忍者ブログ

緑茶、紅茶、コーヒーetc実は、身体にわるい!?水が重要!

るいネットでも塩、砂糖、マーガリン、牛乳等の食品の問題性が挙げられていますが、実は日ごろ摂取している水分も問題ありの様です!

胃腸の内視鏡学で世界的な権威者である「新谷弘実」氏の本「病気にならない生き方」(サンマーク出版)から紹介したいと思います。

まずは、
---------新谷 弘実氏について---------------------------------
1935年生まれ。現在71歳。
34歳にして、世界で初めて、新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術をせずに大腸内視鏡によるポリープ切除の手術を成功させる。
日米で胃腸を診た数はなんと約30万人以上!!この分野の世界的権威。
患者の中には、アメリカではダスティン・ホフマン、スティング、ロック・ハドソンetc。日本では、中曽根元首相、細川元首相、渡邉恒雄氏(読売新聞グループ会長)、津川雅彦氏(俳優)、竹下景子(女優)などがおり、各界の著名人が名を連ねている。
この新谷氏が胃腸検査と同時に行ってきたのが、食歴と生活習慣のアンケート。
この膨大な臨床およびアンケート結果から、胃腸にも「胃相」「腸相」(人相になぞらえて)があり、よい胃相・腸相をしている人は健康で、逆に胃相・腸相が悪い人は心身のどこかに何かしらトラブルを抱えていることを発見。そして、よい胃相・腸相をしている人の食事や生活習慣と、悪い胃相・腸相をしている人の食事や生活習慣には、関係が深いということを突きとめた。
この新谷氏の治療の大半は、独自の食事療法で、この食事療法を受けた方のガンの再発生率はなんとゼロ%。
そしてこの新谷氏は、様々な流行の健康法(牛乳、ヨーグルト、お茶etc)や薬の服用(薬はすべて基本的に毒であると述べている)についても警鐘を鳴らしている。

--------------------------------------------------------------

その中から事例を紹介します。

間違った健康法1

■お茶は、逆に胃相を悪くさせる!!
一般的に、日本茶は、カテキンが豊富で、ガンの予防にきく、長生きすると言われています。しかし、新谷氏の膨大な臨床データからは、「お茶をたくさん飲む習慣がある人の胃相は悪い」という結果がでています。そして、胃相・腸相が悪い人に健康な人はいません。
確かに、お茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用をもつポリフェノールの一種であることは間違いありませんが、そのカテキンはいくつか結合すると「タンニン」になります。
タンニンは、植物がもつ「渋み」成分です。柿の「渋」もタンニンです。タンニンは非常に酸化しやすい性質をもっており、熱湯や空気に触れることによって、安易に「タンニン酸」に変化します。そして、このタンニン酸には、タンパク質を凝固させる働きがあります。こうしたお茶に含まれるタンニン酸が、胃粘膜に悪い影響を及ぼし、胃相を悪くしていると新谷氏は考えています。
事実、タンニン酸を多く含むお茶(緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どくだみ茶、杜仲茶etc)を常用している人の胃を内視鏡で見ると、粘膜が薄くなる萎縮性変化が起きていることがよくあります。慢性の萎縮性変化、または萎縮性胃炎は、胃ガンになりやすくなることが分かっています。
カテキンによりDNAが破損するというレポート(03年、9月三重大の川西正祐教授)も発表されています。

そして、この新谷氏がすすめているのが「よい水」を飲むことです。

三輪歩未
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード