忍者ブログ

男性の精子数はなぜ減少するのか?

★男性の精子数はなぜ減少するのか?
この10年あまりの間、研究者たちの中で一つのコンセンサスが出来つつあるという。精子数の減少について、目を向けなければいけないのは男性ではなく、その男性の母親の方なのだと。
以下、イギリス『インデペンデント』(リンク)紙の記事より。

*********************************
18歳から25歳までの健康な若者で、異常なほどわずかしか精子を作り出せない男性は5人に1人の割合にのぼる。しかも彼らが作り出す精液は、しばしば質が悪い。それらの精子のうち、厳密な世界保健機構のルールの下で「正常」として分類されるほど良好なのは、平均して実に5%から15%にすぎない。しかもこれは若い、健康な男性の数字なのである。

精子形成(spermatogenesis)と呼ばれる精子生産のプロセスは青年期に始まるが、その土台は誕生前後の数ヶ月間に築かれる。胎児として成長する頃に始まり、誕生してからの6か月間で終わる睾丸の発達の決定的な「時期」に目を向ける研究者が増えているのである。この決定的な発達の時期に干渉が起こると、赤ん坊は、生殖能力が最適とはいえない男性になるという生涯にわたる結果を引き受けることになるだろう、というのである。

「精子数の減少は、過去50年に及ぶ環境や生活スタイルの多くの変化が精子の生産に本質的に悪影響を及ぼしているという事実を反映したものでしょう」。そう語るのは、医学研究審議会の生殖研究の専門家リチャード・シャープ教授。「さまざまな要因が集まって複合的な結果をもたらしたのかもしれません」。多くの研究が、子宮での早期の発達と、後になって判明する男性の生殖問題、特にわずかな精子数とのつながりを指摘している。

たとえば、 1976年にイタリアのセべソで起きた工場の事故の結果高レベルの有毒なダイオキシンにさらされた妊婦の産んだ男性には、平均よりも低い精子数しかないことが判明している。しかし大人になってダイオキシンにさらされた男性はそのような結果を何ら示さなかった。別の研究によると、妊娠の間に多量の牛肉を食べた(それは、多環芳香族炭化水素(polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs))と呼ばれる潜在的に有害な化学物質に富む食事なのだが)女性の息子は精子数が比較的少なかった。しかし大人の男性として牛肉を食べても同じような影響は何ら示されなかった。

シャープ教授によれば、そうした発見は、睾丸の最初の細胞がどのように形成されるかを理解することによって説明できるのだという。セルトリ(Sertoli)細胞は、成人において精子細胞の発達を保護する役割をはたすのだが、それこそヒトの男性胎児の「生殖隆起」から形成される最初の細胞である。成人男性で作られうる精子の数は、その男性が胎児だった頃に形成されるセルトリ細胞の数次第である。だから、母親の子宮内でセルトリ細胞の形成に干渉するものは何であれ、ずっと後になって行われる精子の生産に影響を及ぼすことになる。「妊娠時の母親の生活スタイルが、その息子が大人になったときの精子の数にきわめて大きな影響を及ぼしているのかもしれませんし、こうしたことを引き起こすもっとも論理的なメカニズムは、セルトリ細胞の数を減らすことによるものです」とシャープ教授は言う。

男性が後になって子どもを持てるかどうかを決定する子宮内での胎児の発達の決定的な時期に科学者たちは肉薄してはいるけれど、男性が子どもを持てるかどうかの分かれ目に影響を及ぼすものが何であるかについてはいまだ確信を抱けないでいる。しかし確実なことが一つだけあって、それは、男性の母親が鍵を握っている、ということである」。



柏木悠斗
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

「消費税という名の人頭税を全廃する政権を作る選挙」


豪雨災害から1年 遅れる復旧 ・ ひこうき雲
2019年06月25日 | 行事
blog.goo.ne.jp/sugako31/e/b6f757413c79a1d6e08026ab6c7ade3e


「国政選挙で消費税廃止政権を作れば昨年来全国災害被害はすぐに復旧する」


消費税導入前:一億総中流社会

消費税導入後:貧富巨大格差社会0.1%大富豪99.9%大貧民

消費税はこのように勤労納税国民の懐から税金をかすめ取って主権者国民の家庭を貧困化し、

勤労しない不労所得者の大資本家と政府役人だけを富豪にする、

中世ヨーロッパの王権神授説国王が奴隷である人民にかけた人頭税そのものである。



人頭税は世界中の万国がこれを禁じている。

もちろん主権在民日本国憲法も憲法前文と最高法規97条98条99条で人頭税を厳禁している。

日本国憲法違反人頭税である消費税を日本国に導入したのは、

憲法違反放送法で主権者国民の懐から受信料を、銀行業界と共謀してATM自動引き落としで騙し盗っている総務省特別放送法人NHKであり、

NHKの正体は外交官治外法権を悪用して日本国内で戦争犯罪を行って日本国憲法を破るイスラエルモサドである。



消費税導入は国連が厳禁している内政干渉であり、

主犯は治外法権悪用常習犯イスラエルモサド及びその手先のアメリカCIAフリーメーソンである。

彼らは選挙管理委員会を持つ総務省の特別放送法人憲法違反放送法NHKに巣食って、

全世界万国万人の目を欺いて主権在民日本国憲法を破りながら日本政府を支配して、

国連憲章違反日本国憲法違反の内政干渉を消費税で達成し続けているのである。

消費税が無ければ彼らのあらゆる内政干渉はすべて無効になってしまう。

よって日本国民が戦後日本国憲法の下で主権在民平和立国を宣言した日本国の独立不羈を、

第9条を守って如何なる武力も用いずに達成するために必要十分な行動は、

国政選挙で消費税廃止政権を作ること、ただこれだけでよい。

デモも集会も演説も必要ない。

ただ消費税廃止を公約する政治家に投票して当選させたらこれを使役してまず最初に国会で消費税全廃を決議させればよいだけのことである。



当選後選挙公約を破れば公職選挙法違反汚職刑事犯罪だから現行犯逮捕起訴有罪100%であり、

国会議員の公約破りは国会弁論で故意に主権者国民を欺く詐欺弁論を行うことと同じ重大汚職刑事犯罪だから、

国会議員の憲法最高法規99条違反汚職は、刑法極刑内乱罪で有罪刑罰を科される。

内乱罪は無期懲役以上死刑の量刑で、時効は無い。

情状酌量は自首自白のみ。

これが主権在民日本国憲法が公僕公務員に定める日本国刑法である。



日本国主権者勤労納税子育て国民は国家を統治する主権の一票を使って【消費税全廃政権】を作って、

まず最初に外国の憲法違反国連憲章違反内政干渉である【消費税を最初の国会で全廃決議】させて、

日本国を外国からの内政干渉を受けない真の独立不羈主権在民立憲法治国家で地上に打ち建てよう。

これが人類史上初の戦争放棄永劫平和国民和合統治国家の成立と出現である。





=============================
【日本を守るには消費税廃止しか無い】
=============================

【4つの日本国元首内政外交ご政道政策日本国憲法】
www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/421.html#c25

日本国家元首勤労納税主権者国民が三権下僕公務員へ示すご政道三権分立統治

本日6月27日総理官邸ホワイトハウス電子政府e-GOVへ宛てて以下の文を含め4通の2000文字日本国憲法政道ご意見メールを送信した。



(1)主権在民日本国憲法で立国した日本国の政治は内政外交全て主権者国民が主権で国を統治するのである。【日本国憲法前文】

主権者国民の意見を政策として統合するために主権者国民の僕として国会議員を公明正大に正しく選挙する。【日本国憲法前文】

この選挙で選ばれた国民の下僕国会議員が国会で各々自分のご主人様である主権者国民の種々の政見と政策を会期中に議論してすりあわせて政策として決定し、

国会で主権者国民の大多数が良しとしたこの政策を国会が立法【憲法41条】して、内閣と行政府に下げ渡して政策を実際に行わせしめるのである。

この時国会で議決した政策の全ては、主権在民日本国憲法の条規に反していないかどうかを最高裁判所によって逐一審議を受けなければならないと、日本国憲法は定めている。【憲法81条】

【第81条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。】

主権者国民の最上位の下僕たる立法府国会で成立した法律はただちに主権者国民の最下位下僕である行政府によって施行されるべきものであるが、

施行後に日本国憲法の条規に反する法律であるとわかれば立法司法行政三権公務員のご主人様である主権者国民に違憲行政執行による甚大な被害が及ぶので、

三権公務員下僕の不法行為によって国家元首主権者国民が受けた被害は憲法17条に基づき国が賠償せねばならず、

違憲行政は莫大な国家賠償が生じてこの国を統治する主権者である勤労納税国民が形成した国庫に大きな損失を与えるのであり、

主権者国民が三権公務員に命じた内政外交の日本国行政が、違憲行政執行のために停滞を余儀無くされるのである。

国家行政の停滞は一瞬たりとも許されない。

それゆえ最上位立法府下僕国会で立法されたらただちに第二位下僕最高裁は違憲立法審査を行わねばならないのである。【憲法81条】

第二位司法府最高裁の最重要公務【違憲立法審査】は憲法最高法規第98条に明確に規定されている、



【第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。】

最高裁が98条最高法規責務を果たさなければ司法公務員汚職犯罪であり、

最高裁判事が全員刑法違反特別公務員汚職罪すなわち内乱罪の刑罰を科されることをもって負う【主権在民日本国憲法責務】である。

この内乱罪は最も重大な刑事犯罪である故に時効は無い。過去に遡って刑罰が科されるのである。

これが主権在民日本国憲法が命じる【三権分立】であり、国家元首は日本国憲法の2つの憲法義務を果たした【勤労】【納税】主権者国民である。

三権公務員職はいずれも勤労しない不労所得職であるから、これが国家元首から俸給を貰って国家元首勤労納税主権者国民に奉仕する公僕公務員となるのである【憲法15条】。

そして日本国を統治するために国家元首勤労納税国民は、

三権下僕公務員に命じて立法司法行政を互いに他の二権公務員の公務執行を憲法を遵守し擁護しているか否か互いに監視しながら、

公務員による憲法条規に反する汚職が行われないよう公務員汚職に【憲法最高法規99条違反内乱罪】の厳罰をもって国の下僕公僕三権公務員に臨むのである。

よって最高裁は戦後開設時から現在までずっと違憲立法審査を行わない憲法99条違反憲法81条違反内乱罪汚職現行犯犯罪組織である。

国民審査など不要で、ただちに最高裁判事全員懲戒解雇、全員刑事裁判にかけなければならないね。



hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-8e4e4f.html#comment-117572061