忍者ブログ

炭の電磁波効果

炭はカーボンンなので、粉にして板状に整形すれば電磁波シールド材として使用できます。金属と同じです。
電磁波は有限の大きさの電磁波遮蔽体の縁を回り込むという回折効果があります。
従って、電磁波をシールドするには、6面を隙間なく覆う必要があります。

備長炭などをそのままの形で、電磁波の発生源の近くにおいても、炭は電波を吸収してくれません。

試しに、携帯電話の端末の近くに備長炭をおいて、通話を試みてください。
備長炭が電波(電磁波)を吸収してくれるのであれば、携帯電話は圏外となり、通話はできなくなるはずです。


BEMSJ
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

焙じ茶と塩と布ガーゼマスク


布マスクを買って間のガーゼに海水程度の塩分を加えた焙じ茶を浸NEW
medqa.m3.com/doctor/showMessageDetail.do?messageId=1187997

M3投稿者 : 豊岳正彦
2020/02/16
[感染症]
閲覧数 : 1

前へ 66/66

布マスクを買って間のガーゼに海水程度の塩分を加えた焙じ茶を浸ませて絞って挟んでおけば、
口鼻からのウイルスの侵入をほぼブロックできると思う。
塩味焙じ茶をばんばん作って手を洗ったりうがいしたり飲んだりおしぼり絞って顔や首を拭いたりすれば、
お茶の葉のカテキンがウイルス全般分解消毒してくれる。
布マスクも焙じ茶もドラッグストアで最安値の物を買えば消費税の影響が殆どない。
家でも家族全員塩焙じ茶飲んで焙じ茶で掃除しておけば、
江戸時代畳にお茶の出し殻を撒いて箒で掃き清めたのと同じウイルスフリーの環境が
ほぼ無料で安全に達成できるよ。
診療所にも幼稚園保育所学校会社全て屋内を飲んでも安全なカテキンで掃除して、
カフェインが無いカテキン茶の焙じ茶を全員で飲んでおけば、
ウイルス感染症の屋内発症を劇的に減らせるんじゃないかな。
食堂ならとくに役に立つと思う。

焙じ茶のカテキンはノロもロタもコロナもライノもフルも消毒できて、
飲んだら腸内のウイルスも消毒済みになる上に、
焙じ茶飲んだらカフェインが無いから身体が芯から温まるからね。

塩も身体を温める優れた温補作用がある。
だから寒い地方の人は塩辛い塩鮭や梅干しや味噌を食べて身体を温めていた。
塩は全然高血圧とは関係がない。
塩で歯磨きするのもウイルスを良く分解できて実によろしい。

焙じ茶と塩と布ガーゼマスクを三種の神器にしてフルとコロナへ立ち向かうことが出来ると思うよ。

hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2020/01/29/003757