忍者ブログ

100%、H1N1インフルエンザは人工ウィルスだと思う。

ただし、その目的が例えば人口削減…食糧危機、水不足などなど、国際金融財閥たちが地球展望で計画しているのであれば、我々庶民には仕方が無いことかもしれない。

 1918年のスペイン風邪は再生されている。

■このインフルエンザ・ウィルスの株は、例外的に攻撃的だった。これは、劇症を引き起こす能力が高く、高齢者よりは若年層に取り憑いて死亡させる威力を持っていた。この特別に危険なインフルエンザ株の再生創造を、長年アメリカの研究チームによって行われてきた。

■2003年の「英国王立医学協会報」の意見記事によれば、「インフルエンザはすでにスプレーによって感染させることが出来、この場合少量のウィルスで大規模な感染を引き起こすことができる」という。この記事の著者によれば、「インフルエンザ・ウィルスの遺伝子操作したウィルス散布の可能性は、バイオ・テロリズムにおける高度な潜在能力を示唆している。この悪意のある操作の可能性は、生物戦争の脅威への高い懸念を喚起するものだ。」と続けている。

■2003年9月末には、アメリカ国立公衆衛生局(NIH)からスタンフォード大学に対して1500万ドルの予算が承認されたが、これはインフルエンザ・ウィルスに関して、「もし、これがバイオ・テロリズムの手段として散布された場合」にどのように防御するかという研究のためという。

◆ペンタゴン(アメリカ国防総省)の病理学者に率いられるアメリカの科学者たちは、この飛び抜けて危険な「スペイン風邪」ウィルス株を遺伝子的に再生しようという試みを始めた。

◆実際、その試みは大戦直後、日本が占領下だった1950年代から始められていた。当時の科学者(日・米)たちは、アラスカの永久凍土に埋められた犠牲者から採取したウィルスを使って再生を試みたが、うまく行かなかった。

■1990年代の中盤になって、米陸軍病理学研究所のジェフリー・トーベンバーガー博士が、「スペイン風邪」による犠牲者の保存されていた組織サンプルの解析を始めた。

◆この研究はインフルエンザの治療法を捜したり、生物戦用の株を開発したりするためのものではなかったようで、もっと単純な動機によるものだった。つまり、彼のチームは、保存された古い組織サンプルのDNAを分析する技術を開発しており、この技術の新しい応用先を探していたところだったのだ。彼は、「とりあえず、1918年のインフルエンザが、考えられる限り最も面白かったのです。」と述べている。

■サウスカロライナ州のフォート・ジャクソンで1918年に死亡した二十一歳の兵士の肺組織が採取されたが、これは軍の科学者たちが望むように、分析と解析が可能な損なわれていないウィルスのRNA(リボ核酸)の断片を含んでいた。

◆1997年には、スペイン風邪ウィルスの9つの短いRNA断片が解析され発表された。ただし、生きたウィルスもしくはウィルスの完全なRNA構造を再生することは出来なかった。

■その後、遺伝子技術によって、多様なソースからより多くのスペイン風邪のRNAが分離された。2002年までには、このウィルスの8つのRNAセグメントのうち4つまでが完全に解析されたが、この中の2つのセグメント(タンパク質)はこのウィルスの毒性に関して最も重要な意味を持つと見なされるものであり、これらは、

●ヘマグルチニン(HA)とニューラミニダーゼ(NA)である。(H〇N〇型といわれる)

■このプロジェクトは致死的な「スペイン風邪」株のゲノムを解析するだけに留まらなかった。米陸軍病理学研究所はニューヨークのマウント・サイナイ医学学校の微生物学者と合同の研究チームを編成した。この合同チームはスペイン風邪の再生を始めたのだ。最初の試みとして、彼らは通常の研究室用インフルエンザの遺伝子断片に「スペイン風邪」株から取った1つの遺伝子を組み合わせた。彼らはこのキメラをネズミに感染させたが、ネズミに対しては、その危険性を弱める結果となった。

■次の実験は2002年の10月に発表されたが(Tumpeyによる)、ここでは科学者たちは「スペイン風邪」株の2つの遺伝子を組み込むことに成功した。このウィルスは、他のインフルエンザウィルスの遺伝子で創られたものよりもネズミに対して毒性が強かった。
この実験は、悪魔を瓶から解放し、スペイン風邪に再び命を与えるまでには、あと少しであった。

■科学者たちは、この再生の試みが危険なものであることを承知していた。これらの実験は、ジョージア州アーデンにあるアメリカ農務省の実験施設で高度のバイオ・セイフティ管理下で行われていた。また、科学者たちは彼らの研究が敵対的な目的に使用され得ることは認識していた。これらの実験を行う正当な科学的根拠というものは見当たらない。
■最も最近の実験(2002)では、スペイン風邪の遺伝子を含んだウィルスに対する既存の抗ウィルス薬の効果を探ったとされているが、そもそもスペイン風邪株の解析などしていなければ、「H1N1」に対する抗ウィルス薬の必要などないだろう。
■生物学的防御の研究および民間のどんな医学研究においても、その裏面にあるもの(製薬ビジネス、戦略など)との競走であり、表とは、自然に発生する病原の進化と生物戦防衛のための病原開発である。しかし、それが人類の脅威を創造することは避けるべきである。
■悪意のあるサークルは存在する。
「リバース遺伝子操作によって、望めばどんなインフルエンザ・ウィルスでも創ることができる技術が導入されている」
◆他の論文では、これらの実験はインフルエンザの進化や感染毒性メカニズムの解明に寄与するかもしれないとも述べられているが、このような論議も怪しいものだ。

◆「スペイン風邪」以来、多様な毒性および病原特性を持った多くのインフルエンザ・ウィルスが世界中の研究者たちによって分離され特定されてきた。いや特定ではなく、「創ってきた」のかも知れない。しかし、あえてスペイン風邪の再生などというものは、必要なことでもなく、公衆衛生の視点からも支持されるものでもない。
■科学者にとって、このようなテーマの研究をする理由はいろいろあるのだろうが、この「スペイン風邪」研究は、実際に権威のある科学誌には論文の連載が保証される。
■軍縮の視点で見る場合、もし軍の研究機関がより危険性の高い病原を作ることに乗り出したとするならば、まさに人類は「自分たちが創り出した生物によって滅ぼされる」ことになる可能性を大きくはらんでいると言える。(大筋ネット情報の要約)

オバマ大統領が『核廃絶』を提唱したが、核より安上がり、いや、ワクチンや治療薬で経済は動くので『生物兵器』に切り替えたのでしょうか。

原賀隆一
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R