忍者ブログ

現代人は、電子レンジの中で“殺された”死の食品を食べ続けている①

カレイドスコープ ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由リンク
より、以下引用
-------------------------------
去年8月に書かれた「ロシアはなぜ電子レンジの使用を禁じたのか」という記事ですが、今になって、あちこちの情報サイトで取り上げられるようになりました。

やっと、多くのアメリカ人ブロガーが、この記事の情報に価値を見出したようです。

《その原本の記事の翻訳》

なぜロシアは旧ソ連時代に電子レンジの使用を禁止したのか
Why Did Russia Ban The Use Of Microwave Ovens?
by: Zach R  2011年8月18日

今日、消費者は、電子レンジの中で“殺された”死の食品を食べ続けているので、半ば、死につつあります。

消費者は、完全に健康的なローフード(生鮮)の切れ端を手に取り、その上にビタミンやハーブなどの自然薬をまぶしてから電子レンジで温めます。
その場合、栄養のほとんどが破壊されてしまいます。

人間は、この地球上で、食べる前にその食物の栄養価を破壊してしまう唯一の動物です。

人間以外の他のすべての動物は、その自然で加工されていない状態で食物を消費します。
これに反して人間は、実際に食べる前に、わざわざ栄養的に、まったく無益なことをしてしまうのです。

道理で、人間は、この惑星で健康的にはもっともひ弱な動物であるはずです。

ロシアでは、電子レンジの使用について多くの研究が行われた際、健康にネガティブな結果が出たため、1976年に電子レンジの使用が禁止されました。

この禁止は、90年代始めのペレストロイカ後に解かれました。
この話題に関する多数の記事が、ネット上で見つかるはずです。

先進国では、電子レンジが発明されると同時に、多くの人々がそれを使うようになって、肥満が一気に増えました。
電子レンジのおかげで、肥満を促進するような食品を簡単に調理して食べることができるようになったからです。

それだけでなく、食品に含まれている栄養素の多くを破壊してしまうので、肥満になりやすくなってしまったのです。
消費者は、栄養過剰でありながら、栄養失調の状態に置かれる、という奇妙なことが起こったのです。

言い換えれば、消費者は、必要以上のカロリーを摂りながら、体にとって本当に必要な栄養素は充分摂れていないのです。

その結果は、もちろん、私たちの今日の状態をみれば明らかです。
糖尿病、癌、心臓病、うつ病、腎不全、肝臓障害…さらにもっとたくさんの病気。

これらの病気は、すべて、(栄養素のアンバランスによる)栄養不良、有毒な化学物質、加えて、情緒的障害、運動不足も手伝って、これらが複合した結果起こるものです。

電子レンジのマイクロ波は、事実、何もしなくても、自動的に栄養不良を起こします。

また、加工食品をただ食べるだけで、有毒な化学物質に接触することになります。
加工食品は、例外なく、防腐剤、着色料、化学調味料などが加えられて製造されます。

電子レンジを使うということは、技術的な観点から見れば、食品にマイクロ波という放射線を照射する一形態ということになります。

「自分は照射食品は絶対に食べない」と言っている人たちが、電子レンジのマイクロ波に照射されたものを躊躇することなく食べているというのは面白いことです。

【参考】放射線照射食品とは何か

「照射食品」と、「電子レンジで温めた食品」とは、照射される放射線の波長が異なるだけで、本質的には同じものです。

事実、電子レンジは、元はと言いえば「レーダーレンジ(radar ranges)」と呼ばれていました。
今では奇妙に聞こえると思います。

しかし、電子レンジが1970年代の始めの頃、初めて紹介されたときは、「レーダーレンジ(radar ranges)」として誇らしげに宣伝されたのです。

それは、高いエネルギーを食品に当てて、熱く熱するというものでした。

1970年代当時、電子レンジは、ある種の「宇宙時代の奇跡」と見なされていたのです。

おそらく、いつの日にか、食品の栄養価を根本的に変化させることなく、食品を温めることができる食物加熱装置ができるでしょう。
しかし、電磁波を使うという、このやり方なら、私は期待できないのです。

おそらく、現在のところ、食品を熱する方法でもっとも良いのは、カウンタートップ・オーブントースターを使って温め、それも温度をなるべく低く保つことです。

電子レンジは、広告に書かれてあるとおり作動して、あなたが食べるものを温めてくれます。

しかし、熱が作り出されるメカニズムは、ビタミンとファイトニュートリエント(植物栄養素)のデリケートな分子構造に、その内側からダメージを与えます。

反面、ミネラルの大部分は影響を受けません。
電子レンジで調理した食品の中には、調理する前と同じようにマグネシウム、カルシウムや亜鉛などのミネラルを摂ることができます。

しかし、ビタミンB群やフラボノイド、その他の栄養素は、電子レンジによって簡単に破壊されてしまうのです。

電子レンジは、“自分を見失った人々“が使う器具に他なりません。

定期的に電子レンジを使用する人々は、変性疾患になるべく歩き続けているようなものです。
また、肥満と生涯にわたって闘い続けるようなものなのです。

電子レンジを使えば使うほど、あなたの栄養状態は悪化します。

医者に行けば、あちこち病気だと診断され、処方薬のやっかいになることになるでしょうし、他の健康問題を引き起こし、健康の悪化は、渦に翻弄されるように、あなたを奈落の底に引きずり込んでいくのです。

自分をもっと大切にしてください。
電子レンジなど、放り投げてしまうか、チャリティに寄贈してください。

電子レンジを使わないようにするには、身の周りに電子レンジを置かないようにすればいいだけのことです。とても簡単なことです。

(電離レンジを棄てて)キッチンの調理スぺースを整理し、電気を節約するようにすれば、今までの食習慣は劇的に改善されるのです。

何かを加熱する必要がある場合は、トースター・オーブンか、フライパンで温めてください。
もちろん、テフロン加工など、表面に食べ物がこびり付かないように加工されているものが良いです。

もっといいのは、なるべく加工されていない生の素材を使った食事をするように努力することです。
とにかく、最良の栄養を摂ることができるようにしてください。

スムージー・ミキサーを買って、スムージー(新鮮な果物からなる濃い、口あたりがよい飲物)をブレンドしてください。
電子レンジで調理するより、はるかにヘルシーで、しかも早くできます。

私(この英文記事の著者)は、毎朝、スーパーフード・スムージーを飲みます。
ここ数年は、電子レンジを使っていません。

健康を守ることは自己責任です。
食べ物を、どのようにして購入し、あるいは備蓄し消費するかは、すべて自分次第です。

つづく



山上勝義
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード