忍者ブログ

最悪の事態=ウラン拡散 (続き) ウラン拡散による影響を想定する

続き
------------------

250782「福島原発の放射性物質2 放射性物質は何トン存在するのか?」で求めた、福島原発の放射性物質の量は以下であった。

○福島原発の放射性物質
(単位は全てトン)(3/11時点を想定)
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
|   |燃える |燃えない|燃える|燃えない|    |    |   |
|   |  ウラン|   ウラン|プルトニウム プルトニウム|セシウム| ヨウ素|    |
|   | U-235| U-238|Pu-239|Pu-240| Cs-137| I-131|   計|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 1号機 | 1.84 | 69.92| 0.74 |  0.00 | 0.1793|0.0833| 73.6|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 2号機| 2.52 | 95.79 | 1.01 |  0.00 | 0.2456|0.1141|100.83|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 3号機| 1.76 | 94.88 | 1.61 | 1.81 | 0.2456 |0.1141|100.83|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 4号機| 2.52 | 95.79 | 1.01 |  0.00 | 0.2456|0.1141|100.83|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 5号機| 2.52 | 95.79 | 1.01 |  0.00 | 0.2456|0.1141|100.83|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 6号機| 3.51 | 133.55 | 1.41 |  0.00 | 0.3425|0.1591|140.58|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
|使用済|17.95 |1687.39| 17.95|  0.00 | 4.3729|2.0321|1795.1|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+
| 合計|32.63 |2273.11| 24.73|  1.81 |  5.88 | 2.73 |2412.6|
+------+------+--------+-------+--------+--------+-------+-------+

使用済み燃料も合わせると、約2300トンものウランが福島原発には存在していることになる。

一方、アメリカ軍がばら撒いた劣化ウラン(ほとんど全てがU-238)の量は以下であった。

○米軍による劣化ウラン使用量
+----------+------------+---------+
|     |年    | 劣化ウラン|
+----------+------------+---------+
| 湾岸戦争|1991  | 272.85t|
+----------+------------+---------+
| ボスニア紛争|1994-1995 | 2.55t|
+----------+------------+---------+
|コソボ紛争|1999  |  8.50t|
+----------+------------+---------+
| アフガニスタン|2001-2002| 850.00t|
+----------+------------+---------+
|  イラク戦争|2003-   |1700.00t|
+----------+------------+---------+

つまり、福島原発に存在するウランは、1991年の湾岸戦争で使用された劣化ウランの8.5倍。湾岸戦争とイラク戦争(第二次湾岸戦争)を合わせても、イラクに投下された量よりも多くのウラン-238が、福島原発には存在していることになる。

この福島原発のウラン燃料が、どれくらい漏れ出て、どのような形で拡散するかで影響は大きく変わってくる。が、「3 劣化ウラン弾による健康被害」を元に、大胆にシミュレーションすると以下のような結果が得られる。

①10tが拡散(=全体の約0.5%≒3号機炉内の核燃料の10%)
      =バルカン半島と同レベル
・5年間で癌の発生率が約6倍に増加。
・10年間で癌の10倍増、小児白血病の10倍増。

②270tが拡散(=全体の約12%≒1~3号機原子炉内の核燃料全て)
       =1991年の湾岸戦争と同レベル
・新生児先天性の奇形や異常が10年で3%→22%に。
・ガン発生率が5年で1.5倍~7倍に
・小児白血病の発生率が10年で3倍以上に増加。
・乳児死亡率が15年で4.7%→10.8%に。
・5歳未満の幼児死亡率が15年で5.6%→13.1%に。






内藤琢
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

ブログ内検索

P R