのフェルナンド・ルゴ元大統領は、「遺伝子組換え作物や除草剤の効果的な規制は存在しなくなり、モンサント州は遺伝子組換え綿、トウモロコシ、小麦を自由に導入することができ、地元の農家に悲惨な結果をもたらした。」と述べています。

こうした深刻なリスクに関して、フランス、カナダ、ドイツなどからも同様の証人がいました。

「ベトナム戦争での枯葉剤の必要性を示し、かつ、その製品がどのように健康と環境に対して有害な影響を与えるか情報を持っていた」

と裁判所は述べ、結論付けています。

そして、現在モンサント社は製造者の過失は一切無いという主張で一貫しています。

-----終了

-----------------------------------------------------------------



古越拓哉

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R