忍者ブログ

鉛で、汚染水を発生させず、放射線も低下させる方法

東電が福一の汚染水に対して、遮水壁を凍結水で囲うというでたらめな
コメントをしている中で、当初から、注水によらない合理的な方法を訴えてきた方がおられます。

 既に格納容器に核燃料がどれだけ残っているか解りませんが、国費を投入して地中連壁を構築する前に、この方法を是非実施すべきです。

リンクより引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラジエターとは必要のない熱を外部に放熱する装置で、クルマのエンジンを冷やすのにも使います。山田教授のアイディアは、水で冷やすのではなく、熱の伝わり方が水の10倍もある鉄でできた格納容器そのものを、空冷ラジエターとして使います。

山田教授は原子核物理、加速器、放射光の専門家で、特に量子力学の分野できわめて優れた実績があります(略歴などは下記)。

●手順
①一定の水圧をかけた水とともに、鉛の粉末あるいは微小なボールを冷却水投入口から投入します。鉛は水流にそって圧力容器、格納容器、そして破損口から外部に流れます。この過程で水より重たい鉛は、溶けた核燃料に落ち、全体を少しずつおおいます。

②おおいかぶさった鉛の量が増えて、燃料が水と接触しなくなると燃料の温度が上がり、鉛は溶けだし(300℃程度で)さらにスムーズに燃料全体をおおいます。この段階でも、放射能が冷却水に移る割合が減るでしょう。

③燃料の量と、鉛の量が理想的な状況になると、水を止めます。すると比熱(温度を上げる必要なエネルギー)が小さい鉛は、熱を効率よく格納容器(鉄)に伝えます。鉄も比熱が小さいので、格納容器全体から放熱がおきます。夏でも格納容器の温度が200℃以下で平衡状態に達します。つまり温度はそれ以上には上がりません。冬場とか雨が降れば40度以下でバランスします。

●メリット
1)冷却水(地下水と別に400トン/日)による汚染水がなくなる
2)上記汚染水がなくなると、地下水の汚染も激減する
3)空冷なので維持費が掛からない
4)鉛によって放射線が遮断される
5)核分裂の連鎖反応を起こさせる水がないので安全
6)100トン程度の鉛を投入するだけなので安価

政府・東電は、いまだ具体的な対策を何ら用意できません。日々、危険が急速に拡大しています。山田教授はこのアイディアを2011年6月11日から政府に訴えているのです。

■山田廣成(ひろなり)氏の略歴

1946年 名古屋市瑞穂区に生まれる(66歳)
1970年 名古屋大学物理学科卒業
1975年 名古屋大学原子核工学研究科博士課程修了
1973~1976年 東大原子核研究所にて核構造研究
1976年 博士号取得
1976~1982年 オークリッジ国立研究所
1983年 オーストラリア メルボルン大学物理学科
1986年 住友重機械工業・量子技術研究所
1993年 立命館大学理工学部教授に就任
1997年 ㈱光子発生技術研究所設立
2002年 文科省21世紀COE拠点リーダーに就任
2007年 科学技術分野における文部科学大臣表彰を受賞
2011年 ㈱光子発生技術研究所 代表取締役就任

●所属学会

物理学会会員。自由電子レーザー研究会、原子力学会加速器部会、加速器学会年会、放射光学会年会、それぞれ組織委員。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用おわり)




だるま
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R