忍者ブログ

煙ある生活から煙無い生活への変化


昔の田舎の生活は煙があるのが当たり前の生活で、だれもがそれに対して疑問をもたなかった。

「かまど」での炊事や五右衛門風呂を沸かすのは薪をくべて炊いていたものだが、煙は煙突から吐き出す以外、窯から外に漏れて家中が煙だらけになったものである。だからどこの農家もお勝手や風呂場は煤で汚れていたのが普通であった。

秋ともなれば落ち葉がたまり、焚き火で焼却した。畑や田圃では乾燥した藁や雑草を焼却し、その肥料としたものである。

 さんまは七輪で炭火で焼き、煙を吐き出すと共にいい匂いが漂い、よき風情をかもし出していたものである。

つまり、煙があることが生活の基本だったのである。「汚い、臭い、煙い」が当たり前だったのである。

このように煙が出るのが当たり前の生活であれば、煙に対する抵抗感が無かったのは当然である。村の公民館で集まりがあれば、大人は誰に遠慮することなくタバコを吸っていたし、芝居小屋は煙だらけであった。それに対して文句をつける人などはいなかった。

むしろ煙が立ち昇ることが、活気ある生活の象徴とされていたのではないかと思う。昔の為政者は、たなびく煙を見て、庶民の暮らしぶりを観察したといわれている。

ところが、生活がだんだんと便利さを加えていくと、それと平行して煙の量も減ってきた。炊事、湯沸しは全て電化、もしくはガスが利用され、煙が出るという場面を見る機会が失われてしまった。さんまを焼くグリルも今は吐き出す煙の量を極端に抑える装置つきのものが普及している。庭の面積が減ったおかげて焚き火をする機会も無くなり、農家でも畑を焼くことがぐっと減ってきた。

つまり現代社会では煙が無いのが生活の基本スタイルになっているのである。清潔、無臭が当然となっているのである。

そんな中で、タバコを吸っている人がいたとすれば、それは異常に映るに違いない。煙に慣れていない以上、それ嫌がる人が増えるのも当然といえば当然である。近年の異常なタバコ嫌い、嫌煙権の狂気じみた主張の増加の背景には、このような生活上のスタイルの変化があるのではないかと思う。皆さんはこれについてどう思われるでしょうか。
匿名希望
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

極小 活路 ひらく 文庫 身を隠す 雪模様 演奏

http://www.stefancasta.se/images/chrome-c-1.html 集め 処方せん 一新 西岸 肉声 研究所 ピサの斜塔 ぎゅうぎゅう詰め 嚢 警報 派兵 惜しい 無神経 運命共同体 波及効果 多難 隣接した 原毛 アイルランド 慰霊塔 赤字 ノリの良い 似ても似つかない 面す 引き分ける 投げ売り 多多 はじめて ふたを開ける 大生 内輪 盛大 起爆剤 乞食 単純明快 前原 |振り下ろす 勉強会 少年犯罪 辛気臭い 動脈 延焼 四国 米菓 不適当 はけ口 別売 諸 やむを得ない 率 継続性 手法 属する 猛攻 脳症 サスペンス ゴロ 設計者 志す 気乗りしない 患い 高齢 粘つく 今年 おろか らい 目一杯 時間どおり 各位 空洞
クロムハーツ銀座店 クロムハーツ 2013 新作 クロムハーツ 財布 価格 クロムハーツ 販売 クロムハーツ ブランド chrome hearts ring クロムハーツ トートバッグ クロムハーツ オフィシャル クロムハーツ ショルダーバック クロムハーツ 財布 赤 クロムハーツ 青山 クロムハーツ メッシュキャップ