忍者ブログ

あなたの体と未来の赤ちゃんを守るために全ての女性が知っておきたいこと

(リンク)

女性の必需品である「紙ナプキン」。
実はとっても有害だったんです。
何も知らずに使い続けたせいで「生理痛」や「不妊症」になるかも知れないと思うとこわいですね。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

数年前、産婦人科で「布ナプキン」を薦められたという友人。
私はその時初めて、布ナプキンの存在を知りました。
その友人は診察時に子宮筋腫がいくつもみつかり、将来の妊娠・出産も考えて布ナプキンを薦められたそうです。
口から入る食品では規制されている有害化学物質が、日用品では普通に使われている現状があります。
私たち女性が当たり前のように使っている生理用ナプキンも例外ではありません。

・生理用ナプキンやタンポンの危険性
口から直接体に入る食べ物よりも危険性が少ないと判断されているのでしょうか。
しかし実際は経皮毒といい、肌から有害物質を吸収してしまい、ガンを始め様々な病気の原因になるともいわれています。
日常生活での毒素の蓄積は不妊のリスクを高めるだけでなく、赤ちゃんの発達障害や多動などの脳障害、また湿疹、アトピーやアレルギーの原因になるという専門家もいます。


・生理用 紙ナプキンやタンポンの実態
「紙ナプキン」といわれますが、実際使用されている原材料は石油系素材。
肌にあたる部分は、漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布。
内部には、漂白された綿状パルプ、高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質がふんだんに使われています。
製品を清潔に保つため法的に漂白が義務付けられており、一般の紙ナプキンには塩素系漂白剤が使用されています。
吸収材である高分子ポリマーは皮膚障害をひき起こす有害化学物質。
今現在、これらの化学物質の私たちの体への安全性は確立されていません。

私たちが生理中に長時間使用する紙ナプキンや使い捨て生理用品は、経皮吸収率がとても高い陰部と接触するため、経皮毒のリスクも高いことが危惧されています。
私たちの膣内粘膜から、紙ナプキンに含まれる様々な化学物質、特に残留ダイオキシンが吸収される危険性は20年近く前から問題視されています。
ダイオキシンは微量でも非常に強力な毒性を持ち、特に女性の場合、ホルモンかく乱作用が子宮内膜症、死産、流産などを引き起こす原因になることが心配されています。


・将来のあなたのために、知ってもらいたい「ノン・ケミカルナプキン」という選択肢。
「布ナプキン」の原料は、その名のとおり「布」。
綿やオーガニックコットンなどを使用している布ナプキンは肌触りもよく安心して使うことができます。
生理の量が多い日は「漏れ」などのデメリットもありますが、そんな日は紙ナプキンの上に布ナプキンを重ねて使い、陰部には紙ナプキンが触れないように使用するなど、あなたの生活や体の状態に合うように工夫してみるのも良いでしょう。


・嬉しい布ナプキンのメリット
1)肌に優しい
布ナプキンの最大のメリットは、やはり安心して使えること。
紙ナプキンに使用される化学物質による害の心配もなく、かぶれなどの不快な症状も改善します。

2)冷えを防ぐ
経血の吸収のため紙ナプキンに使用されている高分子吸収体ポリマーは「熱冷ましシート」にも使われる化学物質。
経血を吸収した高分子吸収体ポリマーはとジェリー状になり子宮を冷やします。
冷えは女性の大敵。
生理痛・子宮の病気・不妊症の一因になります。
一方、布ナプキンは、洋服の重ね着のように子宮を包み込み、体を温め冷えが改善することで基礎代謝が上がり様々な病気を未然に防ぐことができます。
また卵巣や子宮の血流が良くなるため妊娠しやすい健康体になる効果も期待できます。

3)環境にも、お財布にも優しい
塩素系漂白剤が使用される紙ナプキンなどの生理用品は焼却の際にダイオキシンが発生するため、私たちの生活する環境にも大きな影響を与えています。
特に生ごみ中の塩素イオンが石油製品と結合すると毒性の強いダイオキシンが発生。
ダイオキシンは分解されないため食物連鎖で何億倍もの濃度に濃縮され、食物として再び私たちの元に戻ってきます。
布ナプキンを使用することは、自分だけではなく自分の周りを取り巻く環境、人々、そして未来への「優しさ、心づかい」とも言えるのではないでしょうか?

布ナプキンは一見「高い」と思うかもしれませんが、長期的にみるとかなりお徳です。
私たち女性が1ヶ月に生理用品に使っている金額は大体500円前後ではないでしょうか?
布ナプキンはサイズやメーカーで価格が異なりますが、大体1枚1000円くらい。
布ナプキンは少なくとも3年位は使用できるので、例えば7枚購入して3年使えば11000円お財布に残ります(紙ナプキンは3年間で18000円)


私たち一人一人が自分の身体を守らなくてはもはや現代社会で生き抜くことは不可能と言っても過言ではありません。
不自然なものから少し距離をおく。
そんな生活を心がけることが、あなたの体そして心の声に耳を澄ませる初めの1歩になります。

「あなたの毎日の小さな選択が、未来のあなたを大きく変える」
今のあなたができること、今日から出来ることは何ですか?





匿名希望
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

「闘将星野に続くことわずか4ヶ月未満で鉄人衣笠選手もガンに倒れる」 !!!


日本の国家予算100兆円医療費40兆円でそのうち厚労省発表で10兆円がガンの医療費である。
ほんとうは超高価な抗がん剤や遺伝子治療や放射線治療を厚労省に認可させるための莫大な金を使ったロビイ活動がなされており、
これらの高額治療が開発で消費する電力料金(原子力ムラ)その他を補助金で賄っていることを併せて勘案換算すれば実質ガン医療費は20兆円弱になっている。

これほどの巨額を毎年治療研究に費やしているとしたら、普通の国ならとっくの昔にガンなど消えうせてしまっているはずだが、
日本厚労省保険医療死因統計では毎年成人のガンによる死亡が激増して昨年はついに死因統計が始まって以来初めてガンが成人死因の第1位となった。
いまや成人国民の3人に1人以上がガンで天寿を全うできずに亡くなってしまうのである。それも、唐突に。

一体世界唯一の被爆国日本の厚労省医政局保険医療のガン治療研究医学界はなにをやっているのか。恥を知れと思う。

奇跡体験アンビリーバボー!のユーチューブを紹介する。みんな見てね。

h
ttps://www.youtube.com/watch?v=NLIGGlboPWo

これは山がもたらした奇蹟などでは無い。
日本の病院の厚労省ガイドライン抗がん治療をすべて止めて日本脱出したら一発で治った実録である。

日本のガン医療は治療と称して毎年18兆円もの医療費を国民から治療費と称して詐取して、ただただガンで死亡する成人を激増させている。
日本厚労省医政局役人の言いなりのガン医療に従事して日本中の成人をガンで夭逝させ続けている日本厚労省医師免許医師は、患者の病を治すべきなのに逆に巨額の治療費をかけて匙を投げ余命宣告しているだけではないか。

厚労省が押しつけるガン治療を止めてヒマラヤに登ってガンを本当にきれいさっぱり治したこの人に日本のガン専門医者は何て言うのか聞きたいものだ。

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R