忍者ブログ

携帯電話使用で脳腫瘍リスク増大、研究結果が公開…子供の脳、深部に電磁波が影響

長年隠蔽されてきた携帯電話と脳腫瘍の関連性について詳述した秘密文書が公開された。

以下「携帯電話使用で脳腫瘍リスク増大、研究結果が公開…子供の脳、深部に電磁波が影響」リンクから転載。
 ==========================================================

■隠蔽されてきた携帯電話と脳腫瘍の関連性
 3月2日、米サンフランシスコのCBSニュースは、携帯電話と脳腫瘍の関連性について詳述した秘密文書が、カリフォルニア裁判所の命によって公開された事実を報じた。2016年、カリフォルニア大学バークレー校公衆衛生大学院の家庭・地域保健センター長ジョエル・モスコウィッツ博士が、カリフォルニア公記録法を盾にして、カリフォルニア州政府に対して訴訟を起こし、「携帯電話と健康」と題された文書が公開されたのである。

 その文書の作成時期は2014年4月とされ、「草稿・非公開」と印が押されていた。だが、モスコウィッツ博士によると、元原稿は7年前に書かれ、その後、数度アップデートされながらも、決して公開されることのなかったものだという。

 番組内で訴訟に踏み切った理由を問われたモスコウィッツ博士は、次のように答えている。

「私はこの文書が日の目を見ることを望みました。なぜなら、携帯電話からの電磁波にはリスクがあるという懸念がカリフォルニア州公衆衛生省内部にはあり、そのリスクを軽減させる方法について、それはいくらかの情報をもたらしうるからです」

 その文書は、携帯電話の長期使用は脳腫瘍や他の健康問題のリスクを高める可能性があると指摘し、携帯電話の電磁波は近くの細胞と組織に影響を与えると認めていた。子供に対する警告部分では、電磁波は子供の脳に対しては大人の脳よりも深部に到達すると説明していた。さらに、携帯電話に対する電磁波ブロック商品が実際に機能する証拠はないとしていた。

 このニュースを取材したNatural Newsのマイク・アダムス氏によると、カリフォルニア州政府が少なくとも7年間、この文書を市民の目から隠してきた背景には、携帯電話からの電磁波によって損害が引き起こされる証拠を長期に及んで隠そうとしてきた、産業界のロビイストたちによる圧力があったと思われると指摘している。

■受信状況が悪いと、電磁波の影響強まる
 その文書に記されていた情報をもう少し紹介すれば、「いくらかの研究調査が見いだしたこととして、ある種の脳腫瘍は、携帯電話を10年以上使用し続けた場合に生じやすく、その部位は携帯電話を普段使用する側の側頭部とほぼ一致する」という記載もあった。

 また、携帯電話から受ける電磁波の影響度は、主に電磁波の強さ、使用頻度、使用時間、耳までの距離に依存するが、受信状況が悪い時、例えば、電車、自動車、バスの中での使用中や、基地局がスイッチする際などにも強まるということを警告していた。

 そして、リスクを軽減する最善策として、携帯電話を体からできるだけ離し、使用時間を減らすことが促されていた。具体的には、ヘッドセットを利用したり、スピーカーフォン・モードを使用して、本体を体から離すことが有効だとしていた。

 また、通話していなくとも携帯電話から電磁波が発せられているため、使用しない時は体から離しておくことや、受信状況の悪い時は、できるだけ使用しないようにすることなども記されていた。

■何十年も前から電磁波と磁気の作用は懸念されていた
 ところで、戦後、植物の成長過程をフィルムに収めていた写真家・撮影監督のジョン・ナッシュ・オット氏(1909-2000)は、光や色温度が植物に与える影響に関心を持った。そして、テレビの普及が進んだ1960年代、テレビから漏れ出る電磁波が植物の生長に甚大な影響を与えることを発見した。

 また、対象を植物からネズミに変えて行った実験では、テレビから漏れ出る電磁波を浴びたネズミは次第に攻撃的となり、その後無気力と化し、ついには動けなくなってしまうことを確認した。これは、パソコンや携帯電話を多用するようになった現代人が、切れやすく攻撃的となることや、無気力、鬱、引きこもりの傾向を示しつつある現状を予言するような結果であった。

 また、オット氏は、がん患者15人に、テレビなどの電子機器をまったく利用せず、室内照明も避けて毎日外に出て日光を浴びるように生活してもらったところ、14人の患者のがん進行が止まったという結果を得た。

 その結果と自身が過去に行ってきたさまざまな研究成果を合わせ、オット氏は、動植物や人間は、フルスペクトルの自然光を浴びることで健康を維持できると確信するに至った。オット氏の結論を評価するには今後の検証が求められるものの、当時、彼の研究は一般には注目されるに至った。だが、学者や産業界にはあまり真剣に受け止められることはなかった。

 1936年、アルバート・ロイ・デイヴィス氏(1915-84)は、永久磁石のN極とS極とでは性質が異なることを発見した。簡単にいえば、N極に曝された生物は野性的になり、S極に曝された生物は繊細で知性的になる。そして、S極に影響を受けた動物は、小さく、弱く、繊細になるものの、成長・加齢の速度を落とすため、結果的に寿命を最大50%延ばせることを発見した。

 このような研究成果は、一部の研究者らの間では有名ではあるが、現在でも一般には知られていない。共同研究者であったウォルター・C・ロールズ・Jr.氏も2009年に他界したが、生前、あることに対して精力的に警告を発していた。

 それは、N極から発生するのと同様の磁気エネルギーが、交流電源を使用したラジオ局やレーダー・アンテナばかりか、携帯電話からも発せられているという事実である。特に固定電話や携帯電話の受話器内の多くの磁石は脳のほうに向けられており、逆向きにするようにメーカーに改善を求めていたのである。

 現在、携帯電話各社がロールズ氏の警告を受け入れ、改善を行ってきているのかどうかは不明であるが、今一度、電磁波と、性質の異なる磁気の作用について、見直してみる必要があるのではなかろうか。

 ==========================================================




斎藤幸雄
PR

二酸化チタンが腸に有害

食品や日焼け止め、ファンデーションなどの化粧品や歯磨き粉などにふんだんに使われている二酸化チタン。

これが腸の健全な機能を阻害するということが2017年の新しい論文で発表されている。

リンクより転載します。
---------------------------------
二酸化チタン。

酸化チタンは、白色顔料の王様として知られ、車や船舶や建築物などの塗料、白色インク、製紙、プラスチックやゴム、繊維の白色化、化粧品など
社会の様々な分野で利用されています。

そして、なぜか日焼け止めやファンデーションなどの化粧品や歯磨き粉、
さらには食品、特にキャンディやチューイングガム、ドーナッツなどの甘い食品に多く含まれ色を白くする着色料として使われています。

コンビニ食品に売っている食品にはよく見られる添加物の一つです。

この酸化チタンはIARC(国際がん研究機関)の評価で「人体に対する発がん性が疑われる」B群に分類されています。

IARC では人への発がん性を疑う判定基準として、吸入実験においてラットの肺に腫瘍の発生が認められたことを根拠としています。

動物実験ではナノ粒子二酸化チタンTiO2 NPsが染色体異常誘発作用があるという論文も報告されています。

この論文では「これらのデータから、私たちは、特に二酸化チタンに高濃度に暴露される人にとって、癌や染色体異常の潜在的な危険性を考慮すべきです。そして、食品や化粧品への使用は慎重にすべきです。」
との見解です。

ただし、酸化チタンを取り扱う工場の従業員の健康調査では酸化チタンに暴露された1500人以上の被験者は慢性呼吸器疾患と癌の発生に対照群とくらべて優位な差は出ていませんでした。

ミトコンドリアのレベルでの異常を示す論文は発表されています。

日本ではわかりませんが、米国では、米国食品医薬品局FDAが1%までであれば表示記載なしに食品に添加しても良いと許可しています。

前置きが長くなりましたが、


今回二酸化チタンが身体に有害という新しい論文が2017年のNanoImpact誌に発表されました。


二酸化チタンは腸の微絨毛に付着してしまい、腸の健全な機能を阻害します。

そして
身体に必要なミネラルや脂肪酸なども吸収できなくなっていく。
腸のバリアを弱くしてしまう
腸の炎症を惹起させてしまう
病原体に対して腸の免疫機能が落ちてしまう
などの有害性が認められるようです。

この研究結果を発表した研究者は次のように述べています。
「二酸化チタンは多くの食品に含有されています。
それは摂取しても死ぬことはない。でも、ゆっくりと腸の機能を損ねていきます。」
---------------------------------
転載終わり



中田燿平

NO MOREワクチン!5種のワクチンから除草剤の主成分『グリホサート』が検出される。・・・なぜワクチンから農薬が検出されるの?その影響は?その1

なんで農薬がワクチンから検出されるのか?
その影響はどんなものなのか?
さらに調べてみました。
リンク
キニナル さんからの転載です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5種類の子ども向けワクチンに、除草剤の主成分である『グリホサート』が検出されるという非常に恐ろしいニュースがありました。
日本では未だに予防接種を推進しており、0歳のうちから様々なワクチンを打つ機会がありますが、何も考えず「医者のいうことだから」とすぐに打ってしまうのは大間違いです。
この記事では、このニュースの概要をお送りするとと共に、
・除草剤の主成分『グリホサート』が検出された5種類のワクチンとは何か?
・グリホサートとは何か?
・グリホサートによって引き起こされる被害・病気の例
以上の3つをまとめてご紹介します。

ニュースの概要
ではまずは、今回のニュースの概要を簡単にご紹介します。

グリホサートが検出された5つのワクチンとは?
今回の、ワクチンに関する一連の発表をしたのは、Moms Across Americaというアメリカの団体。
その名のとおり母親を中心に結成されていて、子どもの健康を守るために、GMO(遺伝子組み換え)作物や農薬の排除など、食の安全性に関わる様々な運動を行っています。

そのMoms Across Americaによると、以下5つのワクチン全てから、モンサント社の開発した除草剤『ラウンドアップ』の主成分であるグリホサートが検出されたというのです。

ジフテリアワクチン(DTap)
インフルエンザワクチン(Influenza Fluvirin)
B型肝炎ワクチン(HepB Energix-B)
肺炎球菌ワクチン(Pneumonoccal Vax Polyvalent Pneumovax 23)
新三種混合ワクチン ※はしか、おたふく風邪、風疹の3つのワクチンのこと(The MMR II)
これらは全て、日本でも予防接種スケジュールに組み込まれているものばかり。

モンサントとは? ラウンドアップとは?
では次に、モンサントとは何か? ラウンドアップとは何か? について書いていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その2に続きます。



がらがらどん♪

NO MOREワクチン!5種のワクチンから除草剤の主成分『グリホサート』が検出される。・・・なぜワクチンから農薬が検出されるの?その影響は?その2

リンク
キニナル さんからの転載の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モンサントとは、GMO作物の生みの親でありアメリカにある世界最大のバイオ化学企業。
そして、このモンサントのGMO作物の種と一緒に使用を義務付けられているものこそが、極めて凶悪な毒性を持つ除草剤『ラウンドアップ』なのです。
つまりモンサントとは、いわばオーガニック・有機農法とは真逆の位置にある企業。
Natural Societyからは“人間の健康と環境の両方を脅かす”として、2011年の最悪の企業に認定され、アメリカをはじめヨーロッパ諸国では常に話題にのぼり、2016年6月にはEUにおいてグリホサートの全面使用禁止が可決されました。

これが世界におけるモンサントとラウンドアップ、その原料であるグリホサートの状況です。

なぜワクチンにグリホサートが含まれるのか?
では、なぜ除草剤がワクチンに含まれるのでしょうか?
今回の発表に関わったマサチューセッツ工科大学のステファニー・セネフ博士は以下のように説明しています。(意訳)
「ワクチンは豚の靭帯由来のゼラチンで作られますが、豚はGMO飼料をエサにして育ちます。このエサに使われるGMO飼料はラウンドアップ除草剤を用いて栽培されているので、その主成分であるグリホサートが含まれるのは当然のこと」
原材料が豚の靭帯であるという点にも驚きですが、その豚の飼料にまでモンサントの手が伸びていることにも驚きです。

補足:日本におけるラウンドアップ除草剤の立ち位置
ちなみに、そんな恐ろしい除草剤であるラウンドアップが日本でどういう扱いをされているかというと、禁止されるどころかJA(農協)が先頭に立って使用を推奨しています。
その証拠に、ホームセンターでもごく普通に棚に並び、楽天やamazonなどの大手通販サイトでも豊富に揃っていて、ベストセラーになるほどの人気商品になっています。
このような状況にある日本においては、ラウンドアップを避けることは不可能。「アメリカのことだから日本では関係ない」という言い訳は通用しないのです。

グリホサートにより起こりうる被害・病気とは?
最後に、なぜグリホサートがこれほど問題視されているのか、その理由を見ていきましょう。

ひとことで言えば様々な病気・被害をもたらすからなのですが、ここではその一例を簡単にご紹介します。

被害・病気の一覧
1.アルツハイマー
2.消化器疾患
3.糖尿病
4.心臓病
5.ガン・・・2015年に国際がん研究所が、グループ1に次ぎ2番目にリスクの高いグループ2Aに指定。
6.自閉症・・・マサチューセッツ工科大学が、「2025年までに2人に1人が自閉症になる」と発表している。
7.うつ病
8.喘息
9.奇形児の出生率UP
10.パーキンソン病
11.生殖機能異常・・・男性の性ホルモンを破壊する。
12.不妊・流産・・・低い濃度でも影響大。人間の胚、胎盤、へその緒の細胞を死滅させる。
13. セリアック病・・・小児に見られる脂肪便症のこと。
14. 著しい免疫力の低下・・・内臓内の善玉菌を殺す作用がある
15. 腎臓・肝臓の機能障害
16. 生態系の破壊・・・ネオニコチノイド系農薬と共に、ミツバチの生態系を破壊し、ミツバチの大量失踪・大量死を招く

判明しているだけでもこれだけの数があります。

グリホサートの被害を語る上で忘れてはならないのがアルゼンチンでの衝撃的なニュースです。
モンサント製品を使用している農業地帯において、その地方で生まれ育った子どもの血液を検査したところ、なんと80%の子どもの血液から農薬が検出されたというのです。

さらに恐ろしいことに、この地方で生まれた乳児には、指が6本あったり、逆に足の指がなかったり、大腸がなかったり、著しく奇形児の出生率が高まったと報告されています。

繰り返しますが、日本はラウンドアップ及びグリホサートの使用を推奨されている国です。
日本で普通の暮らしを送っている以上は、これらの病気のリスクに常にさらされていることに他なりません。

まとめ
改めて、ワクチンの恐ろしさと『無知は罪』という言葉を痛感するニュースでした。
何も知らず、何も考えずに子どもにワクチンを打ってしまう行為は、あらゆる病気と死のリスクを高めてしまうということ。
私たち親の無知が、愛する我が子を殺すのです。
もしこれから、ワクチン接種をしようとしている方が周りに居れば、この事実を教えてあげてください。愛する我が子の未来を、自らの手で奪ってしまわぬその前に。
※出典元:Moms Across America

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
転載終了
自分たちの利便性で使用する農薬が身を滅ぼすところまできているのだと強烈に感じます。



がらがらどん♪

WiFiが歯のアマルガムからの水銀流出を促進する可能性

WiFi
いまや誰もが利用する便利なものですが、その一方でWiFiには、有害性があることは誰もが知っていること。

研究報告が多くなるにつれて、WiFiは、従来考えられているよりも、はるかに有害である可能性が高いことがわかってきました。


英国の科学者で元英国軍でマイクロ波電波を使った兵器の専門家は、「若い人が低レベルのマイクロ波を長時間曝露すると将来遺伝子障害を起こす可能性がある。

驚くことに、冷戦時の兵器とまったく同じ出力と周波数のものが学校のWiFiで使われている。WiFiは、特に若い女の子の卵巣にダメージを与える可能性があり、そのため、次世代にまで影響を与え、未来にリスクをもたらすでしょう。」と警告しています。

そして今回神経免疫学の雑誌に歯の治療とWiFiの関係を示す論文が発表されました。

「Effect of radiofrequency radiation from Wi-Fi devices on mercury release from amalgam restorations」(WiFi機器からの周波数による歯に充填されたアマルガムからの水銀流出について)

歯の治療に使われるアマルガムには、約50%水銀が含まれています。アマルガム自体が人体に有害とされ、すでに使用禁止の国も多くなってきました。

アマルガムの充填物からは、ごく微量の水銀が口腔内に溶け出し、毎日それを体内に吸収しています。水銀の身体に対する影響は多くの研究で明らかにされています。

今回の実験では口腔内の環境に近いようにアマルガムを37℃に加温した生理食塩水の中に入れて実験しています。

その結果、WiFiは、アマルガムからの水銀が溶け出すのを明確に増幅することがわかりました。

これは小さなことかもしれません。

でも重金属は極微量でも生体内に大きな影響を及ぼす場合があることが
最近理解され始めています。

引用:リンク



中 竜馬