忍者ブログ

食品添加物普及の背後に政府の減塩政策

■食品添加物はなぜこんなにも普及してしまったのか?
リンク

そもそも、何のために使われるようになったのか?
という質問が多く当社に寄せられておりますが、ズバリお答えすると!
実は「減塩」がその犯人だったのです。

GHQ(60年前の古い話で恐縮ですが)が、アメリカから連れてきた科学者のラット試験によって、日本人(といっても東北地方ですが)に、高血圧が多いのは塩分の多い食品の食べすぎという結論が出され、それ以来、今日まで「減塩指導」が医学界を中心に行なわれてきております。

アメリカの植民地政策で「優秀で粘り強い日本人のエネルギー」を低下させて、アメリカに反抗しないようにする手段として「塩抜き」を奨励したという陰謀説もあるくらいに、塩の問題は大きいのです。

想像してください、加工食品から塩を抜くと細菌やカビで腐りやすくなりますよね。
そうすると塩の代わりに防腐効果のある薬剤が使われます。

これが「保存料」といわれるもので、ソルビン酸やパラオキシ安息香酸といった毒性の強い化学物質が、カマボコ等の練り製品や醤油等に使われているのです。

さらに、保存性を高める為に「pH調整剤」、減塩すると味が薄くなるのでグルタミン酸等の「化学調味料」で味を足し、酸化による色落ちが心配なので「酸化防止剤」、そして「着色料」でお化粧します。

子供向け食品には「甘味料」とさっぱり系の「酸味料」を加えれば大喜びで食べてくれます。
スーパーなどで買い物をする場合は、加工食品の裏側をひっくり返してその表示を確かめてください。

そしてこれから私が発信する情報と照らし合わせて、それを食べたらどうなるのかというのを 確認してから買っていただければと思います。


■結果を知って正しい選択を!

まったく無添加という食品を探すというのはなかなか難しいので、添加物の種類の少ないもの、入っていても危険性の低いものを選んで買うようにしましょう。

基本的には、お宅の台所に置いてあるもので作られた食品を買うようにすれば良いでしょう。着色料やpH調整剤はお宅の台所には置いてないはず。
消費者には開示されない表示義務のない加工助剤の情報なども、これから発信していきます。

昔はすべての加工食品は職人技が必要とされてきました。

かまぼこ屋さんは朝早く起きて新鮮な魚を市場から仕入れてきてさばき、すり身にして蒸すわけですが、その日の魚の状態を見分けて、練り加減や塩加減を微妙に調整する技術が命なわけです。

ところが添加物を使うと冷凍すり身を使って製造するので職人技を必要とせず、朝早く起きる必要も無い為、経営者は大変楽ができます。

楽ができれば息子も後を継いでくれるし、アルバイトでも一定レベルの製品を作ることができるので、人手不足で困ることはありません。

そんな訳で、添加物は良いことずくめの「魔法の粉」と呼ばれていた時代があったのです。

しかし、その代償は大きく、ガンやアレルギーが増加して日本人の健康を奪っていきます。
もちろん、安くて便利で見た目がキレイな食品を求めている消費者もいますので、「魔法の粉」は必要とされているのでしょうが、どのような結果をもたらすのかを知って選んでいるのかが問題です。




匿名希望
PR

予防接種ワクチン驚きの成分を紹介:何も知らずに接種できますか?

赤ちゃんに打つ予防接種の数は年を追う毎に増えているし、数年前までは有料だった新しいワクチンが無料になっていたりします。(無料といっても国が負担する)
感覚的に必要なの?と思うお母さんは多いと思いますが、「打たなければ病気で死んでしまうかも」とか、「その病気かかったら障害がのこってしまうかも」などの脅し文句に騙される人が殆ど。
では、予防接種ワクチンって何で出来ているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新発見。BLOG リンク より引用します。

2016年にオーストラリアで予防接種を拒否する親には「児童手当の支給をストップする」という衝撃的なニュースがありました。これは本当にあり得ないことが起きたな、という率直な感想です。

予防接種を受けてない子供の影響で子供の感染が増えた事実もない中、この政治判断に違和感を覚えざるを得ません。

お金に余裕のある富裕層(エリート層)は予防接種を受けさせていない可能性が高いですが、この支給ストップ政策の影響はないでしょう。しかし、いわゆる大半の一般家庭の接種拒否はお金で縛ることで半強制的に受ける選択をさせるという政策に踏み切ったということです。

それだけ多くの保護者が予防接種の副作用リスクに気が付き接種拒否が年々増えてきているということでしょうが、大きな収入源が減っていくことを危惧した製薬会社と政府による断行ともいえると思います。

昔のように親は子供に当たり前のように予防接種をさせる時代から、親がきちんと調べてワクチンに対する疑問を持つ時代になってきたのでしょう。

改めてこのワクチンって一体何なんだろうという疑問を追求してみたいと思います。そもそも子供に予防接種ワクチンを打たせている親御さんはそのワクチンに何が入っているのか知った上で打たせているのでしょうか。

政府、医者、製薬会社が承認したものだから安全などと思って何も疑問を持たず、調べずに打たせているのでしたらこれ程危険なことはないです。実際、調べても公に含有成分を公開していないですよね。仮に医者に聞いてもきちんと答えてくれるのは何人いるんでしょう。

The Health Wyze Report “ Vaccine Ingredients and Vaccine Secrets”より
リンク

「水銀」・・・日本ではメチロサールという名称ですが水銀含有成分です。過去に神経に支障をきたし自閉症の原因となる危険毒性が問題視されていますが、未だに添加しているワクチンはあります。
参考:リンク


「不凍剤(液)」・・・有毒成分として知られており、大さじ一杯分で体重9kgの犬の致死量です。人体への影響も大きく、内臓疾患や血液への悪影響が指摘されています。


「ホルムアルテヒド」・・・急性毒性があり、国際がん研究機関ではグループ1に属するヒトに対する発がん性が認められる物質として警告されています。


「ホウ酸ナトリウム+水和物」・・・殺虫剤成分です。アメリカでは食品では使用禁止ですが、ワクチンでの含有は認められています。


「グルタルアルデヒド」・・・医療機器の滅菌、殺菌、消毒に用いられる殺菌消毒薬成分です。


「MSG」・・・これは危険な食品添加物のページでも紹介しましたが、食品だけでなくワクチンにも堂々使用しています。


「硫酸塩とリン酸塩化合物」・・・子供のアレルギーを引き起こす原因成分と言われています。


「硫酸ゲンタマイシン」・・・肺炎などの抗生物質に使われる成分で、確認されているだけでも20以上の副作用が報告されています。


「ネオマイシン」・・・乳児の血液に入ると稀にですがてんかんや知能障害を引き起こす成分が入っています。


「動物の細胞、DNA、血液、タンパク質、ウィルス」・・・信じられないかもしれませんが、サルの腎臓、牛の心臓、子牛の血清、鶏の胚卵、カモの卵、豚の血液、羊の血液、犬の腎臓、馬の血液、うさぎの脳、モルモットなどの動物から取れる臓器の組織細胞や血液、牛や豚のゼラチンタンパク質、モンキーウィルスSV40というサルのウィルス成分が含有されています。


「ヒト(胎児)のウィルス」・・・これまた信じられないかもしれませんが、流産や中絶で命を落とした胎児からウィルスを作りそれをワクチンに含有しています。


「アルミニウム」「フェノキシエタノール」「フェノール」「硫酸アンモニウム」「リン酸トリブチル」「βプロピオラクトン」・・・これらは発がん性物質が含まれているとされている成分です。

その他にも「ポリミキシンB」「ポリソルベート80」「ソルビトール」「アンホテリシン B」「ラテックス(ゴムの木成分の乳液)」「マイコプラズマ」「遺伝子組み換え酵母菌」「メタノール」など多数の有害とされる化学物質が含有されています。




がらがらどん♪

携帯電話で脳腫瘍に? 電磁波で脳に悪影響

携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める 伊裁判所
2017年04月21日 12:11 発信地:ローマ/イタリア
リンク 
--------------------------------------------------------
【4月21日 AFP】イタリアの裁判所がこのほど、携帯電話の長時間にわたる使用が原因で良性の脳腫瘍ができたと訴えた男性の主張を認め、賠償するよう命じた。
 訴えを起こしたのは、ロベルト・ロメオさん(57)。15年にわたり、仕事で日々3~4時間の携帯電話の使用を余儀なくされていたと話した。ロメオさんは、「最初は、右耳が常に詰まったような感覚があった。2010年に腫瘍と診断されたが、幸いなことに良性だった。ただ、聴覚神経を切除する必要があり、今は何も聞こえなくなった」とこれまでの経過を説明した。専門家は、腫瘍とその治療により、身体機能の23%に支障が生じたと算出。これを受けて裁判所は、損害賠償として月々500ユーロを支払うよう国民労災保険協会「INAIL」に命じた。
 携帯電話による健康へのリスクの有無を調べた研究の大半は、一般的な使用であれば、健康を脅かす深刻なリスクはないと結論付けている。しかし、一定のリスクが生じる恐れがあるとする研究結果もあり、多くの専門家らは、この比較的新しいテクノロジーに対して適切な評価を下すのは時期尚早との見解を示している。
--------------------------------------------------------

電磁波で脳に悪影響“クッキング・ブレイン”のお話
リンク 
--------------------------------------------------------
■なんで携帯電話が問題なの?
「マイクロ波という高周波の器具で、かつ身につけて使うもの」だからです。生活家電のほとんど「低周波」や「中間周波」ばかりでした。高周波(マイクロ波)の電子レンジがありますが、身につけて使うものではありません。携帯電話は、電子レンジよりは威力が微弱のため、すぐに耳や頭が熱くなったり破裂したりはしません。しかし、長時間・長期使用した場合に健康に悪影響が出る可能性が明らかになってきたため、世界中で注目されるのです。

特に、「脳腫瘍」のリスクが高まると言われています。米・脳外科医のキース・ブラック氏(シーダース・サイナイ病院脳神経外科部長)はこう言いました。「電子レンジに使われているのと同じマイクロ波を発する携帯電話を頭に押し当てるのは、基本的に『脳を料理する(クッキング・ザ・ブレイン)』のと同じことなのです」

■研究の動き:世界中で携帯電話の健康被害に関する研究が行われています。北欧やイスラエルでは特に研究が盛ん。
・十年以上の携帯電話使用者は、耳に押し当てた側の聴神経腫(脳腫瘍)リスクが3.9倍増加
・携帯電話を頻繁かつ長時間使う人は脳腫瘍リスクが1.5倍増加
WHOでは世界13カ国で実施した研究で、2010年に「携帯電話と聴神経腫(脳腫瘍)に関連性がない」と報告しています。ですが一部の科学者からは「調査方法に問題が有り、脳腫瘍リスクが低くでる方法だった」という指摘があります。また、実験データを報告時に全て公開せず、一部の内容をある学術誌上で別に発表を行っているため「意図的にリスクを低く見せるようにしているのではないか?」という疑問が残ります。

男性の精子にも悪影響が示唆されています。精液に携帯電話の電磁波を1時間浴びせただけで、精子の運動率が7%、生存率が11%低下したという研究もあります。

■子供は特に危ない:年齢が若いほどの携帯電話の影響は明確にでます。
・20才前後に携帯を使い始めた人は神経膠腫に5.2倍、聴神経腫に5.0倍なりやすい。
・成人男性に比べ、5歳時は脳で4倍以上、目で12倍以上の電磁波の熱を吸収する。同様に10歳児は脳で2.5倍以上、目で5倍以上の熱を吸収する。
子供が電磁波の影響をうけやすいのは、頭の骨や皮膚が大人に比べて薄いためと言われています。ヨーロッパでは禁止の方向で動いています。

■世界的な状況:ヨーロッパでは携帯電話の安全対策を加速させています。
・携帯電話基地局の撤去と申請却下(イギリス、2003-2006年)
・憲法を改正し、携帯電話の電磁波から健康を守るよう環境憲章を追加(フランス、2005年)
・携帯電話と電磁波の規制強化(欧州議会、2008年)
・携帯電話と基地局の電磁波曝露規制強化(欧州議会、2009年)
・子供の携帯電話使用制限、もしくは禁止勧告(欧州各国)

■日本では議論や規制・対策が活発ではありません。ですが、「携帯電話は安全」と言い切れる人は少ないと思います。科学的な心得がある人なら余計にそう感じるでしょう。日本の政府やメディアは頼りがいがあるように見えませんし、産業・経済界が好き好んで規制に手をあげないでしょう。

ピッツバーグ大学がん研究所の『10の予防的手段』
1.子どもに携帯電話を使わせない。胎児や子どもは、大人より電磁波の影響をはるかに受けやすい。
2.通話は、端末を身体からできるだけ離す。身体から6センチ離せば電磁波の強さは4分の1。スピーカーフォンやヘッドセットを使えば、100分の1以下。
3.乗り物の中で使用しない。他の乗客に電磁波を曝露させることになる。
4.携帯電話を身体に密着して持ち歩かない。枕元に置くことも止める。特に妊娠中は厳禁。
5.携帯の「向き」に気をつける。操作キー面を身体の側に向けると、電波が身体を透過する割合が減る。
6.通話は短く。長くなればなるほど、身体への影響が大きくなる。
7.あてる耳を右側、左側と交互。相手が電話に出てから端末を耳に近づける。
8.電波の弱いところや高速で移動している場合などは、通話しない。基地局とつなげるため、最大出力の電波を頻繁に出すことになるから。
9.通話でなくメールで。
10.SAR値(※)の最も小さい機種を選ぶこと。※SAR値…人体に吸収される電磁波熱量の基準値。
--------------------------------------------------------



匿名希望

アレルギーの本当の原因~戦後から日本社会に急激に入り込んできたアレ

アレルギーやアトピーで悩んでいる人、何もない人よりも多いのでは?というくらい多数派になっています。
でも、
・戦前には殆どアレルギーや花粉症の人はいなかった。
・アレルギーの原因とされる花粉は太古の昔からあった。
こんな単純なことになかなか気づけないなんて!!
本当は気づいていても触れようとしないのはなんで?

リンク
名無き仙人の綴る物語 より引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在の日本社会では、アレルギーやアトピーで悩んでいる人も多いようです。

そのため、インターネット上でも、
「アレルギー 食品」
「アトピー 皮膚」
「ケーキ アレルギー」
「子供 アレルギー」
などのキーワードでの検索数は、どのワードも、のきなみ{1万件/月}近くありるようです。これは、非常に多い数字です。アレルギーやアトピーで悩まれている方が多い証拠・・とも言えそうです。

こんなにも多くの現代人を悩ませているアレルギーやアトピーですが、不思議なことに、お年寄りにはアレルギーやアトピーで悩まれている方は少ないようなのです。

知り合い等の、医療関係者や福祉関係者に聞いてみると・・「そういえば・・お年寄りの方で、アレルギーやアトピーに悩んでいる人は少ないわねぇ。75歳以上になると、ほとんどいないわ。どうしてかしら?」などと、答えが返ってくるかもしれません。
あまりイメージが湧きませんよね。お年寄りがアレルギーやアトピーで悩んでいる姿は。

そう。
アレルギーやアトピーは、昔の世代の人には、ほとんど存在しなかった病気なようです。
アレルギーやアトピーは現代病!とも言えそうです。

調べてみると、アレルギーやアトピーは、第二次世界大戦後から、急激に増え始めているようです。
そして、第二次世界大戦前のアレルギーやアトピーに関する情報は、ほとんど存在しないようです。
それは、戦前にはアレルギーやアトピーという病気自体が、ほとんど存在しなかったからのようです。だから戦前のアレルギーやアトピーに関する情報が少ないのでしょう。

花粉症もアレルギーの一種であり、花粉症も戦前にはほとんど存在しなかった病気のようですが、戦後、急激に増えています。
花粉症はスギの木の花粉などが原因ですから・・・戦前等、昔は、そざかしスギの木が少なかったんでしょう。

え?・・スギの木は昔からある?
そうですよね。スギの木は日本固有種ですから、太古の昔から日本に存在していました。
つまり花粉の量が増えたから、花粉症の人が増えたわけではないのかもしれません。花粉の量自体は、昔も今も、さほど変わらないでしょう。

ではどうして、アレルギー症状である花粉症患者は、増えてしまったのでしょうか?
その原因は、第二次世界大戦後、日本社会に急激に入り込んできた‘アレ’に原因があるのかもしれません。

②人体を狂わす化学物質 ~アレルギーの原因~
■本当は、偉い立場の方々は、みんな知っているのかもしれません。

アレルギー・アトピーの原因の1つは有害化学物質なのかもしれない・・ということを。

第二次世界大戦後、日本社会には急激に、様々な有害化学物質が入り込んできました。

化学物質の種類は非常に多く、10万種類以上あり、私たちの日用品にも様々な用途で使われています。
プラスチックや合成ゴム、合成繊維、合成界面活性剤など、石油から作られる化学物質は安く大量に生産できるため、私たちの生活に氾濫しています。
そして、人体に無害な化学物質もある一方・・化学物質の中には、人体に悪い影響を及ぼす有害化学物質も存在するようです。
現在、有害化学物質は1500種類以上あると言われており、2004年に話題となった「アスベスト」やシックハウス症候群の原因となった「ホルムアルデヒド」などは、その有害化学物質の1つです。
石油から作られる有害化学物質なんてものは、本来、この地球上には存在しない物質です。
それを、です。
「安く大量に生産でき、企業側は儲かるから」という理由で、石油系有害化学物質は、私達の普段の生活に組み込まれてしまっているようです。




がらがらどん♪

アレルギーの本当の原因~慢性毒性と急性毒性

急性毒性のことは注意喚起の対象になっていても慢性毒性のことはあまり取り上げられませんが、今や微量の毒性のほうが見過ごせないくらいの結果になって現れているのではないでしょうか。

リンク
名無き仙人の綴る物語 より引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「その化学物質が有害か無害か?」は、厚生労働省が決めていますが、その判断基準は、全面的に信頼出来るものなのでしょうか?
国は、急性毒性のみを動物実験で調べ、慢性毒性については調べていないとも聞く機会があります。
「慢性毒性」とは、長期にわたって摂取を続けたときに現れる毒性、健康被害のことです。
「急性毒性」は、飲んだり触れたりした場合に、すぐに起こる健康被害のことを言います。
日本国の政治家や官僚(偉い国家公務員の役人)達は、「急性毒性」のことしか言わないことも、あるのかもしれません。
2011年3月11日に起きた東北沖巨大地震により、福島原発から放射能が漏れたときは「すぐに健康被害が出ることはありません!」と、急性毒性についてだけ述べ、慢性毒性については、言及しなかったようです。
10年、20年の長期にわたり、微量ではあっても、慢性的に放射能を浴び続けた場合の慢性毒性については・・・政治家や官僚の方々は、10年20年先には、自分は引退していますし、慢性毒性について言及すると、パニックが生じる恐れもあるため、慢性毒性については言及しなかったのかもしれません。
私達は、放射能にしろ、有害化学物質にしろ、国が「慢性毒性」については情報公開しないため、健康被害にあっている場合も、あるのかもしれません。
例えば化粧品。
化粧品は、国が「安全」と認めた化学物質を寄せ集めて作られているのかもしれません。
化粧品の主成分は、化学物質・・とも聞きます。
※「天然素材配合!」などと書いていても、よくよく成分表を見てみると、1%しか含まれておらず、その他は科学物質である場合も、あるようです。
が、国は化粧品で使われている化学物質の「急性毒性」だけを調べ、それで「安全だ!」と言っている場合も、あるのかもしれません。
10年、20年と化粧品を使い続けた場合、どうなるか?の「慢性毒性」については、わかっていないことも、あるのかもしれません。
ちなみに、「急性毒性」についてはウサギの目に化学物質を点眼していき、ウサギの目がどの程度痛ましいことになるか?を調べたりしているそうです。
このような実験では、「慢性毒性」については調べようがありせんし、・・そんなこと以前に、ウサギが可愛そうに思えます。
動物実験なんてしなくても、最初から安全とわかりきっている天然素材から化粧品を作れば良いのに、それだとコストが高くなりますから・・。企業利益が優先されるのかもしれません。
化粧品が合わずに、肌が荒れてしまう女性も多いようですが、それは当たり前なのかもしれません。
本来、この地球上には存在しない物質である、石油から作られる化学物質を、顔や目の周り、それに唇に、毎日塗りまくるわけですから。
そんなことしてたら肌年齢だって老いるし、肌だって荒れますしシミができるかもしれません。
化粧品の【成分表】を見てみると・・
成分表には、知らない化学物質の名前がたくさん書かれているようです。
その化学物質の中には、すぐに人体には健康被害は出ませんが、10年、20年と使い続けると、少しづつ毒素が溜まっていき、癌などの病気の原因になる可能性もある化学物質も含まれているのかもしれません。
これは、シャンプーやボディーソープ、歯磨き粉、それに入浴剤や洗濯洗剤、食器洗剤なども同様・・と言われているようです。
私達は毎日、お風呂にて「急性毒性」についてしか調べられていない、石油から作られる化学物質にて作られるシャンプーやボディーソープを、体中に塗りまくっているのかもしれません。
「お~、良い泡立ち~♪」などと言いながら、石油から作られる化学物質を、体中に塗りまくっているのかもしれません。
そしてさらに、書籍/見てわかる!図解 経皮毒 にあるとおり、そのような石油から作られる化学物質は、非常に分子が小さいため、皮膚から体内に侵入している可能性も、あるのかもしれません。
医薬品であるサロンパスや、ニコチンパットなどは、皮膚に貼ることで、皮膚から成分を人体に送り込む医薬品です。
分子が小さい化学物質は、皮膚から体内に入り込むのです。
「汚れは落とさないとね♪」などと言って、お風呂場で頭や顔、体をゴシゴシと洗い、石油から作られる化学物質を体に塗り込むのも良いですが・・
それらは、もしかしたら慢性毒性の可能性がある有害化学物質を、濃度が薄められているとは言え、発癌性の疑いある有害化学物質を、体に塗り込んでいるのかもしれません。泡と一緒に。
ちなみに・・女性の場合、体に入りこんだ有害化学物質は、妊娠した際に、羊水をえて赤ちゃんに吸収される可能性もあると聞きます。本当でしょうか?
ですので、生まれてからまだ数年で、環境汚染なんかにさらされていない赤ちゃんが、なぜかアレルギーになったり、アトピーになったり、ひどい場合には小児癌になったりする場合もあるのかもしれません。
癌は生活習慣病ですが、小児はタバコも吸わないしお酒も呑みません。暴飲暴食もしません。なのに癌になるのです。
小児癌の原因は、いったいなんなのでしょうか。
母親から、有害化学物質を体内にいる時点で、貰っているのかもしれません。



がらがらどん♪

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R