忍者ブログ

魚、微生物、クジラ、海鳥などあらゆる海の生物たちがプラスチックを好む

男性の精子減少は危機的状況であり、大きな要因の1つが、プラスチック。
食物連鎖の中に組み込まれている実態。

リンク
より引用。


「海が廃プラスチックで汚染されている」という響きは、今までかなり頻繁に聞いていることではあります。

たとえば、その廃プラスチックによって魚類や大型の海洋生物などが相当影響を受けていることは、最近、相次いで報じられることのある「死亡した海洋生物の体の中がプラスチックだらけだった」というようなことでもふれられることがあります。

過去記事としては、
・ドイツの海岸に打ち上げられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった2016/04/25
などがあります。

しかし、冒頭の BBC の記事の衝撃は、同じ海洋のプラスチックの問題でも、クジラなどの報道から受けたものとは違う衝撃で、つまり、
「微生物がマイクロファイバーを食べることにより大量に死んでいる可能性」
「その循環から、プラスチックが食物連鎖に入っている可能性」
のふたつを示唆する、かなり衝撃的なものでした。

以前よく書いていたことがありますが、食物連鎖の問題だけではなく、植物などとの絡みでも「この世の根幹は微生物」という考えが私にはあります。

その微生物はいろいろな理由で大量死もしますし、消えたりもしますが、「プラスチックで殺されている」という理由にふれたのはおそらく初めで、「プランクトンがマイクロファイバーを摂取している」ということ自体も初めて知りました。

~中略~

●海のプラスチックはすでに「食物循環」に入り込んでいる
国連環境計画は「海をきれいにしよう」キャンペーンをおこなっているというようなことが書かれてありますが、そういうキャンペーンをやったとしても、この記事にありますように、世界の海洋には、51兆個のプラスチックがあり、これはまさに、「消えることはない問題」ということになりそうです。

プラスチックが食物連鎖に入ったことにより、おそらく、今現在、すでに私たちも食べ物からプラスチックを摂取している可能性がありますが、それに関しては、体にどう影響するのかはわかりません。
さすがに、最近書いていました認知症と大気汚染の関係で見られる PM 2.5 のような微細粒子というわけでなければ、「体内をプラスチックが駆け巡る」というようなことはないとは思いますが、人間への影響はそれほど直接的ではないとすれば、やはり問題は、「実際に、海の生物たちがプラスチックで死んでいる可能性」があるというほうですよね。

ちなみに、このプラスチック、特にマイクロファイバーについては、以前、「魚の稚魚が好んで食べてしまうことがわかった」という研究が報じられていたことがありました。

これは、スウェーデンのウプサラ大学の専門家たちが、魚の稚魚たちが、生きているプランクトンよりも、むしろ微細なプラスチックを「好んで」食べることに気づいたということが紹介されている記事でした。知らずにそうなっているのではなく、「むしろプラスチックのほうを選んで食べる」らしいのです。
 



匿名希望
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
7 9 10 12 13
16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R