忍者ブログ

人権論者滅亡論

おなじみの食物の腐敗する時間を遅らすソルビン酸をはじめ亜硫酸ナトリウム、プロピレングリコール、ラウリル硫酸塩類、酸化防止剤(亜硫酸塩)、エデト塩酸、パラオキシンタール色素、安息香酸、界面活性剤、など日常的に使用されている人工化学合成物質は102種類とも言われています。


市販のおにぎり、惣菜、ハンバーガー、コカコーラー、ビール、ハム、ワイン、即席ラーメン、パン、ジュース、チョコレート等菓子類、シャンプーや石鹸、歯磨き粉、化粧品、洗剤、これに化学的精製法から生産される純水物質など精製砂糖や塩などを含めると人工物しか手に入らない状態であると断言できます。しかし、食わなければ生きることが出来ませんから、人類滅亡の危機的状況であることは明らかですね。もはや個々人の問題ではありません、人類共通の課題であるということです。ましてや自由や嫌煙権を主張している人権論者にかかわっている場合ではありません。



仙元清嗣
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード