忍者ブログ

コンビニ弁当の「マヨネーズ」は食べてはいけない!原料の「リン酸」と「加工デンプン」が危険

今まで好んで食べてきたコンビニのマヨネーズ系食品。
おいしいですよね!
しかし、危険なのです。皆さんお見知り置きを!

-------------------
■コンビニ弁当のマヨネーズは全部が「マヨネーズもどき」だ!

 正式名称は「半固体状ドレッシング」といい、食用植物油脂(パーム油が主成分)、砂糖類(水あめ、麦芽糖、砂糖)、醸造酢、卵黄、食塩、食物繊維、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物を原材料として製造されています。

 「本物のマヨネーズを使うとコストがかかってしょうがない。代替品はできないか」という、コンビニチェーンなどからの要望で開発されたのが、このマヨネーズもどきです。

 そこで、極力、コストのかかる「生卵」を原料に使わず、安い「パーム油主体のサラダ油」と「添加物マジック」で、限りなくマヨネーズに近づけたのが半固体状ドレッシングです。卵黄は安い中国製の輸入粉末卵黄が使用されています。

調味料(アミノ酸等)の表記は「リン酸塩隠し」

 添加物の中でもいちばんのウエイトを占めるのが、味を付ける「調味料(アミノ酸等)」です。調味料(アミノ酸等)には化学調味料のグルタミン酸ナトリウムが使われていますが、原材料名表示されている調味料(アミノ酸等)には、10品目近くの添加物が使われています。

 食品衛生法で調味料(アミノ酸等)として使用が認められている添加物は、グルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウムなどの化学調味料のほか、体内のカルシウムの働きを阻害する「リン酸塩」も調味料(アミノ酸等)に使っていいことになっています。そのため「リン酸塩隠し」としても調味料(アミノ酸等)は利用されています。

 リン酸塩を使うと、増量効果が出るほか、保存性も高まります。しかしリン酸塩の害は、消費者に広く知られており、その使用をできるだけ隠したいというのがコンビニや食品メーカーの本音です。

 ちなみに、化学調味料の王様である「グルタミン酸ナトリウム」は、弘前大学医学部のラットの実験で、市販の化学調味料(うまみ調味料)をたくさん食べたラットほど「緑内障」に罹る率が高まるとの結果が出ています。緑内障は日本では失明原因のトップです。化学調味料との関連が気になるところです。

粘り気を与え滑らかな食感にする「加工デンプン」にも注意

 マヨネーズもどきに不可欠なのが「増粘多糖類」。これは食品に粘り気を与え、滑らかな食感にする添加物です。2種類以上の添加物が増粘剤として使用されている場合、物質名は省略されて「増粘多糖類」と一括で表示されます。

 ハム・ソーセージなど肉加工品では、肉の保水性や結着性を高める目的で添加されています。増粘剤にはアルギン酸ナトリウム、カゼイン酸ナトリウム、繊維素グリコール酸ナトリウム(CMC)、加工デンプンなどが一般的に使用されています。特に注意が必要なのは「加工デンプン」です。

 加工デンプンは2007年に11品目が食品添加物に指定されましたが、欧州食品科学委員会(SCF)は、そのうち2品目(「ヒドロキシプロピル化リン酸架橋でんぷん」と「ヒドロキシプロピルでんぷん」)について、乳幼児用食品には用いるべきではないと警告しています。その理由は「製造工程で使われる化学物質のプロピレンオキシドは、遺伝毒性のある発がん物質であることが否定できない」というものです。

 増粘多糖類でどの加工デンプンを使っても表示はされませんので、消費者には分かりません。また、単独で増粘剤として使用されている場合、加工デンプンと表示されますが、これも一括表示ですので具体的物質名は不明です。加工デンプンと表示されてあれば、その加工食品の摂取はやめるべきです。

 香辛料抽出物は香辛料から酸味とか辛味の有効成分のみを抽出した添加物で、少量で非常に強い効果があります。その上、コストがかかりません。しかし、アレルギーなど人体への悪影響がある添加物です。

 このように「マヨネーズもどき」は危険な調味料ですので、ですからコンビニ弁当を食べる際は、弁当に付いているマヨネーズだけは食べないようにしたほうが賢明です。


以上、リンク より転載
-------------------

怖いですね!
しかし、今日もマヨネーズ食べてしまうかも・・・。



川内麻生
PR

化学生成の窒素肥料、残留し蓄積する硝酸塩の危険性

現在、化学肥料としてメジャーな「窒素肥料」ですが、その残留物質の危険性が指摘されています。

窒素は空気中に多量にあるのですが、非常に安定した(化学変化が起き難い)物質であるため、植物はこれを有効に取り入れる事ができません。なんらかの状態で窒素がアンモニア等の状態で存在すれば、これを取り入れる事ができます。

唯一マメ科の植物は、その「根粒」の中に共生する細菌が、空気中の窒素からアンモニア等を生成しこれを取り入れる事できるので、かつては、田んぼにレンゲを生やしたり、畦に豆を植えて田んぼの肥料としてきました。

この貴重な窒素肥料分ですが、化学生成の窒素肥料の出現によって一気に大量に窒素肥料を植物に投与することができるようになったことから、野菜はその生産量が劇的に上昇、しかし、その有害な成分が野菜と土壌に蓄積されています。


「道元の教えに学ぶロハスデザイン」
リンク
より引用します。

◆硝酸塩の危険性
 
■硝酸塩とは
「硝酸塩」と「亜硝酸」。一般にはあまりなじみのない物質だろう。
野菜を育てるには窒素成分が必要で、そのために窒素肥料を投入する。野菜がそれを吸収し生長する。それまでの過程で、窒素成分はさまざまな形に変化するが、最終的には亜硝酸に変化する。
これは、ガンを誘発するなど人体に極めて有害な物資なのである。しかも、日本に野菜に含まれる硝酸塩濃度は、手遅れになりかねないほどの危険レベルに達しているのだ。

■死者160人
農業生産の三大肥料は、窒素、リン、カリである。本書で問題にしている硝酸塩は、まさにこの窒素肥料から派生する。窒素は、もともと空気中にも土壌にも存在し、家畜や人の糞からも発生する。植物の発育には欠かせない栄養素だが、窒素肥料を過剰に投入した場合に問題となる。窒素肥料はまず野菜に取り込まれ、その野菜を食べることで人間のからだに入る。その過程で、硝酸塩、亜硝酸などに変化する。話が分かりにくくなるので、ここでは「窒素成分からなる硝酸塩」あるいは「硝酸」とだけ認識していただければと思う。

硝酸塩は、ごく普通の健康体であれば、一定量は小水として排泄されてしまうが、多量に摂取すると排泄が間に合わず体内に残留してしまう。イギリス農業政策研究会の報告書によれば、人間が硝酸を摂取するのは、飲料水から70%、野菜から21%、肉及び肉調製品から6.3%となっている。大半が水と野菜からだといっていいだろう。
 
硝酸塩は身近なところでは、ハムやソーセージの発色剤などの食品添加物として使われている。
そして、硝酸塩を体内に取り入れたために、死亡事故も起きている。WHOによれば、第二次世界大戦後から1986年までに約2000件の中毒事故があり、160人の乳幼児が死亡している。1950年代から1965年ごろにかけて、欧米ではホウレンソウが原因で乳幼児の中毒事件が相次いだが、なかでも1956年にアメリカで起きたブルーベビー事件は全世界に衝撃を与えた。

裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、赤ん坊は真っ青になり30分もしないうちに死亡に至ったのである。278人の赤ん坊がこの中毒にかかり、そのうち39名が死亡した。大量に使用された化学肥料が地下浸透し、高濃度の硝酸塩を含んだ生活用水の井戸水でつくったミルクを飲むことで、この中毒が起こった例もある。その後、全米で1060の症例が報告され、83の論文に死亡例が出ている。
ホウレンソウと水が赤ん坊を殺したのだ。

■ガン、酸欠、アルツハイマーを引き起こす硝酸塩
硝酸塩が体内に入ると亜硝酸塩に還元される。胃の中で肉や魚に含まれるアミンと結合してニトロソアミンという発ガン物質をつくってしまう。そればかりか、硝酸塩は血液に入るとヘモグロビンの鉄分を酸化させ、血液が酸素を運べなくなる。

そうなれば酸欠状態になってしまう。特に危険なのは、硝酸還元菌を殺す胃液が充分に分泌されない乳幼児で、ブルーベビー事件はこのために起こったものだ。小さなお子さんをもつお母さんたちは、この問題の重要性をもっと認識すべきではないだろうか。



田村正道

沈黙の春の主役「DDT」が最も古い化学物質のアレルギー

環境汚染物質が、親から子、子から孫へと蓄積されていく。当時は夢の材料であったDDT、ダイオキシン、アスベストが、今では禁止物質。このような人工物質が大量に現在蔓延している疑いが濃厚だ。

すこやかの庄 より転載です。
リンク

------------------------------------------------
■2015/08/21 沈黙の春の主役「DDT」が最も古い化学物質のアレルギー
アレルゲン探索の旅は、いよいよ大詰めに差しかかって来ました。前の記事で、約半世紀前の枯葉剤やダイオキシンによる環境汚染の事を書きましたが、それよりもう少し前に、もう一つ忘れてはならない環境汚染があったのです。それは、「DDT」でした。

DDTによる環境汚染は世界的規模で進行し、その為に早くから生態系への悪影響が指摘されていました。その為に、日本においては、比較的早く1971年に全面的な販売停止となっていますので、日本人の記憶の中からは、もう消え去っているかも知れません。しかし、頭の中の記憶から消え去ったとしても、身体の中にはアレルギーとしてしっかり残っていたのです。

殺虫剤DDTの歴史
リンク

(転載開始)

DDTの誕生
 DDT自体は 1873年に合成されていたそうです。 1930年代になってスイスのガイギー社のミュラーを中心とする研究グループは繊維の防虫剤を研究する課程でDDTに強い殺虫性があることを発見して農業用・防疫用殺虫剤として商品化を目指しました。DDTの高い殺虫活性が戦場における疫病の回避に役立ち、兵士の健康を維持できることを知った英米は1943年頃にDDTを工業化し、蚊によって媒介されるマラリアの患者を激減させることに成功しました。このことがDDTを世界に知らしめたきっかけです。

 この功績により1948年にはミュラーにノーベル賞が贈られています。

 終戦後、日本に入ってきたアメリカ軍はチフスやシラミの撲滅のため、日本人の身体に真っ白になるほどDDTをかけてまわります。街が破壊され衛生状況の悪くなった日本において、数万人規模で死者が出ると予想されたチフスの予防に成功し、1950年代にはチフスは日本では見られなくなりました。このことが日本人にとっていかに重要なことであったかは当時の記事などをみるとわかります。

DDTの力に過大な期待をいだいたアメリカ
 DDTの製造には、化学工業から副生してくる塩素を利用するので安価に大量生産できました。DDTという武器を手に入れたアメリカは国内の森林保護を目的に葉を食い荒らすマイマイガや家屋への侵入が問題になっていたファイヤーアントの撲滅計画に乗り出しました。連年、大量のDDTが森林にまかれ害虫による被害は減りました。しかし、決して根絶することはできなかったのです。自然はそんなに甘いモノではありません。そこで、さらなる散布の徹底を目指し、DDTの使用量は増えていきます。

 また、カやハエが発生したという些細なクレームにも役所は湖にDDTを流し込むなどの方法で対応しました。住民も害虫問題が解決するので、そのことを望んでいました。

 その結果、使用開始から30年の間に全世界で300万トン以上に及ぶDDTが散布されたと推定されます。地球表面全てがうっすらと白くなるほどの量だそうです。

サイレントスプリング
 これほど大量にまいても当時の人たちは害が起こるとは全く思っていなかったようです。しかし、ごく一部の生理学者たちは1950年頃にはすでにDDTによる野生生物への影響が出ていることや、魚や鳥にDDTが蓄積されていることに気がつきはじめていました。

 これら生理学者と連絡を取り合いながら、大量の殺虫剤散布が野生生物に悪影響を及ぼすことをレイチェル・カーソンは1962年に「サイレントスプリング」という一般向けの書物としてまとめ上げました。カーソンはこれ以前からすでに作家としての名声を確立していたこともあり、ただちに「サイレントスプリング」はベストセラーとなります。この本はDDTを名指しで批判しているわけではありませんが、最も使用量の多いDDTがその後やり玉に挙がったのは当然のことでした。

 アメリカ政府はDDTの悪影響をなかなか認めようとはせず、その後長らくの論争となりました。このことにはDDTを製造していた会社の意向もあったと言われています。最終的には 1968~ 1970年代にかけて環境保護庁の設立や、数々の公害防止法案の策定などを行うに至ります。もちろん、DDTなどの大量散布も取りやめとなっています。(一方、このころベトナムで大量の枯葉剤散布がアメリカによって行われています。)

日本は意外と(?)素早くDDTを販売禁止に
 日本では昆虫の撲滅を目的としたアメリカのような大量散布は行われていませんでしたが、サイレントスプリングは「沈黙の春」と和訳され、やはり大きな話題となります。殺虫剤の使用方法の違いなどはあまり考えられることもなく、DDTが悪いという風に話が単純化されてしまったようです。そのせいか、世界の中でも先陣を切って1969年には稲作への使用禁止を指示、1971年には全面的な販売停止となりました。
(転載終了)

DDTは、日本人が持っている化学物質のアレルギーの中で、おそらく一番古いのではないかと思います。日本では戦後の一時期(20~30年)、「DDT」から始まり、「枯葉剤」、「ダイオキシン」と、あまり意識される事なく、化学物質の大量環境汚染が進行しました。それらは、現在はいずれも使用禁止にはなっていますが、私達の身体の奥に「アレルギー」と言う形でしっかりと刻み込まれ、代々受け継がれてゆく事になります。そして、それらのアレルギーがほとんどの慢性病に深く関わっている事も分かってきました。
------------------------------------------------
(転載おわり)




孫市

添加物の実態  根拠のない「ただちに影響はない」という発言は私達を守ってはくれない

私たちが知らず知らずのうちに口にする、化学物質や食品添加物の恐ろしさについて、「IN YOU」さんの記事を紹介します。
リンク
以下引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海に囲まれた島国に住む私たちにとって魚介類はなじみの深い食材。
魚は生活習慣病の予防にも効果があるといわれ、メタボ気味の方はお肉よりもお魚を食べるようにアドバイスを受けることもありますね。
しかし、私たちが体に良いと思っている魚やその加工品の中には添加物をはじめとし、それ以外にも健康を害するものが市場に多く出回っています。

特に原発事故以降、日本の海は着実に汚染されており、その実態は全く収束していません。
そのせいで本来和食にかかせなかったお魚もいまや、その多くが汚染化され、食べる価値が損なわれています。

それだけではありません。
次項からお伝えしていきますが、出回っているお魚の中には想像を絶するような・・
どれくらい想像を絶するかというと、知ると食べる気を失うほどの「カス魚」も平気で売られているのです。

【歯磨き粉や洗顔料にはいっている「ツブツブ」ビーズを魚が食べ、人間もその魚を食べている事実。】
さらに今日では、歯磨き粉、スクラブ洗顔料などのツブツブが魚を汚染していることが明らかになりました。
マイクロビーズの正体はまぎれもない化学物質です。
マイクロビーズは化学物質と簡単に結合してしまう性質をもっており、これを食べた魚を食べた人間にも深刻な影響を与えるのです。

世界各国ではこの問題を深刻にとらえ、アメリカでは2017年からマイクロビーズの製造を全面禁止へと法律化しました。
悲しくもこうした環境や食品問題関連にとりかかるのが、欧米よりも遅い日本・・。
まだ日本ではまだ禁止化には至っていません。

このマイクロビーズはとても小さいのですぐに目視できないものもあります。
つまり普段私たちは気付かずに食べてしまっている可能性が高いのです。
これを人間が食べると食中毒を起こしたり、がんなどの恐ろしい病を引き起こすことは想像に難くありません。
特に魚中心の和食を好む日本人にとって致命的だといえます。


【回転寿司・スーパーの寿司には「クズ」と添加物のオンパレード】
スーパーでお買い得価格で売られている「トロ~」と名づけられた魚。
実はこのなかのいくつかは本物のトロではなく、普通の魚に水で溶いた軟化調味料(pH調整剤をはじめ何種類もの添加物を混ぜ合わせたもの)を注射した「脂が良く乗った」食感の「にせものトロ」が混ざっていることをご存知でしょうか。

回転寿司店のネギトロや人工いくらにも私たちの体をじわじわとむしばんでいく添加物がたっぷり。
回転寿司店のネギトロは廃物同然のクズ魚に大量の添加物とトランス脂肪酸たっぷりの豚のラードやショートニング、そして赤い着色料を投入して作りだした食品メーカーの自信作。

人工いくらには「クズ」すらも使われずアルギン酸ナトリウム、カラギーナン、ベクチンなどの添加物のオンパレード。
また安価な魚の殆どは養殖魚で駆虫剤や病気を防ぐための抗生物質・抗菌剤が過剰に使用されています。

そんな現状からわたし達は自分自身そして家族を守る知恵を身に着けることがどうしても必要になってきます。

【添加物の実態  根拠のない「ただちに影響はない」という発言は私達を守ってはくれない。 】
食品に含まれる添加物について食品メーカーは口をそろえて「害はない」と言います。

指定添加物に関しては動物実験で発がん性試験や催奇形性試験が行われ、そのデータからわたし達が添加物を毎日食べ続けたとしても健康への影響がみられない量を設定しているからです。
しかし、多くの添加物を同時に取った場合の相互反応や長期に渡る摂取についての実験はほとんど行われていません。

わたし達がこの何年から何十年、何種類もの添加物を摂取し続けた結果として「害はない」言っているわけではないのです。
短期的な害は確かにないのかもしれませんが、長期的にどんな結果になるかは誰にもわからないのが現状。

今まであなたが知らず知らずに摂取していた添加物に、ある日突然強い毒性が発見され使用禁止になる。
これは過去に何度も起きているのです。



匿名希望

「化学肥料で作られた野菜」はとてつもなく危険。なんと「超危険な野菜」がほうれん草

都内の学校の屋上に菜園を計画するに当って、有機野菜について調べた所、「化学肥料で作られた野菜」はとてつもなく危険。なんと「超危険な野菜」がほうれん草 との記事が有りましたので紹介します。リンク 
__________________________

有機栽培がなぜ良い?化学肥料栽培の『超危険な野菜』を発表!

日本の有機食品(オーガニックフード)ってどうして手に入れるのに敷居が高いのでしょうかね。アメリカなんかは各地域でファーマーズマーケット(朝市)をやって地元の農家がその日に仕入れた大量の有機栽培野菜や果物を量り売りしていたり、オーガニック専門スーパーなんかもあります。

一方、日本をみると、そもそも有機食品を扱っているお店が少ない(地域によっては無い)し、種類も限られているうえ新鮮なものが少ない、そして何より高いですよね。

しかし、有機栽培と化学肥料栽培とではどのような差があるのか、きちんと情報を持って購買選択できる機会を与えられていないのが現状かもしれないです。
(マイボイスコム『オーガニック商品』に関するインターネット調査2015より)
 こちらは、オーガニック商品のアンケート調査結果です。オーガニックを利用する人は全体の約3割でした。また、気にしている人の6割は「野菜や果物」の購入を意識しています。利用者は女性が多く、50代以上が5割を占めているようです。

 利用者の購入理由は「健康によい」「安全」「環境によい」が上位を占めます。
逆にいうと、7割近くが全く関心がなく、特に若い層~40代くらいまで(特に男性)はオーガニックにはほとんど興味ないようですね。有機栽培だろうが化学肥料だろうが美味しければそれでいいという考えでしょう。

知らないとマズイ!「化学肥料で作られた野菜」はとてつもなく危険!

一般的に農薬については意外と身近に害を感じていますが、この化学肥料栽培については、広く知られることなく議論されないのが現状です。しかし!これが、とてつもなく危険な野菜になってしまうこと知ってましたか?これはホントに驚くべき実態なんです。

野菜を作るのになぜ肥料を使うのかというと、簡単に枯れず、形も綺麗で大きく、早く大量に収穫できるようにするための成長促進剤なんですね。

なので、そうした消費者受けする野菜や果物を作るため近代農法によって品種改良を続けてきた結果、肥料も同時に人工的な化学肥料になっていったのです。

そういう意味で今の野菜は昔の人が食べていた元祖の野菜や果物とは似て非なるものなんですね。

さて、その肥料。植物の栄養主成分には「窒素」がないと育たないんですね。有機の場合は、アンモニア成分→土壌の細菌が活性化→植物の栄養素「硝酸態窒素」へと変化します。化学肥料の多くは、そんな面倒くさい事せずにはじめから「硝酸態窒素」が含まれてるんですね。

この硝酸態窒素は硝酸塩という物質で、これを含んだ野菜や果物を食べると唾液と反応して悪魔の「亜硝酸塩」に変身してしまうことが分かっています。

これは、有機肥料より野菜や果物に直接与える化学窒素肥料のほうが悪魔の毒物(亜硝酸塩)になる量が多くなるわけですが、亜硝酸塩を摂取する有害性は農薬の比にならないそうです。

この亜硝酸塩は超猛毒の為、乳幼児の大量の摂取は死亡したケースが過去にあったようです。
また、大人も胃に入ると、とにかく強力な発がん性物質「ニトロソアミン」が大量に発生することが分かっています。

食品添加物に含まれる硝酸塩はソーセージなどの加工食品の食品添加物に入っており超危険物質として問題になっています。(詳しくは「発表!食品添加物ワースト10(後半)~まだ買う?コンビニ商品」)

 これはWHOが規制している1日の摂取量は体重1kg で3.7mgですので、歳によって摂取許容量の上限が変わります。ところが、普通に野菜を摂取するとこの基準値を殆どの人が超えてしまうのです。

もともと国や機関が基準化する数値自体の安全性など眉唾なのにその基準を超えてしまう毒量を摂取していることになるのです。健康のために野菜をとっているつもりが、猛毒を飲んでいることになるという何とも皮肉な状況に陥っているんですね。

発表!化学肥料で育った超危険な野菜を発表

危険野菜ダントツ第1位は ほうれん草 です!

ただでさえ葉物野菜には直接大量の窒素肥料を与えるのですが、ほうれん草は野菜の中でも加熱して食べる野菜なので口の中で悪魔の毒物(亜硝酸塩)に変身する量が特に増えるそうです。

更に!更に!前の記事でも紹介しましたが、ほうれん草は追い打ちをかけ、2015年政府は農薬の量の規制緩和に踏み切り、今までより数百、数千倍に及ぶ基準値緩和で農薬たっぷりです。しかもネオニコチノイド系農薬は植物の根っこから吸わせる水溶性農薬ですので、ほうれん草の中には農薬と硝酸塩がしこたま入った猛毒の野菜になってしまっているんです・・・(怖)

ほうれん草以外の危険葉物野菜は 小松菜、チンゲンサイ、水菜、春菊 などがあげられます。ちなみにこれらは規制緩和となったネオニコチノイド系農薬のかかっている野菜が多いのです。

日本はもっと有機栽培食品に注目すべき理由

おそらくアンケート調査をして7割の関心のない消費者はこの恐ろしい事実を知らないでしょう。そして「健康によい」「安全である」と思っている3割の人のうち何割かが本当にこうした実態を知ってオーガニック野菜や果物を買っているのではないでしょうか。

こうした悪しき実態はもちろん公になりませんが、より多くの消費者がこの実態を知り、本当に安心で安全なものを求めていくようにならないと、日本で有機栽培された食品が増えることはないでしょう。

オーガニック食品は一部のお金持ちや健康オタクだけが買うものと思っている限り、粗悪な毒入り食を取り続けてがんなどの現代病に直結する日本人の一人になっていくことを受け止めなくてはならないのでしょう。
__________________



岸良造

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R