忍者ブログ

タバコに対する偏ったイメージの影響

>タバコ以外にも、いろいろ話題になったこと(ex.ポテトチップスは体に悪い)はあったはずなのに、タバコほどやり玉に挙げられることは無い。なぜなぜタバコばかりこうなるのか?たしかに疑問です。
お母さんたちは、子供が中学生くらいになると、子供の素行をとても気にするようになる。

「法律違反や陰で何か悪い事をしていないだろうか?」
「親の知らないところで、タバコを吸っていないだろうか?」
「悪い友達と飲酒をしていないか?」・・・など

いずれも、「未成年でタバコを吸ったり、酒を飲んだりするような連中と親しくなって、うちの子供も不良になったら大変だ」という発想が根底にある。

そういった、親の不安や、何をよりどころに子供を育てていったらよいかわからないという収束先を失ったことによる不全があって、そのことが分かりやすい「タバコ」への攻撃に向かっているような気がする。

従って、タバコは実態よりもより厳しい形で、批判や攻撃の対象になっているし、タバコを排除するきっかけになっているという側面は否定できない。

※ちなみに私は煙草を吸いません。


関英治
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R