忍者ブログ

何故、共認機能が重要なのか?

引き続き、共認機能について、整理させていただきます。

<サル学の特殊性> 

 サルとはいかなる存在であるのか?を考える上で考慮すべき問題があります。  それは、一般の学問と違い、新しい報告ほど正しいとは必ずしもいえない、という問題です。

 その理由は、人間の手によって森林が破壊される等、サルの生態環境が年々破壊、改造されているからです。
 従って、サルを考える場合、現在の行動様式に加えて、サルのもともとの生態環境を考慮した上で、補正を加えるという方法が必要となります。

 その点で、現在の人間に追われて群れの数が著しく減少していたり、ましてや餌付けされ飼いならされたサルは、本来のサルの姿とはいえません(現在の飼い犬と、野犬やオオカミを同一視するようなものです)。


<同類闘争という課題>

 サルの一番の特徴は、他の動物と違って、専ら同類との闘争(サル集団同士の縄張り闘争)が第一課題であることです。
 そうなった理由は、樹上に棲息できることにあります(正確に言えば、肢の指で枝をつかめ、枝を自由に渡り歩ける)。

 樹上は、木の実などの栄養価が豊富で、かつ逃避場所として最適です。 つまり、そのような最高の空間を、サルという種はほぼ独占出来たわけです。

 ですから、人間が森を侵食するまでは、ほぼ森林という森林は、サルがほぼ許容量一杯までに繁殖していたことが、容易に推定されます。
 そのような空間なので、外敵(他動物)との闘いは第二義的となり、サル集団同士の縄張闘争(同類闘争)が、サルにとって第一義課題となります。

<戦闘集団における共認機能の重要性>

 過密化した中では、激しい同類集団同士(あるいは異種のサル同士)の縄張闘争が、激しく戦われていたと思われます。
 この同類の集団同士が、日常的に緊張関係にあることも、本能で対応できない状態です。
 かつ、この集団は戦闘集団です。恐らく、強い結束と(恐らく指令投割も)が必要です。

 だからこそ、サルは新たに獲得した共認機能に収束し、まず意思の伝達や、それに対する仲間の評価をつかむ機能を強め(ボディランゲージや表情の読み取りによって)、仲間の評価を羅針盤にして、行動に対するプラス、マイナスの評価を行い、役割や規範を形作っていった訳です。

<環境の激変>

 ところで、現在はサルが激減しました。
 よって相手集団という最大の圧力がなくなり、いわば無圧力化した状態です。

 前記した現在のサルが、本来のサルの姿とはいえないというのは、このような理由です。




北村浩司
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

ブログ内検索

P R