忍者ブログ

「培養肉」か、それとも「クリーンミート」と呼ぶべきか? 白熱するネーミング論争②

~続き~

■名称が「培養肉」から「クリーンミート」へと変わった理由
米畜産協会のように、食肉処理によって生産された肉と実験室で育った肉を明確に言葉で分けたいと考える人々もいる。しかし、より広い視野で食肉業界を見渡してみると、業界内には、食肉処理の必要のないタンパク質の最大の支持者もいる。

米精肉最大手のタイソン・フーズは18年1月、サンフランシスコの食品技術スタートアップ企業、メンフィス・ミーツに出資した。いわゆる「培養肉と植物由来のタンパク質」関連の事業に並々ならぬ熱意で取り組む意向を表明したのだ。

一方、スタートアップ企業や非営利団体の大部分は、別の名前を取り入れている。それが「クリーンミート」だ。

非営利団体(NPO)のグッド・フード・インスティテュート(GFI)は、動物質を含まない肉や卵、乳製品などの代替食品を支持している。共同創立者で事務局長を務めるブルース・フリードリッヒはこの名称の発案者ではないものの、ラボで育った動物肉の呼び名を確立しようと尽力してきた。

フリードリッヒによれば、16年後半には動物性素材を使わない食品の分野はまだ開発途上にあり、まだ多くの人が「培養肉」という言葉を使っていた。それがいまや食品業界では、「クリーンミート」という名称がすでに強い存在感を示している。

「業界の人々は、培養肉という名前に戸惑っていました」とフリードリッヒは言う。消費者にとって「培養」という言葉はプロバイオティクスヨーグルトを思い起こさせるし、農業ではタンクや生け簀で育った魚をイメージさせやすいからだ。

■「ラボ肉パティのハンバーガー」がスーパーに並ぶ日
「人道的で動物に優しい肉」などといった名称の候補を外したあと、GFIは消費者に調査を行い、どのような品名が好まれるのかを探ろうとした。最も多くの支持を集めたのが「クリーンミート」だった。バース大学の研究者であるブライアントの研究や、そのほかの数々の研究でもともと使われていた名前が、改めて採用されたのだ。

クリーンミートという呼び名は、いまゆっくりと定着してきている。フリードリッヒも「メディア討論の場でも、『培養肉』よりもはるかに一般的な名称になっています」と話す。

ブライアントが最も重要視するのは、クリーンミートが本物の「肉」と認定されることだ。研究室で生産された肉を使ったハンバーガーが、スーパーマーケットの冷蔵食品棚に陳列された“伝統的な”ハンバーガーの隣に並ぶ日が来れば、それは何を意味するだろうか。2つの製品にあまり差のないことを、消費者に暗に伝えることになるのだ。

「肉と分類されれば、肉以外の何かとして分類されたときよりも、はるかに多くの需要をもたらすでしょう。しかし、肉以外のものとして分類されても、悲惨な結果をもたらすとは考えていません」とブライアントは言う。

だが不可解なことに、研究室育ちの肉はいまだに普及していない。フリードリッヒは「植物由来の食品からつくられた“肉”も肉として扱えるはずです」と話し、“植物肉”の開発を手がけるサンフランシスコのインポッシブル・フーズの「インポッシブル・バーガー」を例に挙げた。同社のパティは見たところ、血の滴る肉に限りなく近い。

「肉のなかに存在する成分は、すべて植物にも存在します」とフリードリッヒは言う。脂質、アミノ酸、ミネラル、水、すべてがパティのなかに散りばめられ、本物の肉のような味をつくり出す。肉と呼べない理由など、もはやどこにもないはずだ。





A.i
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

ブログ内検索

P R