忍者ブログ

私は、五木寛之氏の「あきらめる」(明らかにして)の、自分なりに生きるのが好きです。

田中直人さんの仰るとおりだと思います。
 要するに、やはり「格」から言うと「ロス・チャイルド(ロート・シルド)」家の方が、数段上だと言われています。当然現在は(本家はドイツに移り?)「ユーロー」も作ったほどです。ロス・チャイルド財閥は余り日本は「目」ではないんじゃないでしょうか。
フィリップ・モーリス(PM)にしても、もちろん全米最大のたばこメーカーですが、子会社のミラー・ブリーイング社、クラフト・ゼネラル・フーズ社はそれぞれビール、食品業界で米最大級のシェアを持っていますので、例えばおかしな「タバコによって癌になった」と訴えて数十億円の支払い命令判決が出たとしても、そこそこ払って(荒立てず」示談するのは簡単?でしょう。そこで争って全米(いや世界)の(建前論による)嫌われ者になるより、他の全世界の経済をしっかり運営する方が徳なのでしょう。

例えば、ブリティッシュ・ペトロリアム/英国最大の企業グループを形成する国際石油資本。全世界に1900以上の系列会社を持ち、分割子、株式会社になっています。
・ロイアル・ダッジ・ペトロリアム/「ロイアル・ダッジ・シェル」国際石油グループの大株主持ち株会社。
・ピッカーズ/ロールス・ロイスや戦車などの防衛、軍需メーカー。英国最大の重工業グループで、世界100カ国に製造、販売、営業を展開。
・ローマ・プーラン/フランス最大の化学・薬品メーカー。世界140カ国に200余の製造・販売会社を持ち展開。
・ダッソー・エレクトリック/ヨーロッパ最大のエレクトロニクスメーカ。航空、宇宙、ミサイル関連がほとんどを占める。ミサイル追尾、誘導システム、レーダーなどを主に手がけている。
・フィリップス/欧州最大の電器メーカー。(家電・通信・医療機器・防衛システムなど)
・オッペンハイマー/世界の金、銀、銅などの取引を占める)
・デビアス/世界のダイヤモンド市場を占める。
・ニューヨーク・セントラル鉄道  カナダロイヤル銀行  チバ・ガイギー(製薬)
・ジャーディン・マセソン・ホールディングズ(香港最大の英国系商社・世界30カ国に100を越える子会社、関連会社を持つ。古くはグラバーが長崎駐在員?で有名。その時、土佐の坂本龍馬も影響を受けたし、彼に付いてきた岩崎弥太郎はとうとうグラバーの力を借りて商社・三菱を創業。坂本はグラバーを裏切ったので殺された?)
・ロイター(通信) ・ネッスル  パリ国立銀行  フランス銀行 イングランド銀行 パリ・リヨン地中海鉄道  

まだまだ列挙したらとうてい書きこなせるものではありませんが、要するに、日本や米国のタバコの実売上(それぞれの国の税金を抜いた)如きは、全財閥の売上にしたら小数点が何桁付くか知らないほどの売上金でしょうね。というか、たばこをやめさせたあとの「健康被害」の方がタバコの売上より数百倍もうかる(薬品)でしょうね。ところが、完全に販売禁止となると「スケープゴート」が出来ないから保険会社も困るし(多量喫煙者は告知義務違反?で支払拒否?)、政府も良い金づる(税金)が無くなるし、ほどほどに「禁煙・嫌煙運動」をしていかなければなりません。

 何せ、現「デービット(ダビデ)・ロックフェラー」氏の曾祖父さん?は「ニセ?癌薬売り」で儲かった人ですから、やはり「薬(不健康)は金になる」のをよく分かっているようです。かの野口英世もとことん利用?されましたよね。ロックフェラー研究所には世界の病原菌(新作も?)が培養されているというのも読んだことがあります。だからそのお詫び?に千円札にしてくれたのかなと思っています。千円札といえば前「夏目漱石」も英国留学で彼はとても「好奇心?」が強く、あるサークルメンバーに入会したのですが、その実体がどうも性に合わず?ほとんどロンドン郊外の農家に潜んでいて、任期(国家留学)が切れたらさっさと帰国して、欧米批判(草枕、講演など)を繰り返しました。
 欧米批判といえば、ユダヤ系英国軍人の父がギリシヤ赴任の時、ギリシヤ人寡婦との子で、アメリカの新聞社から日本情報員として派遣された「ラフカディオ・ハーン」も、とうとう日本が好きになり、寝返って帰化し、欧米批判をしました。

 私達日本人では、彼ら(ロスチャイルド、ロックフェラー、デュポン、モルガン)とは全く「求めるもの?」が違うような気がします。そしてまた、私達が言う程度の「格差社会」なんかも、まるでアリと象がケンカするような話で、ただ「自分」が今生きている「価値観」を享受しながら、どううまく生きても100年そこそこが最高ですし、巨額の富を得たところで「確実」に死にます。だからそれまでは、自分にほとんど逆らわず気楽に生きていくつもりです。だから好きなタバコはやめませんし気にもしていません。他の人が「副流煙?」が気になるようならどこにも行きません。
20歳代は年間300本ほど映画も観ていたのですが全面禁煙になってから、ほとんど行きません。汽車も乗らないし、禁煙レストラン、喫茶店など行きません。数年前、「リンガーハット」という長崎チャンポンのチェーン店で、喫煙席を広げたら、売上が急にアップしたという記事が載っていました。そういえば大阪伊丹空港の二階食堂では喫煙席はいつもいっぱいで(スペースも広く)、禁煙席はまばらで空いていますね。あそこはとても好き!


原賀隆一
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R