忍者ブログ

市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。


リンク

たった一つの市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。タンポンやナプキンに使われる合成素材が引き起こす、死の危険もある恐ろしいトキシック症候群とは?

トキシック症候群をご存知ですか?
当たり前のように使用している合成素材が命を危険にさらします。
女性にとって、毎月訪れる月経は、とても神秘的で大切な生命の営みのひとつです。
初潮を迎える10代から閉経までの50代頃まで、妊娠期間を除いた約40年近くもの長きにわたって付き合うことになる月経。ところが実際に私たちは、このことについての正しい知識や対処方法を知らずにいるのではないでしょうか。
モデルのローレン・ワッサーさんがケミカルタンポンの使用により、トキシックショックで片足を切断。
世間一般的によく使われている市販のタンポンによって、モデルのローレン・ワッサーがその足を失われたという話が話題になっています。

モデルとして、20代の女性として、輝かしい日々を送っていたローレン・ワッサーの生活が、なんとたった一つの製品により一瞬で激変したというのです。その原因は、彼女が愛用していた生理用品であるタンポン。
これによるトキシック症候群の罹患で、彼女の生命が危険にさらされてしまったのです。死亡事故にはならなかったものの、若く美しい彼女の足は、切断せざるを得なくなってしまいます。
「私のお腹は大きく膨れ、体の至る所からチューブが出ていました。 私は話すこともできませんでした」とローレンは話す。ベッドの隣には、彼女の血流から吸い出された、黒い毒素のチューブがあった。
彼女は病室から外を眺め、もうろうとしながらサウス・ウェストのことを思い出していた。浮腫んだ体は自分のモノとはおもえなかった。 「私は食事を過剰に与えられたのかと疑った」彼女には「何が起こっているのか全く分からなかった」。
見当識障害よりもはるかに悪いことに、手足には灼熱感があり、何をしても治まらなかった。
感染により、壊疽してしまったのだ。

中略
高圧酸素療法のため、彼女はUCLAに救急搬送され、高圧治療装置で、血液が足に流れるよう治療が施された。
ローレンが部屋でひとり、診察を待つ時間があった。 母親と代父は、少しのあいだ席を外し、彼女は大きな椅子に座っていた。その部屋にはカーテンがあり、カーテン越しに、女性が誰かと電話しているのが聞こえた。 女性は会話の中で、何事か緊急事態を相手に告げている様子だった。 「24歳の女性患者がいるんだけど、右の膝下を切断しなければならなそう」
「私のことだ、とわかりました」。彼女は確信した。「私は脚を失ってしまうんだ」

リンク




今井勝行
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 13
16 17 18 19 20 22
23 25 26 27 28 29
30

バーコード

ブログ内検索

P R