忍者ブログ

放射能汚染より怖い肉牛の飼育

放射能汚染牛肉が問題になっているが、その中で明らかになった現在の「自然の摂理」に反する飼育方法をしている牛肉こそもっと危険ではないだろうか。

新・心に青雲リンクより転載します。
----------------------------------------------------------
岡目八目さんがご自身のホームページの「天寿道整復院・らくがき帖」に「放射能より恐ろしい肉牛の育て方」(2011/07/29)を掲載しておられる。以下引用。

      *        *       *

 この放射能騒ぎで、出荷停止措置で出荷予定日を過ぎても出荷できないでいる農家の悩みをテレビで放映されていました。何と出荷予定日に出荷できないと牛はだんだん弱っていって死んでしまうことになるらしい。めいっぱい太らされた体重を支えられずに関節が腫れ、内臓もやられて食べられなくなってしまうのだそうだ。

 つまり、われわれは牛が生きていけないほど目一杯不健康に育てられ、これ以上は無理という限界ギリギリのところで出荷された牛の肉を食べさせられているということである。これが一般的な現代の肉牛の育て方だという。一時的な放射能よりも、こちらの方が問題ではないのか!!

     *         *        *

 「放射能よりも、こちらの方が問題」とはまったくその通りであって、ウシにかぎらずブタもトリも現在売られていうのはとんでもない食品であって、放射能汚染で癌になるよりもこういう人工的につくられた食品を食べることで病気になるほうが、本当ははるかに怖い深刻な問題なのである。
 「出荷予定日に出荷できないと牛はだんだん弱っていって死んでしまうことになる」という事実は知らなかったが、さもありなん。

 全部が霜降りの「高級肉」になるわけでもないのだろうが、畜産家としては、100グラムで何千円もする高級肉をつくったほうが儲かるのだろうから、ひたすら濃厚飼料を与え、ビールを飲ませ、人の手でもみほぐすことをやるのだろう。
 端的に言えば、どれほど自然に反した行為か、である。

 自然に反したことをやらかせば、かならずしっぺ返しは食らう。それが人間や家畜の病気として発現する。
 ただし、放射能も危険は危険だが、生命体は本来放射能に耐える実力を把持しているのだから、健康体でありさえすれば、放射能に耐える実力が発揮できるから、病気にはならないのである。

 しかるに、人工的に歪んだ飼育方法で育てたウシやブタなどの家畜の肉は、生命体が耐えられる能力を持ち合わせない。
 だから岡目八目さんが説くように、「一時的な放射能よりも、こちらの方が問題」になる。

 霜降りはやわらかくてとろけると言うふれこみなのだが、自然界の哺乳類にそんな筋肉はあり得ない。霜降り肉を見ると、赤身に脂が混ざり込んで、いわゆる「さし」になっている。筋肉(赤身)としてまとまっていないのだから異様である。あれでは動けまい、走れまい、体も支えられまい。
 だからいきおい、牛舎に一生涯閉じ込めて、運動できない状態でひたすら餌を胃袋に詰め込む。成長期の勢いがあって、病気が発現しないうちに大きくしてしまうのだ。
 とても残酷な飼育方法である。

 いずれウシが病気になるに決まっているではないか。それで病気と診断される直前に解体して肉として食ってしまう。あるいは病気予防のために薬をしこたま投与しているのではないか? 鶏なんかは相当大量の薬を食わせて、なんとか出荷まではもたせる。
 筋肉があろうことが脂まみれになって動けない状態=病気になったウシの肉をうまいうまいと言って食うのだから、人間だって病気になる。

 だから、今度の騒動で畜産農家が、「飼っているウシはかわいい、手塩にかけて育ててきて家族同然なんだ」と涙ながらに訴えるニュースの映像を見たけれど、非常に複雑な思いにさせられた。
 「家族のように育てて…」というにしては、なんという残酷な飼育であろうか。それもいずれ肉用として売るのだから、私には割り切れない思いが残る。
 さはさりながら、畜産農家もそれで食っているのだからむやみに非難するつもりはないけれど、霜降り肉を喜んで食べる消費者のほうにも多大な責任がある。
.
 「これ以上は無理という限界ギリギリのところで出荷された牛の肉を食べさせられている」という類似でいえば、フォアグラなんぞはその最たるものであろう。無理矢理ガチョウの胃袋に餌を詰め込んで、胃拡張ならぬ肝臓拡張=肥大にして(つまりは病気だ)、高級食材として食らう。フランスが発祥だ。
 つまりガチョウが肝硬変や肝臓癌になる限界ギリギリのところで出荷するのだ。

 私も昔、ごちそうになったことはあるのだが、「これがフォアグラだよ」と勧められはしたが、気持悪くてならなかった。二度と食べたいと思わない。
----------------------------------------------------------
以上です。


新聞会
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 13 14 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R