忍者ブログ

マウスウォッシュは危険で無意味?がん、内臓障害、防御機能低下の恐れも

リンク
以下リンクより引用
_____________

歯磨きをして、さらにマウスウォッシュをすることを習慣化している人は少なくないだろう。就寝前にこのひと手間をかけることで翌朝、目覚めた時に口臭が軽減される。

 また、人と会う前などに短時間で口中をさっぱりさせ、口臭を抑えられる効果があるので、身だしなみに気を使うOLに限らず、普段からマウスウォッシュを活用しているビジネスパーソンも多いだろう。

 しかし、一部のマウスウォッシュや歯磨き粉には、かなり刺激の強いラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)が含まれている。この成分は、シャンプーなどの主成分としてよく使用されているアニオン界面活性剤の一種で、高い洗浄力を誇り、かつ安価に製造できるのが特徴だ。

 しかし、非常に分子が小さく肌に浸透しやすいため、経皮毒として危険が唱えられ、最近では使用している商品は減っている。代わって、ラウリル硫酸ナトリウムよりも分子が大きく、経皮吸収の危険が少ないラウレス硫酸ナトリウムを使用する商品が主流となってきている。

 さて、そんなラウリル硫酸ナトリウムは、敏感肌の人の肌に付着すれば肌荒れやアレルギーを引き起こすこともある。マウスウォッシュとして口に含んで吐き出しても、多少は口に残る。つまり、唾液とともに体内に取り込んでいることになる。また、ブラッシングによって歯茎などについた細かい傷からも化学物質は染み込む可能性がある。

 マウスウォッシュは、トリクロサンや塩化セチルピリジニウム、サッカリンナトリウム、安息香酸塩・パラベンなどの防腐剤、ほかにも発がん性の危険が指摘される成分を多く含んでいる商品もあり、量によっては肝臓や腎臓に障害を起こすこともあるとされており、使用には細心の注意が必要だ。

●殺菌しすぎて逆効果になることも

 また、マウスウォッシュを使用することで確かに殺菌効果はあるが、病原菌が口から体内に入ることを防ぐ役割をする常在菌まで殺してしまい、人間の本来持っている防衛機能が低下する恐れもある。殺菌効果の高い商品に至っては、長期間使用すると歯の表面を溶かしたり、歯茎に炎症を起こすといった症例も報告されている。

 つまり、口中を殺菌するつもりが必要な菌まで駆除し、体に悪影響を及ぼしかねないマウスウォッシュ。加えて、歯に付着したプラーク(歯垢)に対してはまったく効果がないこともわかっており、一時的に気分はスッキリするが、使用するメリットは少ない。

 予防歯科を提唱する大名歯科も、ブログにおいて「歯周病予防の基本は歯ブラシによる歯肉マッサージと咬み合わせのバランスです」と語っており、歯周病対策や口中の衛生面など、さまざまな視点から考えても、丁寧なブラッシングに勝るものはないといえよう。

______________________
綺麗にしすぎるのも考え物ですね




匿名希望
PR

癌の治療薬に注目が集るが、近年急激に癌患者が増えた原因究明こそが本質課題

近年のノーベル(生理学)賞の授与判断は、金儲けの近代医療に貢献できる内容かどうかで決まっている。しかし、本庶先生の研究は、この判断にも合致しているが、より深いところで生命や人間とはなにか?ということを明らかにする基礎研究でもある。

この基礎研究は、支配や金儲けのために作り出された、人工物質まみれの現代社会をどうしていくか?という追求の武器を与えてくれる。

そして私達が本当に追求すべきは、注目の集まる癌の治療薬ではなく、近年急激に癌患者が増えた原因究明とその解決策なのだと思う。


/////////////////////////////////////////////////////
(リンク)
本庶先生の言葉

《生命科学というのはまだ私たちはどういうデザインになっているのか十分に理解していない。AIやロケットはデザインがあって明確なプロジェクトを組めるが、生命科学はほとんど分かっていない。何が重要か分からないところでこの山をみんなで攻めようというのはナンセンス。

できるだけたくさんの山を踏破して、どの山が本当に重要な山か調べる、まだそういう段階だ。1億円を1億人にばらまくと全て無駄になるが、1人ではなく、10くらいの可能性を追求した方がライフサイエンスは期待できる。もっと若い人にチャンスを与えるべきだ》

本庶先生は生命科学の現状についてもたいへん良く認識されていると思います。現代科学は遺伝子工学の知見を得たことで生命を理解したつもりになっていますが、癌を根絶することも、新たな生命を生み出すことも今もってままなりません。

遺伝子がたんぱく質の設計図で、それがどの部位を規定するかがわかってきただけであり、設計全体をオーガナイズする機構や、記憶情報が本当に遺伝子内に保存されているかどうかさえまだ未解明のままです。

癌の治療薬にばかり世間の注目は集まりますが、本当に留意すべきは、癌細胞発生のメカニズムもさることながら、近年になって急激に癌患者が増えたその原因究明ではないでしょうか?癌が生活習慣病と呼ばれて久しいですが、生活習慣がここ数十年で変化した割合よりも、二人に一人が罹患すると言う患者数の急激な上昇割合の方が、それを大きく上回っているのではないでしょうか。

そうなると、主な原因は生活習慣などではなく、食事や生活環境に因るものの度合いが大きいと考えられます。具体的には、食品添加物・農薬・化学物質や放射性物質・電磁波による環境汚染・etcとなりますが、新薬の開発と平行して発生原因の除去に努めるのが正しい科学の姿勢だと思われます。

マクロ的に考えると、化学反応とは電子のやり取りであり、癌を含め多くの疾患は体内の電子交換プロセスが阻害された状態だとみなせます。電子交換を阻害する物質には、プラスに帯電した重金属イオン類や放射性物質などがまずあげられ、これに加え、電子を奪う塩素などのハロゲン元素も阻害要因の一つであると考えられます。

こういう物質が世に満ち溢れているのを放置したまま、特効薬にのみ期待を寄せる現状を大いに憂います。





本田真吾

化学物質過敏症 ~遺伝子情報にない異物が侵入した時、免疫機能は過剰反応を起こす

現代医学の功罪リンク

「化学物質過敏症の怪」より
_________________________________

医学は、進歩したのか? 衰退したのか。 近年、一般人には理解の及ばない、原因不明の病気や治療方法がない不思議な病気が、医療の進歩に逆行して増え続けています。
生活環境病・症候群・過敏症・・・、これらの病気は一体何に起因するのか? 高度先進医療を誇る現代医学にも解明の糸口すら掴めないのが現状です。
しかし、原因のない病気はありません。その要因は、我々の身近に存在すると考えるべきです。
医療や医学と言う概念を捨て自然や環境の変異に着目すると、意外な発見があると思います。
「自然界には存在しない異物、環境の中に存在してはならない異物」
図らずとも、現代科学が生み出した「化学物質」が思い浮かびます。
何故、それが人に害を与えるのかは明白です。
その論拠は、リシェー氏が示唆したアナフィラキシー・ショックにあります。
「子々孫々、受け継いで来た遺伝子情報にない異物が侵入した時、免疫機能は過剰防衛反応を起こす」、その定義です。
化学物質とは、人が作った自然を欺く、人だけのが恩恵に授かる、魔か不思議な存在です。それは、人を幸福にも不幸にも導く、遍く危険が潜むものです。
病原ウイルスや毒薬・麻薬でなくとも生体を冒す異物は、現社会には無数に存在しています。 農薬・食品添加物・産業廃液・排気ガス・環境ホルモン・医薬品 ・・・。
そんな危険因子が、安全であるべき家庭にも浸蝕して来たのです。
それは、シックハウス症候群であり化学物質過敏症である不思議な病気です。また、ハウスダスト(化学物質により変異したダニやカビ)が、乳幼児に蔓延するアトピー性皮膚炎の原因と言う説さえあります。
何故に、社会・経済が安定し医療・医薬が充実した今、こんな不可解な病気に瞑想しなければ成らないのか? その要因は、総て合理主義ならびに利己主義に他ならない!
豊で楽な暮らしの代償に、暗黙の中で許して来た化学物質の利用には、歯止めが必要な事を忘れている。必要悪を延々と続ければ、麻薬と同じ様に依存を止められなくなるのは必至です。
「如何なる化学物質であれ、我々の生体には馴染まない」 
この事実は、公害病や原爆病の悲惨な状況から、十分に学んだ筈です。
それを、医療に携わる者は無視している。
政治家が、治水・発電・用水と合理的なダム建設を目論む様に、医療が単に合理性だけを追究されてはたまらない。
現行医療は、科学の進歩に追従して 科学・化学・過学 の利便性を、安直に受け入れた。その結果、医療関係者も 効果・高価・光華 の利権に目覚めたのです。
残念な事です。単純に危険とされる化学物質が、医療の至る所に多用されているのです。放射線・有機毒物・合成麻薬・化学療法剤 ・・・。
こんな事で、化学物質過敏症?と言う複雑怪奇な病気が起きない筈がありません。
医療が、患う人の為にあるのならいいでしょう。しかし、医療関係者の利権を優先するものなら、許し難い罪悪です。
___________________________________




岸良造

食物連鎖に入り込む「スクラブ洗顔剤」の一部、米国で規制へ

洗顔剤などに使われている微細なプラスティック粒子「マイクロビーズ」は、下水処理を通り抜けて食物連鎖に入り込む。州法で規制する動きが米国各地で出てきている。

マイクロビーズは、ポリエチレンやポリプロピレンで作られた球形の小さなビーズだ。サイズは0.004mmから1.24mmほど。Clearasil(クレアラシル)、Clean & Clear、L’Oreal(ロレアル)、Neutrogenaなど一部のメーカーによる、角質を除去するフェイスウォッシュやボディウォッシュ、練り歯磨き等の製品に入っている。

マイクロビーズは細かくて水にも浮くので、その多くが排水処理プラントをすり抜ける。下水処理施設で水を濾過する網の目は、マイクロビーズより大きいことが多いのだ。

下水処理施設を通過したマイクロビーズは、「毒性のある化学汚染物質を吸収するスポンジ」となる。そしてそれを、水生生物は食べ物だと間違えてしまうのだ。こうして、汚染物質が食物連鎖に入り込み、人間が食べるものも含めて、魚や鳥、カメ、哺乳類などが汚染される可能性がある。

オランダの環境研究所(IVM)が行った2012年の調査(PDF)では、200ml容器のスクラブ製品ひとつにつき、最終的に21gのマイクロプラスティックが下水に流れこむことが確認された。ニューヨーク州だけで、毎年19トン近いマイクロビーズが下水に流されているとする研究(PDF)もある。

目が細かいトロール網を使って米国の五大湖で行われた2012年の調査では、マイクロプラスティックの小さな粒が多く見つかった。この粒は、ふたつの有名ブランドの洗顔クレンザーで使われているものに一致した。

五大湖では、収集された1mm未満のマイクロプラスティックのうち、58%が球形だった(球形は、コスメティック製品に由来するものである明白な証拠になる)。これに対し、北太平洋では、同じサイズのマイクロプラスティックのうち、球形のものは1%に満たなかった。2013年にはさらなる調査が行われ、多数のマイクロビーズがあることがまた確認された。

マイクロビーズを含むプラスティック片は欧州でも問題になっている。英国の海洋生物学会が2013年に行った調査では、英国南西部のプリマス沖で採取された魚の1/3にプラスティック片が見つかった(日本語版記事)。調査した504匹のうち36.5%から、摂取されたプラスティック片が見つかったのだ。調査チームによると、こうしたプラスティック片は、食物循環における汚染物質の蓄積につながるおそれがある(太平洋と大西洋(日本語版記事)には、膨大なプラスティック片が集まった「ゴミベルト(日本語版記事)」が存在し、問題になっている)。

引用元:リンク



匿名希望

洗濯洗剤の柔軟剤、除菌剤に生殖毒性リスク


リンク
以下リンクより引用
______________________

柔軟仕上げ剤(以下柔軟剤)は、陽イオン系の界面活性剤を主成分とし、製品によって、仕上がりをさらに良くするための性能向上剤、安定した性能を保つための安定化剤などが配合されています。
界面活性剤は、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水基」と、油になじみやすい「親油基」の2つの部分を持つものですが、陽イオン系の界面活性剤は、プラスの電気を帯びている親水基を持っています。
一方、繊維の表面は水にぬれるとマイナスの電気を帯びます。そこで、すすぎの後の水に柔軟剤を入れると、親水基が繊維の表面に吸着し、洗濯物が乾燥すると、親油基を外側にして柔軟剤が繊維の表面にきれいに並んだ状態になるのです。そのため、繊維の表面は、油の膜ができた状態になり、摩擦抵抗が減少します。繊維同士のすべりがよくなるので、洗濯物がふんわりとなめらかな仕上がりになり、静電気の発生も少なくなります。
また、陽イオン系の界面活性剤の親水基には、水分子が強く結合しているため、静電気が発生してもこの水分子を通じて流れ去ります。柔軟剤を使って仕上げると静電気の発生が抑えられるのは、そのためです。

柔軟剤は、洗濯後にも衣類に付着し続けることによって、効果が示されることが目的なため、洗濯後の衣類を着ている間、ずっと陽イオン界面活性剤が皮膚に接触し続けることになります。
この「陽イオン界面活性剤」には、ファブリーズにも使われている「第四級アンモニア塩」も含まれます。
第四級アンモニウム塩には大きく分類すると3種類あり、その中で最も毒性が強く生殖毒性の可能性が指摘されているのが、ファブリーズにも使われている「塩化ベンザルコニウム」で、「アルキルジメチルベンジルアンモニウム塩」の一種類に分類されます。
「塩化ベンザルコニウム」は、柔軟剤や合成洗剤の抗菌剤として使われています。日々、皮膚に接触、吸入の恐れもあるので要注意です。
主要商品を調べると、柔軟剤ではP&G『レノア』、洗剤では花王『アタック』『ハイター』に、第四級アンモニウム塩が使われているそうです。
その他の陽イオン界面活性剤についても、発がん性や生殖毒性のデータが十分なものは皆無で、安全性不明のまま使われているようです。



匿名希望

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

ブログ内検索

P R