忍者ブログ

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかにリンクから転載します。
_________________________________

カナダ・トロント大学と他の大学の研究者たちによる新しい研究によると、妊娠中の女性の尿中のフッ化物(フッ素)濃度の上昇は、学齢期の子どもの ADHD 様症状の増加と強く関連していることがわかった。この研究は、1994年から2005年にかけて、メキシコシティに住む母親と子どものペア 213人のデータを、女性が妊娠して子どもが成長するまでを追跡し分析した。研究者のひとりであるトロント大学のモルテザ・バシャッシュ(Morteza Bashash)氏は、研究の結果について以下のように述べる。

「今回の調査結果は、母親の胎内で成長する胎児の神経系が、高いレベルのフッ化物の暴露によって悪影響を受ける可能性があるという証拠が最近増加していることと一致しています」

水道水および歯科用製品においては、虫歯を予防するためという目的のために 60年以上にわたり、カナダと米国の数々の地域でフッ素化されている。他の国では、牛乳や食塩もフッ素化されている場合がある。しかし、近年では、水道水のフッ素化の安全性に関する激しい議論、特に子どもの脳の発達に対してフッ素が与える影響について、研究者たちが問題を探究しており、アメリカでも、国の飲料水に添加するフッ素の基準を示す証拠を提供するよう促している。

この研究の研究チームは、トロント大学とヨーク大学(共にカナダ)、そして、メキシコ公衆衛生研究所、ミシガン大学、インディアナ大学、ワシントン大学、ハーバード大学(以上、アメリカ)の専門家たちが含まれており、母親から得られた尿サンプルを分析し、その母親から生まれた 6歳から12歳の子どもたちの成長を追跡した。

研究者たちは、子どもたちの注意欠陥と多動性について測定し、ADHD (注意欠陥・多動性障害)に関連する総合スコアが提示される様々なテストとアンケートによって、子どもたちの認知力と、母親の妊娠中のフッ化物濃度のレベルの相関関係を分析した。

その際に同時に、出産時の妊娠年齢、出生時の誕生日、性別、妊婦の婚姻状態、喫煙歴、教育と経済状態および鉛への暴露など、神経発達に影響を及ぼすことが知られている他の因子についても分析した。

バシャッシュ氏は以下のように言う。

「私たちの今回の研究による知見によれば、出生前にフッ化物と曝露した子どもたちは、学童期年齢後期までに ADHD の症状を呈する可能性が高いことが示されています。 胎内でフッ化物にさらされることは、その子どもの注意力の欠如や、認知的な問題を持つことと強く関連していました」

ADHD は、小児期に診断される最も一般的な精神障害であり、全就学年齢の子どもの 5〜 9%に影響を及ぼしている。ヨーク大学の心理学准教授であり、この研究の共同著者クリスタイン・ティル(Christine Till)氏は、「 ADHD の症状は成人期まで持続することが多く、日常生活で害を及ぼすことがあるのです」と言う。
_________________________________






匿名希望
PR

癌が発生しやすい場所=化学物質が蓄積しやすい場所

皮膚から発ガン物質が吸収されている。
リンク より

皮膚は自然界にあるさまざまな物質が、無断侵入しないように工夫してくれているが、予想外の事態が発生。
それは、科学に進歩と称して、やたらに石油化合物による合成化学物質を製造し多くのものに使用し始めたこと。

この合成化学物質の代表的物質が「ラウリル硫酸ナトリューム」。
そして相棒である溶解剤の代表的物質は「プロピレングリコール」。
(専門的には略称の「PG」で表されている。)
日本の企業は、このラウリル硫酸ナトリュームとPGが大好きなようである。
多くの日用品に混入され、販売されている。

大多数の日本人は、この2種類の有害化学物質と毎日戦っているが、皮膚には想定外のため負け続けている。そしてこの荒らされた皮膚からは、他の化学物質も混乱に乗じて侵入。
皮膚から進入した化学物質は油の成分であるため、体内で約70%の水分には溶けない。

ではどこに行くか?「体内にある脂肪分」に溶け込み蓄積。
体中を駆け巡りさまざまな油分に届けられ蓄積。
人の体の中には多くの脂肪の塊が存在している。一番範囲の広いのは皮下脂肪でたまりやすい。次は臓器(腎臓・肝臓・膵臓・脾臓・心臓・胃)などに蓄積されそれぞれの活動機能を低下もしくは破壊してしまう。
そして女性は性器や乳に多く蓄積する。男性は前立腺が比較的蓄積しやすい。
そして全ての人に影響が大きい、「脳」への蓄積が行われる。

化学物質が蓄積しやすい場所(脂肪の塊が存在している場所)
・皮膚
・腎臓、肝臓、膵臓、脾臓、心臓、胃
・女性は性器や乳
・男性は前立腺

癌が発生しやすい場所=化学物質が蓄積しやすい場所

■経皮吸収のメカニズム
経皮吸収が起こる一番大きな原因は、その物質が脂肪に溶けやすいということは前項で述べた。分子量の大きさもひとつの条件である。ただし、分子量が小さくても物質が持っている科学的な性質によっては、皮膚の表面ではじかれてしまうこともある。

次に量も問題で、皮膚に接する量が多いほど経皮吸収は起こりやすいが、一定の限界があり温度・濃度・接する場所などでも変わってくる。これらを理解するうえで、皮膚の仕組みを知ってほしい。

私たちの皮膚は、表面が表皮と呼ばれる部分で出来ている。薄い皮の部分と考えればよい。

この表皮が外部に存在するさまざまな物質の侵入を防いでいる。
表皮には毛穴の近くに存在する、皮脂腺から常に脂肪分が分泌されている。
これは薄いワックスをかけた状態とイメージしてほしい。

この表皮は幾つかの細胞組織の層で出来ている。その細胞層の中で一番活躍しているのが角質層で、角質細胞と呼ばれる特別な細胞で出来ている。この角質細胞は常に新しい細胞が誕生し、古い細胞が剥がれ落ちるようになっていて、人間の体を守る最前線の守備軍団で、人間に有害な物質が侵入しようとするとき、まず角質細胞が防いでくれる。
もちろん衝撃や温度差にも対応してくれる。

私たちは、この角質細胞の働きで、自然界に存在する有害な物質を皮膚から吸収しないようにしている。この角質層を含む表皮の下に真皮と呼ばれる組織がある。この組織はタンパク質であるコラーゲンが多い。

よく、化粧品にコラーゲン入りが紹介されているが、本当のコラーゲンは高分子のため角質層を通過することは考えられない。真皮にコラーゲンが多いのは、細胞と細胞をつなぐ役割や、クッションの役割をしているためで、皮膚の弾力や張りは、コラーゲンの多い真皮によって守られることになる。

この真皮の下に、脂肪で出来た皮下組織が存在する。そして真皮や皮下組織には細かい血管やリンパ管が存在し、体内の各器官と直結する仕組みになっている。

実はこのことが、経皮吸収による問題発生の一番大きな原因になっているのである。
こうした中で「経皮吸収毒性」が叫ばれてきたと言うことになる。
しかしいつの時代にも起こりうることだが、こうしたことを批判の矢面に受けたくない大企業や研究者たちは不都合を隠すべくさまざまな手段で取り除こうと必死である。

このように皮膚は自然界にあるさまざまな物質が無断侵入しないように工夫してくれているが、予想外の事態が発生してきています。
それは、科学に進歩と称して、やたらに石油化合物による合成化学物質を製造し多くのものに使用し始めたことです。

皮膚に一番困ったことは、強力な合成界面活性剤と溶解剤と呼ばれる物質が登場したことです。この2種類の物質は皮膚にとって一大事件となったのです。

まず、強力な合成界面活性剤は、ワックスの役割をしてくれている薄い脂肪の膜を
綺麗に剥ぎ取ってしまう。しかも、分子量が小さいため、角質層にも侵入してくる。
その上侵入の際に強力な相棒である溶解剤と呼ばれる合成化学物質を連れてくる。
皮膚の一番のダメージは、この2種を同時使用されることが一番大きなダメージで、全てといっても良いほど皮膚病(アレルギー性皮膚炎)の第一原因であると考えられつつあり、これを避けることが、皮膚病の改善策とまで言われ始めている。
この合成界面活性剤と呼ばれる代表的物質が「ラウリル硫酸ナトリューム」である。
そして相棒である溶解剤の代表的物質は「プロピレングリコール」である。
専門的には略称の「PG」で表されている。

日本の企業は、このラウリル硫酸ナトリュームとPGが大好きなようである。
多くの日用品に混入され、販売されている。
大多数の日本人は、この2種類の有害化学物質と毎日戦っているが、皮膚には想定外のため負け続けている。
そしてこの荒らされた皮膚からは、他の化学物質も混乱に乗じて侵入してくる。
ゆえに皮膚にとって一大事件と表現している。

これが多くの不明な病気が多発している原因である。アトピー・アレルギーの皮膚病に始まり、内臓・血液はては脳にまで被害が及んでいることを知ってほしい。
毎日繰り返されることを当たり前と思わずに、「安全」を見直し、子どもたちを守ってほしい。
「何を買って何を使おうと自由だ」と言うあなたにも、同じ自由なら「安全」なものを使用する自由を選択してほしい。

(引用終わり)



中村英起

世界の食塩90%がプラスチックにより汚染

我々の食卓でもおなじみの食塩ですが、世界で流通している食塩の90%がプラスチックに汚染されているようです。人間のプラスチック大量投棄などの環境破壊が大きな原因です。世界は、自らが引き起こした問題で自分たちの首を絞めている状況です。

以下引用

世界の海洋のプラスチック汚染の深刻さが報じられるなかで、我々の食卓でおなじみの食塩も、プラスチックに汚染されていることが分かった。

新たな研究結果によると、世界で販売されている食塩の90%以上にプラスチックが含まれており、汚染レベルが最も高いのは海水から作られた食塩だった。しかし、岩塩からもマイクロプラスチックが発見されたという。

学術ジャーナルの「Environmental Science & Technology」で公開された論文によると、39の食塩のブランドを調査した結果、プラスチックを全く含まないブランドはわずか3つだったという。

問題が深刻なのは、海や湖の水から生成された食塩だけでなく、岩塩からもプラスチックが見つかったことだ。岩塩の一部は、塩分を多く含む湖の水分が蒸発して固まった塩の結晶から精製されている。

論文の執筆者である韓国の仁川大学のKim Seung-Kyu教授は「プラスチックの大量投棄が、人々が食品からマイクロプラスチックを摂取してしまう事態を引き起こしている」と述べた。

「被害を抑えるために、プラスチックごみの処理方法を改める必要がある。最も有効な対策はプラスチックごみの排出量を少なくすることだ」とKim教授は述べた。

マイクロプラスチックは、ボトル入りのミネラルウォーターの多くからも見つかっている。また、英国のカーディフ大学の研究によると、イギリスのサウスウェールズ地方の川に住む、水生昆虫の約半数の体内から、マイクロプラスチックが発見された。

世界各地で、海からプラスチックを除去する試みが続けられている一方で、生物分解性を持つプラスチックへの期待も高まっている。しかし、既に莫大な量のプラスチックが海や川、そして湖を汚染しているのが現実だ。

マイクロプラスチックには、PCBやダイオキシンなどの発がん性物質を吸着しやすい性質があり、今後はこれらを取り除くテクノロジーの需要が高まることも考えられる。



匿名希望

最も危険な人工甘味料のアスパルテームは人口削減のために使用されている

生物の内、ガンが主な死亡原因になっているのは人間だけ。それも、この50年で急増している。それを、体内に取り込むルートは、食品添加物として経口で。医薬品として、経口や注射で。排ガスなどの毒物は呼吸から。

この内、食品添加物の人工甘味料であるアスパルテームも、殺鼠剤になる系列の化学物質で、長期間にわたりアスパルテームを摂取し続けると、多発性硬化症、てんかん、パーキンソン病、アルツハイマー、癌などを発症する恐れがあり、食品添加物による副作用の75%以上がアスパルテームによるものとも言われている。

そしてそれは、人口削減のために使用されている。
/////////////////////////////////////////////////////////////
(リンク)

FDA米食品医薬品局は人工甘味料のアスパルテームが人体に有害であることを決して認めようとしません。しかしMission Possible World Health Internationalの創設者のベッティ・マーティ二博士によると、FDAはアスパルテームが世界の人口削減に使われていることを大筋で公認しているそうです。

2000年にマーティ二博士は、健康を害するアスパルテームを食品に使うことを禁止することを求める市民の請願書をFDAに提出しました。法律ではFDAは180日以内に市民の請願書に対応しなければなりませんがFDAは9年間何の対応もしませんでした。

深夜、マーティ二博士はFDAからの電話に、なぜこの9年間アスパルテームによる健康被害が世界中に広がっているのに何も対応してこなかったのかと問いました。するとFDAの担当者は、「だから何だ。我々は世界の人口を削減する必要がある。」と答えたのです。
ディープステートの人口削減計画に関してはこちらから: Depopulation.news.

1980年にFDAはアスパルテームを人工甘味料として使うことを認可しました。その結果、アスパルテームは世界中で販売されている様々な食べ物や飲み物に使われるようになりました。アスパルテームはファイザー製薬会社が天然に存在する2種類のアミノ酸(アスパラギン酸とフェニルアラニン)で作ったものです。

元来、アスパルテームは化学兵器として考え出されたものでした。ですからそれを食品に使えるなど考えられませんでした。しかし科学者らがアスパルテームの甘味に気が付いたため食品にも使われるようになりました。

最初にアスパルテームを人工甘味料として製造したのはサール社(アメリカ合衆国に存在した健康科学、薬剤、農業、動物の健康を専門とした企業。2003年にファイザー社に買収される。)でした。以降、アスパルテームが様々なダイエット食品に添加されるようになりました。

しかし実際はアスパルテームはセルラー・ミトコンドリアを損傷する致死的な神経毒なのです。ラッセル・ブレイロック医学博士(神経外科医兼大学の教授)は、アスパルテームは、慢性頭痛、めまい、吐き気、しびれ、記憶障害、発作、視力障害、突然死などを引き起こす恐れがあります。長期間にわたりアスパルテームを摂取し続けると、多発性硬化症、てんかん、パーキンソン病、アルツハイマー、癌などを発症する恐れがあります。

アスパルテームは存在する食品添加物の中で最も危険な添加物です。マーク・ステングラー自然療法医師によると、食品添加物による副作用の75%以上がアスパルテームによるものです。脳内神経伝達物質に悪影響を与えるアスパルテームは脳神経細胞を刺激し自滅させてしまいまし。このような理由からアスパルテームは脳にダメージを与える興奮性毒として分類されています。

アスパルテームをメタノールの状態まで分解すると、殺鼠剤になりますから発がん物質でもあるのです。大量のアスパルテームを摂取している人の中には米環境保護庁が推奨する安全基準値の30倍以上のアスパルテームを摂取している人がいます。このような人は耳鳴り、めまい、寒気、記憶力低下、視力低下などの症状が現れる恐れがあります。

マーティ二博士によると、900以上の研究が行われた結果、アスパルテームは人間の食品に使用するにはあまりにも危険すぎることが分かりました。 米国癌協会の公式ウェブサイトには、アスパルテームは発がん性物質でありリンパ腫や白血病になるリスクを高めると記載されています。





本田真吾

有機リン系農薬が行動障害・認知症・神経発達障害の原因

10月24日付ガーディアン紙によると、妊娠中の胎児がリン酸エステルに晒された場合に行動障害・認知症・神経発達障害の原因になることを示す有力な証拠が見つかったという。

以下大意引用
リンク

毒物学の専門家によると、農薬があらゆる子供たちや妊婦の健康を脅かしている証拠が明らかになったという。

”Plos Medicine”に掲載された論文(※)によると、有機リン酸塩(OP)への曝露は、知的障害・記憶および注意欠陥、および出生前児の自閉症のリスクを高めるという。
※Organophosphate exposures during pregnancy and child neurodevelopment: Recommendations for essential policy reforms(リンク )

有機リン農薬は毎年24の欧州の諸国で1万トン以上が散布されている。米国連邦裁判所で禁止されているクロルピリホスは最もポピュラーな殺虫剤の一つである。

UC Davis環境保健科学センターの責任者であるIrva Hertz-Picciottoは次のよう述べた。「非常に低レベルの農薬摂取を受けた妊婦被験者であっても一生続く可能性のある発達障害と有意な関連があるという研究結果を得た。クロルピリホスだけでなく有機リン系農薬も禁止するべきと考えます」

有機リンに関するデータ・文献のメタレビューは、71カ国をカバーする国連データベースやその他の研究資料を用いて、疫学的スコアとクロスリファレンスが行われた。

この過程で、米国規制当局は、人間の健康に有害であるとされる40種の有機リン農薬のうち26種がすでに禁止されていることが判明した。ヨーロッパでは39種類中33種が禁止されている。

しかしながら国連の推定によると、世界中では毎年20万人が農薬中毒で死亡しており、そのうち99%が開発途上国の人間である。さらに毎年11万人が農薬で自殺している。

(中略)

同紙の共著者の一人でバンクーバーのサイモン・フレイザー大学の科学者であるブルース・ランパール(Bruce Lanphear)は次のように述べる。
「子供たちが有機リン系農薬が暴露されて安全であるレベルは存在しない。胎児の段階で有機リン系農薬は脳を破壊しており、学習・記憶・注意障害、学齢で発現する症状についても追跡中である。政府関係者は農薬会社のロビーストではなく、こうした研究に注意を払ってほしい」

有機リン化合物への高ばく露は、急性中毒に至ることが長い間知られている。有機リンは1930から40年代に神経ガス剤で使用するために開発された.サリンは最も有名なものの1つで、後に低用量で農薬として使用するように改造された。

1965年にダウ・ケミカルズは、庭園や野外での殺虫剤としてクロルピリホスを導入た。しかし、研究によって胎児の神経発達の危険性をもたらす懸念が高まったため、2000年には米国で家庭内での使用が禁止されまた。

この報告書の共同研究者の一人であるコロンビア大学の子ども環境保健センターのロビン・ワット教授によると、

「有機リンによって引き起こされる子どものIQの減少は5〜6ポイントという巨大なインパクトをもたらす。問題は、これだけ有機リン系農薬が普及してしまっている状況では未暴露の人が少なく、IQの分布に偏りが生じることである。子供の能力の潜在的な可能性の観点から、社会に非常に大きな経済的影響を与える可能性がある。」

(中略)

彼女は、「果物や野菜が豊富な食事は健康にとって重要であり、この論文によっても影響されない」と強調した。人々は有機または無農薬食品を購入することで自分自身を守ることができる。流水で洗うだけでも残留農薬は減らすことができる。

ヨーロッパの有機リン事業の主な生産者には、バイエル・モンサント、シンジェンタ、デュポンなどがある。

(後略)





渡辺卓郎

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

ブログ内検索

P R