忍者ブログ

人工的に病人を増やす現代医療

高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、メタボ症候群など現代病の増加はよく耳にします。食の欧米化や人工物質の摂取などの原因により確かに増加している側面もあると思われますが、その一方で、これら病気の判定は人工的に操作された側面もあることを念頭におかなければならないですね。以下たかのクリニックさんのブログからの引用です。

~以下引用~
私が医師国家試験を受けた頃、正常コレステロール値は確か250mg以下だったように記憶しています。30年以上前なので定かでありません。
いつの間にか240mgまでとなり、数年前には220mg未満と決められました。
200mg以下にすべきだという製薬業界お抱え学者のような権威者も現れました。
最近、日本高血圧学会は高コレステロールの基準を240mg以上で、かつ悪玉といわれるLDLコレステロールが160mg以上に変更する意向を表明しました。大規模な臨床試験の結果、この範囲なら続発症の発生率は高くないことが判明したためです。

エビデンスに基づいた正常値が示されたにもかかわらず未だに定着しないのは何故か?
現在、日本では220万人が高コレステロール血症とされていますが、基準が変われば患者数は半減するでしょう。治療の必要がないのに病人にされている人が山ほどいるわけです。
正常値が上がれば患者が減り、薬の売れ行きが落ちて医者の収入が減る。
ころころ変わる「正常値」の真相は案外そんなところかも知れません。

コレステロールはどこまで下げれば良いのでしょう。
臨床試験では服薬による低下率が30%を超えると死亡のリスクが2倍以上高かったとの報告があります。低ければ良いという話ではありません。

健診で230mg。晴れて「高コレステロール血症」のお墨付きを貰って医者に行くと、センセイは「このままでは大変なことになる。きちんと飲みなさい」と高価な薬を渡すでしょう。
すでに理論武装したあなたは間髪入れずに、「この値で結構です。薬は要りません。」と反論しましょう。
基準が240mg以上と提唱されてから月日は流れましたが、いまだに220mgのままです。
患者さんは何を信用すれば良いのかわかりません。
マスコミの煽動記事や製薬会社の手前味噌のデータ、権威とされる御用学者の恣意的論文、不安を煽るテレビの健康番組等々はこの際聞き流した方が無難かも知れません。

■ タバコが値上げだって?
タバコの害は無限に列挙されています。
禁煙論者はタバコがすべての害の根源で、タバコさえ止めれば病気がなくなるかのような錯覚をお持ちのようですが、その欺瞞はいずれ逐一反証するつもりです。

肺癌で亡くなられた方の病理解剖を思い出します。
立ち会った若い医師は「タバコを吸ったからこんなに肺が黒い」と浅はかなことを言っていましたが、実は生まれてこの方1本も吸ったことがない患者さんでした。
長い人生の間に蓄積した塵芥だと教えると、「ボクはタバコを吸わないのにボクの肺も黒いのか」と納得行かない様子。
事実を真摯に受け容れなさい。嫌煙家の君の肺は既に真っ黒だ!
喫煙歴の有無にかかわらず肺は黒くなるのです。

肺の色1つとってみてもこれだけの誤解があるのです。
マスコミが流布するタバコ害悪説の、如何に根拠が危ういことか。

喜田育樹
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

発展途上国

発展途上国では薬が無いために死んでしまう人々や子供が多いそうです
日本は長寿国であまり感じませんが、世界の裏側ではこういうこともあるみたいですが、人工物質はそんなに悪なのでしょうか?
  • 電気自動車
  • URL
  • 2014/04/30(Wed)09:05:52
  • 編集

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R