忍者ブログ

車のボディーには何も書かないの?

いつのころからか、年に何度か鼻炎に悩ませられている。花粉症かと思いきや、医者の診断は「車の排気ガス」が原因とのこと。ところで、最近タバコによる害がどうこう言われていて、タバコのパッケージには『たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします…』と大きく書かれている。もちろん、喫煙に限らず周りの人の迷惑にならないようにマナーを守っていくのは当然だと思う。しかし、タバコがまるで諸悪の根源のような風潮になっているが、本当にタバコだけが原因なのだろうか?

 
タバコの煙がヤバイのなら、工場の煙や車の排気ガスはどうなのだろう。その辺は企業努力ということで環境にやさしいみたいなことをCMなどで謳ってはいるが、この工業生産による環境問題のほうが、大昔と比べて差があるのは歴史的事実としても子どもでも理解できることである。それならば、タバコ同様に車のボディーにも『車から出される排気ガスは、周りの人に悪影響を及ぼします』ということを明示する規制があっても良いはず。

 しかし最大権力となったマスコミは、宣伝費としてはスポンサーが頼りであって、そこを失うことは都合が悪い。だから、いかにもタバコのみに原因を押し付けて矛先をそちらに向けさせているのだろうか。肉体破壊・環境破壊で閉塞感を感じ、目先の答えでは解決するはずがないことに気づいた人々が収束不全に陥っている中、今こそ、根本的な事実や原因を突き止めていく必要があると思う。

あいうえお
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 13 14 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R