忍者ブログ

これを「核兵器」と言わずして何と言う?


『3号機はプルトニウムを大空に吹き上げた』
カレイドスコープよりリンク

★以下記事転載
各号機の使用済み燃料プールは、多弾頭ロケット・ランチャーと同じ

広瀬隆氏が9月21日、茨城県で講演したときの動画です。
海外向けなので英訳がついています。

FAREWELL TO NUCLEAR POWER - A Lecture on Fukushima Daiichi by Takashi Hirose, September 11, 2011
原発との決別-広瀬隆氏講演(2011年9月11日)英訳動画


0:28:40~0:37:00までは3号機爆発の謎について話しています。

3号機の爆発は水素爆発ではなく、核爆発だったのではないか、という話が出てきています。

使用済み燃料プールの中に格納されている燃料棒は、互いに近づけすぎると過熱して爆発してしまうので、一定の距離を保って格納しておく必要があります。
そのための容器が、ラックと呼ばれるケース。

20111221-5.jpg
プールの中に沈められている燃料棒の格納容器「ラック」

完全に使い切った核燃料は、ラックに入れられた状態で十分冷却された後、青森県の再処理施設に運ばれ、再処理後、プルサーマル用の燃料と高速増殖炉「もんじゅ」用の燃料になるのですが、これがまったくの幻想だったわけで、行き場をなくした使用済み燃料が、原子炉建屋の中の冷却プールに「ながらく、間借りしている」状態。
これが日本の原発の現状です。

20111221-6.jpg 

今、年数の経った原発では、このラックが満杯状態になっていて、次々と出てくる使用済み燃料を収納しきれなくなっています。
そこで、間に合わせの処置として、このラックの穴の間隔を狭めて、もっとたくさんの燃料棒が入れられるように、リ・ラックという作業をして、すし詰め状態にして使用済み燃料を冷却しているのです。

燃料棒と燃料棒との間隔が狭いので、外部から何かのエネルギーが加われば、すぐに互いに作用し合って熱を出します。
福島第一原発の各原子炉建屋では、こうした危険を抱えているのです。(他の原発も同様です)

広瀬氏が引用しているガンダーセン氏の分析は正しいことがよく分かります。
ガンダーセン氏は、4月の時点で、3号機の爆発が黒煙を伴っていることから、detonation(爆轟)であると見立てていました。
detonationは、単なる水素爆発では起こりようがないと。
そして、黒煙はウランが爆発したものであるとまで分析していました。

さらに、3号機の使用済み燃料プールに格納されていた燃料棒が一束を残して、ほとんど消失していることから、「即発臨界」して吹き飛ばされたのではないかと示唆していました。

20111221-7.jpg

クレーンで燃料棒を、まるで魚を釣るように吊り上げるときに、ひっかけるハンドルが4号機には、ラックいっぱいにあるのに、3号機には、たった一束しか残っていません。
3号機の燃料棒は消えたのです。

“ロケットランチャー砲”で、真上に撃ち出されたからです。

ガンダーセン氏のこの分析も正しかったようです。

つまり、3号機建屋内には、確かに高圧になった圧力容器から漏れ出した水素ガスが増えていて水素爆発を起こした。
それがトリガーとなって、即発臨界、つまり核爆発を起こして、大砲を真上に撃ち上げるように燃料棒が吹き上げられた…。

3号機では、水素爆発と核爆発が同時に起こったのです。

確かに状況は、それを示しています。


3号機の使用済み燃料プールは、多連装ロケット・ランチャーの役目を果たした

201112-21-1.jpg 201112-21-2.jpg
画像は「日本周辺国の軍事兵器」様より拝借

20111221-4.jpg
画像は、「週刊オブイェクト」様より拝借

201112-21-3.jpg 
画像は、こちらから拝借

つまり、燃料棒を格納しているラックが、ロケットランチャーのような役割を果たして、まるで核弾頭ミサイルが次々と打ち上げられたと同じ状況があったのです。

下の動画が、一時、話題になりました。

3号機からは、三度の爆発音が聞こえた


この動画は海外からアップされたものです。
ただ、日本の誰かさんが、同じ動画をアップしたのですが、それには一度の爆発音しか入っていません。
東電は、このことについて何も発表していませんし、記者たちも質問さえしません。

一回目の爆発音は建屋の水素爆発の音。
二回目、三回目の爆発音が、使用済み燃料プール内の核燃料が熱と震動によって即発臨界を起こして核爆発した音。

これは、確実に核爆発です。
つまり、3号機建屋内の使用済み燃料プールにあった核燃料は、一瞬にして高温を出し、揮発して大気中に吹き上げられたのです。

3号機はプルトニウムを混ぜたプルサーマル燃料を使っていました。。
プルトニウムの沸点は3228℃。
ストロンチウムの沸点は1382 °C。

核爆発の4000℃にも迫ろうかという高温によって、一瞬にして気体となった、これらの核種が、大気中の塵埃に付着して、まるで西遊記の金斗雲(きんとんうん)に乗ったように、季節風に吹かれて、ふわふわ太平洋を渡ったのです。

東京、横浜にも、それはやってきました。

使用済み燃料プールが爆発すれば、原子炉の水素爆発など「目じゃない」ということです。

日本中の原発の建屋内には、使用済み燃料プールがあるわけですから、地震で電源喪失が起きれば、炉心は溶融して水素ガスが建屋内に充満し、水素爆発の後で、“核弾頭ロケット・ランチャー”が一斉に打ち上げられる危険性があるということです。

それは、東電製、九電製、中電製…の核弾頭ミサイルです。
この核兵器の標的は、他国ではなく、日本そのものなのです。

なんと馬鹿げた…。

それでも原発を造り続け、再稼動させたい人々がいる…。
彼らには絶対に精神鑑定を受けさせるべきです。
原発カルトは、何をやるかわかったものではありません。

20111221-9.jpg

この動画の後半は、これから起こる地震と原発に焦点を絞っています。

2時間以上の長編ですが、ぜひ最初からご覧になることをお勧めします。
私は、この動画をこれから何度でも観るつもりです。

そして、この動画に出てくる人たちを応援しようと思います。
いろいろな方法で。

この動画は、有志の方が海外向けに翻訳してテロップをつけたものです。
ご尽力に感謝します。

******************************************************************

原発内部の核燃料のラックと核燃料棒…
これが加熱されて「多弾頭ロケットランチャー」状態と化し、
(ロケット弾になるのが核燃料棒)大空へと発射!!

これが、3月16日にフクイチ3号炉で起こった事実!

私はこのリンクの写真を見てギョッとしました。
物理構造的には、燃料プールもロケットランチャーも同じ
ですから。

これ…もはや本物の核兵器(核弾頭を使用した多弾頭ロケット
ランチャー)じゃないですか。

何処が「発電所」なんですか!



Silentservice
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

ブログ内検索

P R