忍者ブログ

乳がん患者の8割は朝食にパンを食べている?

パン食の危険性を指摘する衝撃的な記事です。

「wantonのブログ」
リンク
より引用

●乳がん患者の8割は朝食にパンを食べているって本当ですか!?
リンク

管理人

以上の記事は今からちょうど3年前のものです。
当時、結構な話題をよんだ記事でしたが
少し加筆してまとめてみます。

悪性リンパ腫になられたあるメルマガ読者の方が
著名な医師の先生に診療に行かれた時、
日頃からパン食が多いと話しましたら、
そのお医者さんは、即座に、
「 パン食は絶対にお止めなさい、
ガンになりますよ!!! 」・・・と
お話になったそうです。

尤も、既に悪性リンパ腫になってしまっていた訳です
が、かなりのショックを受けられたそうです。
実は、パン食はその方の奥様が大好きで
一緒によく食べておられたので、
奥様のショックも相当大きかったのでは
ないでしょうか。
乳がん患者の8割っていうのも女性ですから
上のリンク記事も頷ける話ではあります。


パン食の何がいけないのか・・・×
簡単にまとめておきます。


× パン酵母 カビ菌の親戚

× グルテン 

× 小麦に使われる農薬

× 海外から大量輸入されるので防腐剤が
  大量に使われている。

× 小麦は遺伝子組み換えのものが多い

× マーガリン と バター

× コーヒーに砂糖とフレッシュ


しかしまあ・・・
問題視されている成分がてんこもりで
いっぱい含んでいますね。

パン酵母・・・も、いずれ記事にしようと思います。

グルテンは、小腸の小さなヒダ々の器官から
重要な栄養素を吸収するのを阻害します。
大変病気になりやすいのは火を見るより明らか。
グルテンフリーという言葉は海外から来たもので
小麦~グルテンは駄目と云っている訳です。

パンは毒の塊りなんて言ったら言い過ぎでしょうか。
皆さん、コンビニに行って一度、全てのパン製品の
成分をご覧になって下さい。
例外なく、マーガリンやショートニングが
混入されています。
中には、マーガリン入りと誇らしげに大きく表示
されているものまであります。

臭素酸カリウムなんてのは、
海外はおろか中国でさえ禁止されているのに
パンをふっくらさせる為に多くのメーカーが
使っていると伝わっています。
しかも、表示義務なしですから入っているか
入っていないかは誰にも確認出来ません。

臭素酸カリウムは自然界には存在しない
強力な発ガン性物質です。
厚生省や日本のパン業界は一体何を
考えているのでしょうか。
二酸化チタンもそうですが・・・
これはもはや犯罪でしょう。



田村正道
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード