忍者ブログ

【死に食】安さの裏にあるもの

食卓の向こう側
安さの裏にあるものは・・
━━━━━━━━━━━

コロッケ1個 20円。

「なんでこんな値段でできると?」

福岡市内のスーパーの総菜コーナーで、主婦の副島智美(43)は驚きの声を上げた。

副島はパートで、きんぴらごぼうなど家庭料理を提供する総菜店で働く。

そこで作るコロッケはジャガイモをゆで、いためたタマネギ、ひき肉などを入れる手作り。

1個 130円。材料費や自分の時給を計算するとぎりぎりの値段だ。


「外国で作るから安いのか。どうやったら、この価格になるんだろ」

疑問が膨らむ。

「要望に合わせ、それなりの商品をつくる。それがプロの技」

かつて食品添加物を扱う商社のトップセールスマンとして、さまざまな食品の開発に携わった
安部 司氏(52)は言う。

安部氏が明かすテクニック。

あるスーパーから特売用の肉団子(いわゆるミートボール)を頼まれたケースでは…。

普通のミンチは使えないから、牛の骨部分に付いている肉を削り取った端肉(はにく)をもとに、
大豆たんぱく(人造肉)で増量し、欠ける風味は香料(フレーバー)で補う。

次に歯触りを滑らかにする加工でんぷんや油を加えるが、それと引き換えに失う粘りは結着剤で
カバー。

油をなじませる乳化剤、色あせを防ぐ酸化防止剤、さらに着色料、保存料、肉エキス、
うま味調味料…。

肉団子にからめるソースは、氷酢酸やグルタミン酸ソーダなどで、ケチャップはトマトペースト
や酸味料などでこしらえ、真空パックで加熱殺菌。20種以上の添加物を使い、子どもが喜ぶ味
(軟らかくて味が濃く、3口でのみ込める)で、常温保存が利く商品に仕上げる。

「もちろん、まじめなメーカーもある。
 でも、あなたがコーヒーに入れた小カップのミルク。
 植物油に添加物を加えて白く乳化させたものかもしれません」

と安部氏。

便利だが、どこか奇妙な「フェイク(もどき)食品」。
筒状のゆで卵、通称「ロングエッグ」も、その仲間。
輪切りすると、金太郎あめのようにどれも黄身と白身が均等。

ピザや、外食・中食の野菜サラダの付け合わせなど「見栄えのいい」ゆで卵の中央部分だけが欲し
い業者用に開発された。生卵の黄身と白身を分離して加工。

学校給食でも、メニューに生野菜があったころはよく使われたという。

こうした食品は、消費者を喜ばせたいメーカーの思惑から生まれたのか、それとも消費者のニーズ
がメーカーを動かしたのか。

それはまさに、卵が先か鶏が先か、の関係のように見える。

『自分は業界と消費者の救いの神』

と信じていた安部は、開発した肉団子を「おいしい」と食べるわが子の姿に衝撃を受けた。

「おれんとこのは食べるなよ」

そう忠告する取引先の食品加工工場長と自分が同じことに気付き、会社を辞めた。

今、国産の自然塩を扱う傍ら、無添加食品を広める活動をしている安部は問いかける。

「なぜその値段でできるのか、なぜカット野菜の切り口は茶色くならないのか…。


 消費者が素朴な疑問を持たなければ、いい食品は生まれない」

引用先 → リンク



匿名希望
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード