忍者ブログ

遺伝子組換えトウモロコシは分類上、食品ではなく、なんと殺虫剤!

●以下 4つの目で世の中を考える から引用。
~引用~
遺伝子組み換え殺虫性トウモロコシMON863の分類では、なんと食品ではなく、殺虫剤に登録されている!

そんな殺虫剤を、日本では食品として認可しており、スーパーの食品コーナーには平然と並べられているのです。
しかも、なんの表示もされることなく・・・

たとえば食用油(コーン油やナタネ油等)などは、ほぼ100%がこういった遺伝子組み換え品が原料になってるはずです!

表示されてないから大丈夫!とも限りません。日本では遺伝子組み換え品使用の表示が義務付けられてる食品はわずか30種類ほどだけで、他の食品には一切表示されることがないのです!

また、豆腐・納豆等に、「遺伝子組み換えでない」と表示されているものも、実際には5%まで組み替え品の混入が認められています。
(しかし現実にはおそらくこの5%よりもっと高い割合で混入されてるんじゃないかと私は思ってます)
これなんかは、どうみても国民を騙すための表示としか思えません。

~引用終わり~

■遺伝子組み換え食品に関する表示について

また、半年ほど前だったか、世界中からミツバチが消えていなくなってるというニュースが話題になりました。

■ミツバチの失踪事件

一般メディアでは、ついこの間テレビで報道しているのを一回見ただけで、この手のニュースはほとんど報道されることがありませんでした。

このミツバチ失踪事件も遺伝子組み換え作物に原因がある可能性が極めて高いのではないかと思われる。

簡単に言うと、遺伝子組み換えしたトウモロコシは、自身の体内でBtと呼ばれる殺虫成分(毒素)を作り出すようになっており、それ(葉、花粉、蜜等)を食べた虫たちが次々に死んでしまうというもの。

穀物の遺伝子工学はまだ危険に満ちた技術である。 いくつもの予想外の事が起こり得る。

世界的にも圧倒的多数の国々がこういった遺伝子組み換え品に反対を表明していながらも、例によって政治的圧力・脅し等によって無理やり認可させられている。あるいは、こういった事実が隠蔽されることにも強く危機感を覚える。

芝田琢也
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  • 初めての株
  • URL
  • 2014/06/10(Tue)12:08:03
  • 編集

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

ブログ内検索

P R