忍者ブログ

率先して福島県産野菜を食べてきたニュースキャスターが急性白血病で番組を降板!

福島県産の食品は今や全国に拡散し、放射能被害の影響が小さい地域にもばらまかれている状況のようだ。
更に、福島県産の食品の安全性を示すため、番組の中で福島県産の食品を食べ続けたニュースキャスターが急性白血病となり、病気休養することになった。
拡散で薄められるとは言え、汚染された食物による被爆は確実に体に蓄積されていく。
安全な食をどのように確保していくかが、ますます重要な課題となってくる。

以下、飯山一郎のLittle HPより引用します。
********************************************************************
いま、日本のテレビは、放射能ギトギトの食品を食べることを推奨している。テレビが率先して放射能まみれの食い物を食ってみせれば、大勢の視聴者は「へぇー、福島産の食品や農作物を食べても平気なんだぁ!」と、疑いもなく信じこんで、毎日、安心して、その毒物を食い続けるだろう。

これって、傷害行為どころか、殺人行為に該当する。
つまり、重大な犯罪行為なんだな、ほんとに。

現に、フジテレビの『めざましテレビ』(月~金曜5:25)で、福島産の食品を食い続けたメーンキャスターの大塚範一氏(63)は、急性白血病で入院してしまった。

※引用者補足:大塚氏は、11月2日から体調不良を訴え、本人が首にしこりがあることに気がつき、都内の病院で受診。急性リンパ性白血病と診断され、病気休養することとなった。現在は東京都内の病院に入院して抗がん治療を受けている。
番組中では、風評被害払拭、福島応援の為に、ほぼ毎回福島県産の野菜や、野菜を使った料理を食べるキャンペーンを行っていた。

********************************************************************
日本は世界一サカナが美味い国だった(過去完了形)。
秋の味覚、秋刀魚(サンマ)。ほんと、食べたかったが…、我慢して、一切まったく食べなかった。
その代わり、志布志産(引用者注:鹿児島県の志布志市)の鰤(ブリ)や鯖(サバ)や太刀魚をタラ腹食べてきた。
ところが、いま、そのサカナが食べられなくなってきた。
要注意は鰤(ブリ)。
東北産(どこかは言わない)の鰤(ブリ)が、静岡経由で鹿児島の某所に入荷し、混ぜられ、再度また何処かへ出荷された…。鹿児県内にも出回るはずだ。…という情報が、三カ所から、私の耳に入ってきたのだ。

(中略)

魚だけではない。
米も野菜も肉も、みんな巧妙に混ぜられて、日本全国に拡散している。
昨日5日。政府は旧福島市産米を出荷停止した。遅い! 遅すぎる! 手遅れだ!すでに膨大な量の放射能汚染米が全国に拡散してしまっている!
「外食のコメ、コンビニのコメは安い福島産のブレンドで放射能まみれ…。」「混ぜれば500以下は余裕!」

混ぜれば500以下は余裕! そうなのだ。だから、みんな混ぜている!
日本中のコメが、もーどれもこれも放射能まみれになってしまっている。
これが、日本人の主食、コメの実態なのだ。

「九州産だから安全!」 とかというネット販売の宣伝文句もウソだ。
福島産や茨城産のコメが叩き売られている。買い叩かれている!
これらが混ぜられているのだ。
混ぜればベクレルは下がるし、基準値は軽くクリアできる。
なによりかにより混ぜれば混ぜるほど儲かる…。
だから、みんな混ぜている!
これが日本人の主食、コメの実態なのだ。

(引用終わり)


Maximum
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

ブログ内検索

P R