忍者ブログ

CT検査1回の被爆量、 なんと100mSvだった ~ある放射線技師が見た実話!

病院に行くと、まず検査検査でたらい回しされる。その検査の一つにX線撮影やCTを使用している。何とCT検査1回の被爆量、何と100mSだと言う。検査が癌患者を増やしている。

CT検査1回の被爆量、なんと100mSvだった~ある放射線技師が見た実話!
wantonのブログより引用
リンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いや全くもって医学部の教育は洗脳です。 

僕は医学部保健学科放射線専攻でしたが、
そこではなんと医療被曝は被曝にならないと教え込まれるのです。

実際働いてみてCTなどの被曝量の多さに愕然としました。

日本放射線医学研究所によると震災前までは累積100mSv以下の被ばく線量は
問題なしということですが、震災後に何の予告もなしにひっそりと累積00mSvを超えるとがんなどのリスクが上がることが解っていると書き換えられています。

すなわち震災によって国民が被曝について関心を持ち出したことでウソは通用しないと捕らえたのでしょう。

放射線技師として恥ずかしながら僕はCTの被曝量についてはそれほど関心が
なかったのですが、あるときを境に驚愕の事実が判明しました。

日本製のCTから外国製のCTに入れ替えた時に、外国って厳しいんですよ
被曝量の目安が表示されるのです、いわゆるdose rate、だいたいの被曝量です。

それを見たときに愕然としました、僕はこんなにたくさん患者に被曝させていたのかと。

造影CTなんかはもちろん部位や、施設によって大きく異なりますが場合によっては検査1回で100mSv近くなります。

たった1回の検査で累積被曝限度近いのです。

もちろん低被曝CTにこだわる施設もあります。

それでもCTの被曝量はハンパないのです。

ただあくまでも低被曝線量として扱われますので放射線障害としては閾値のないものだという認識でしたが、震災後にははっきりと100mSvが閾値となりました。

一般的にCT被曝量の目安を示す場合、なぜ胸部CTなのかご存知ですか?

被曝量が比較的少ないからです。

放医研などが示す被曝早見表などでは必ず胸部CTの場合です。

肺の中身はほとんど空気ですからX線量はそれほど必要とはしません。

そしてCTは高性能化が進み(いわゆるマルチスライス、この説明はあまりにも長くなるので、というか専門の私にもうまく説明するのは難しい)
簡単にいうと昔はCTでも撮像範囲が限られていましたが、現在のCTは一気に広い範囲を観察できるので、検査範囲が増えた、すなわちCTの発達によって被曝量が大幅に増えています。

そして撮像スピードが早くなりとにかく検査数をこなせます、検査数が増えました。

さらに造影剤使用の場合、繰り返し何回も撮像できるので診断能が増しますので、トータルの被曝量は大幅に増えています。

そして一番の問題は多くの医者、専門の放射線技師すらが被曝についてなんの知識も関心もないことです。

CTはもちろん昔からですが、レントゲン写真、X線透視などのアナログ機器はデジタル化に移行しました。

デジタル写真には最適露光量というものがありません、とにかくシグナルを増やせばいい情報が得られるという考えですので、あらゆるX線(放射線)機器で被曝が増えているのが現実です。

国外からは何度も警告論文が発表されていますが日本医療はシカトしています。

さらに被曝が多いのは心臓カテーテル検査です。

もうとんでもありません。

なぜ日本人が極端にがん患者が多いのかこれがもうひとつの理由です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



橋本正雄
PR

衝撃報告!予防接種ワクチン内にモンサント社の農薬成分を検出

衝撃報告!予防接種ワクチン内にモンサント社の農薬成分を検出リンク
より転載。

-----------------------------------------------------------------

これはにわかには信じがたい事実が。。過去記事でもワクチンの含有物は驚きの成分だらけのレポートをしましたが、更にあのモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」の有効成分グリホサードという毒性物質がワクチンに入っていたことが分かりました。

この除草剤の毒性は世界的に問題視されているレベルで、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は、モンサント社が開発した「グリホサート」に発がん性の恐れがあると公表しています。

WHOが「人に対する発がん性が恐らくある」ことを示す『2A』にグリホサートを位置付けているほど恐ろしい成分です。それが、赤ちゃんから大人まで予防接種のワクチンに入っているというのです…。

モンサント社の毒薬成分グリサードの恐ろしさとは?

かねてより、子供への予防接種ワクチンが原因で自閉症、発達遅滞、食物アレルギー、神経障害および行動障害が起こると言われていますが、有毒グリホサートの含有が確認された今、このワクチンはどんな理屈で開発されているのでしょうか。全く謎で恐ろしい。。

もう少しグリホサートの毒性に焦点を当ててみます。

グリホサートは研究により、癌、ADHD(多動性障害)、アルツハイマー病、先天異常、セリアック病、グルテン不耐性、慢性腎臓病、大腸炎、糖尿病、甲状腺機能低下症、多発性硬化症、ルーゲーリック病、肥満、パーキンソン病および非ホジキンリンパ腫など様々な病気の関連が指摘されています。

さらにマサチューセッツ工科大学(MIT)の上級研究員であるステファニー・セネフ博士は、現代に急増している自閉症がグリホサートと人との接触割合と関連している(除草剤が自閉症を促進している)と考えています。

セネフ博士はまた、

「グリホサートと人との関わりは、農場や公園、草木に振り撒かれる除草剤による生活環境からの悪影響と農薬の食べ物だけに限られているわけではなく、ワクチンによる直接的な影響もあるのです」

と述べています。

まさか、本当にワクチンに除草剤の毒薬成分(グリホサート)と疑いたくなる話ですが、この↓調査結果を見る限り、やはり入っているようです。。

米国市民の健康を守る活動団体Across Americaは、ほとんどのワクチンにグリホサートが含まれていることを示す予備スクリーニング結果を受け取り以下の通り発表しました。
微生物イノテック・ラボラトリーズ社(ミズーリ州セントルイス)がスクリーニング検査を行い、以下のグリホサート成分を検出したと通知:(Source: Microbe Onotech Laboratories, Inx. Summary Report of Analysis)

MMR II(Merck)ワクチン ー2.671ppbのグリホサートを検出
DTap Adacel(Sanofi Pasteur)ワクチン …0.123ppbのグリホサートを検出
インフルエンザフルビリン(Novaris)…0.331 ppbのグリホサートを検出
HepB Energix-B(Glaxo Smith Kline)…0.325ppbのグリホサートを検出
肺炎球菌Vax Polyvalent Pneumovax 23(Merck)…0.107ppbのグリホセートを検出

MMR IIワクチン中のグリホセートレベルは、他のワクチンより25倍高かった。
その後の独立したELISA法を用いた検査でも、検出が確認された。

ワクチン含有成分ほど一般人には全く理解できないものはない

しかし、なぜ敢えてこんな有害成分を含有するのか?と疑問は消えないですね。それは、セネフ博士が答えてくれています。

「高濃度のグリホセートの入った遺伝子組み換え飼料を与えられたブタの靭帯に由来するゼラチン上に、MMRおよびインフルエンザ、麻疹を含む特定のワクチンウイルスが増殖するという事実から、ワクチン中にグリホサートが存在していることは容易に考えられます。

家畜飼料は、400PPM(百万分の1)の残留農薬(グリホサート)が認められています。今回の検査結果から、残留農薬の飼料が数多くの研究で害を及ぼすことが示されていることよりも何千倍も危険性が高いことが分かります 」

まだ、なぜ飼料や豚が関係あるのか分からない。という人がいるかもしれませんが、驚くなかれ、ワクチンには、動物の細胞、DNA、血液、タンパク質、ウィルスが含有されていることが分かっているのです。

ざっと挙げても、サルの腎臓、牛の心臓、子牛の血清、鶏の胚卵、カモの卵、豚の血液、羊の血液、犬の腎臓、馬の血液、うさぎの脳、モルモットなどの動物から取れる臓器の組織細胞や血液、牛や豚のゼラチンタンパク質、モンキーウィルスSV40というサルのウィルス成分が含有されています。

これで、なぜ豚と飼料とワクチンが関係あるかお分かりでしょう。。(恐怖)

ワクチンの真実を暴くドキュメンタリー映画「Bought」のプロデューサーでもあり、疾病予防の専門でもあるトニー・バーク博士は、今回の結果について次のように述べています

「私は、農薬であるグリホサートを子供に直接注射することについて大変な心配をしています。ラウンドアップもグリホサートも、注射剤として安全性について試験されていない。注射された毒素は、たとえわずかな投与量であっても、身体の器官に深刻な影響を及ぼします」

しかし、こんなこと何も知らない多くの人たちは、医療機関や医者の言われる(推奨される)がままに信じ、予防接種を受けています。この汚染ワクチンの中身も知らずに…。

こうした事実を知るほど予防接種ワクチンって何か別の意図で製造されているんじゃないですか?と疑わざるを得ませんよね。
-----------------------------------------------------------------



古越拓哉

モンサント社の除草剤が海の生き物も殺しています。

同時期に植物プランクトンが死滅している原因はプラスチックが細分化したマイクロファイバーであるとの記事もありましたが、別の原因を指摘している記事の紹介です。プラスチックとこの記事のモンサントの除草剤の原料グリホサートの消費量=廃棄量の増大と植物プランクトンの死滅量の比較が必要ですが、食物連鎖の原点にあるプランクトンの死滅は、全生物にとって影響が大きいことには変りありません。

リンクより引用です。
_________________________________

 ジム・ストーン氏の記事です。
彼は世界中の海の生き物が死滅しそうな勢いなのは、長い間、陸の上や湖、川に噴霧したグリホサート(除草剤)が海に流れ出て、海の生き物を死滅させているのではないかと唱えています。

 実際にかなり納得できます。ネット上では左翼メディアが福島原発の放射能のせいで世界の海が汚染されているなどととんでもないねつ造報道を行っていますが、全く違いますね。

 左翼の放射脳は、なにがなんでも福島を犯人にしたいようです。
モンサント社のGMOや除草剤は世界を破壊しています。

リンク
(途中から)

モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。
By Jim Stone

 モンサント社のグリホサート(除草剤)が海の植物性プランクトンを枯らしています。GMO遺伝子組み換え農作物の問題がこのような問題に発展するとは思ってもみませんでした。

 グリホサート(Round Up)は陸だけでなく海にも大きな影響を及ぼしています。

 海の生き物が死滅しつつある原因は福島原発なんかではありません。
また、サンゴ礁が枯れているのは地球温暖化のせいでもありません。

 モンサント社のグリホサートが原因なのです。
モンサント社は自然界を破壊しています。グリホサートを使い続け、あと数年で海の生き物もミツバチも死滅してしまうということなら、もうどうしょうもありません。


 世界中の海で生き物が死滅しつつあります。

 その原因は(よく報道されるような)福島原発ではないのです。今朝、ニューヨークタイムズ紙が温暖化や福島原発事故が原因で世界中の海の生き物が死滅しそうだとのねつ造記事を報道していましたが、福島の放射能が大西洋の生き物やグレートバリアリーフを破壊するはずがありません。

 世界中の海の生き物が死滅しつつある原因がわかりました。植物性プランクトンが死滅しつつあります。

 礁が枯れている原因を突き止めるには、植物性プランクトンを死滅させている原因を見つける必要があります。世界中の海に生息しているサンゴ、フジツボ、海綿動物だけでなくクジラも植物性プランクトンを食べて生きています。ハマグリを食べて生きているヒトデでさえ、ハマグリを介して植物性プランクトンを食べています。

 ここ最近、海に生息する植物性プランクトンの数が40%以上も減少しました。

 その理由は、地球温暖化などではありません。なぜならプランクトンは赤道直下の海でも北極の海でも生息できるからです。。しかし植物性プランクトンが世界中のあらゆる水温の海で大量死しているのです。このことからも地球温暖化説がねつ造であることが分かります。

 植物性プランクトンは光合成植物であり海藻類なのです。生物学的過程は陸の植物と同じです。

 では、陸の植物を死滅させるているのは何なのでしょうか。それは、グリホサート(除草剤)です。

 例えば、ミシシッピ川が流れているミネソタでは長期にわたりグリフォサートが噴霧されてきました。ミネソタのイタスカ湖に噴霧されたグリホサートはミシシッピ川に流れ込みます。川の水は時速2.5マイルで流れていますから、約43日後に海に流れ出ます。

 最低でも80%以上の致死能力のあるグリホサートがそのまま海に流れ出るということです。

 モンサント社は、淡水内のグリホサートの半減期はわずか90日間と主張していますが、研究の結果、淡水に混入したグリホサートは1年以上経っても同じ致死能力があることが分かっています。

 塩っ辛くアルカリ性の強い海水にグリホサートが混入するとどうなるのでしょうか。

 海水に混入したグリホサートが半減期になるには、淡水よりもかなり時間を要します。グリホサートは塩の一種なのです。ですから塩っ辛い海水に塩の一種のグリホサートを混入させると、海水が恒久的な保存剤のような役割を果たします。

 海は広大ですのでグリホサートもかなり薄まるはずですが、塩分の多い海水に塩のグリホサートが混入すれば塩の効力がさらに高まるだけです。

 植物性プランクトンが死滅すればヒトデや礁も枯れてしまいます。
植物性プランクトンが死滅する原因は海に解け込んだグリホサートである可能性が非常に高いのです。グリホサートは植物をことごとく枯らします。長い間、グリホサートを噴霧し続けたことでグリホサートが海水に混じり海水が汚染され続けてきました。その結果、植物性プランクトンが死に、それをエサにしていた海の生き物が死んでいるのです。
__________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人

マイクロファイバーがプランクトンを殺しながら食物循環に入る様子が初めて撮影される。あらゆる海の生物たちがプラスチック大好きな状況から想像する「海の終焉の日」

リンクより
===(以下引用)===

2017年3月11日の英国BBCの報道より
プラスチックが食物連鎖に入り込む瞬間が撮影される

「海が廃プラスチックで汚染されている」という響きは、今までかなり頻繁に聞いていることではあります。

たとえば、その廃プラスチックによって魚類や大型の海洋生物などが相当影響を受けていることは、最近、相次いで報じられることのある「死亡した海洋生物の体の中がプラスチックだらけだった」というようなことでもふれられることがあります。

過去記事としては、
・ドイツの海岸に打ち上げられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった 2016/04/25 などがあります。

しかし、冒頭の BBC の記事の衝撃は、同じ海洋のプラスチックの問題でも、クジラなどの報道から受けたものとは違う衝撃で、つまり、
「微生物がマイクロファイバーを食べることにより大量に死んでいる可能性」
「その循環から、プラスチックが食物連鎖に入っている可能性」
のふたつを示唆する、かなり衝撃的なものでした。

マイクロファイバーを摂取して体内で詰まった状態(白い円)のプランクトン(写真)・BBC

以前よく書いていたことがありますが、食物連鎖の問題だけではなく、植物などとの絡みでも「この世の根幹は微生物」という考えが私にはあります。

その微生物はいろいろな理由で大量死もしますし、消えたりもしますが、「プラスチックで殺されている」という理由にふれたのはおそらく初めで、「プランクトンがマイクロファイバーを摂取している」ということ自体も初めて知りました。

まず先に、冒頭の BBC の報道をお読みいただこうかと思います。

Sponsored Link
Video captures moment plastic enters food chain
BBC 2017/03/11
■プラスチックが食物連鎖に入り込む瞬間を撮影された

プラスチックのマイクロファイバーが、プランクトンによって摂取され、その材料が海洋での微生物の生態にどのように影響しているかをあらわした瞬間をひとりの科学者が撮影した。
この映像は、廃プラスチックが海洋および世界の食物連鎖に入り込んでいる可能性を示している。

毎年、世界の廃棄物の流出量からは約 1億 5,000万トンのプラスチックが「消えている」。世界の海に漂う廃プラスチックは、国連にとって主要な環境問題として認識されている。
この映像を撮影したリチャード・カービー(Richard Kirby)博士は、「その光景を見たとき、これは、海の中での廃プラスチックの問題を映像により人々に伝えられるものだと思いました」と語る。

「私が興味をそそられるのは、マイクロファイバーの繊維が、生物の腸の中でループを作っているため、ヤムシ(海洋の線虫)のような小さなものの中でのマイクロ・プラスチックの動きを見ることができることです」

プランクトンの専門家であるカービー博士は、多くの人々が、クジラやアザラシ、鳥などの大型の海洋動物がビニール袋を飲み込むことは知っているが、小さな生物についてはあまり知られていないと述べる。

この映像では、プランクトンのような小さな生命の内部で、プラスチックの小さな繊維が内部の何かに詰まり、食物の進行が止まっている様子が実際に見ることができる。

「ヤムシの腸は、体の全長にわたって伸びているのですが、マイクロファイバーで詰まったことで、腸の頭のすぐ下から、その下に移動する食物はすべて停止していることがわかります」

カービー博士は、以前から、プランクトンにマイクロプラスチックが及ぼす影響を目の当たりにしていたが、撮影したのはこれが初めてだ。

博士は、このような出来事(微生物がプラスチックを摂取している光景)は、英国の水域から集めたサンプルでは比較的一般的だと言うが、同時に、これは英国での孤立した出来事ではないと付け加えた。

国連は、海で平方マイルあたり46,000の廃プラスチックがあると推定している。

国連環境計画(UNEP)は、クリーンシーズ(CleanSeas)キャンペーンを開始しているが、組織の代表であるエリック・ソルハイム(Erik Solheim)氏は海洋のプラスチック廃棄物は、それらが食物連鎖に入る可能性を指摘した。

国連は、世界の海洋には、51兆個のプラスチックが存在すると推定している。

今回撮影された海洋生物ヤムシ類は、世界中に 120種類以上がおり、海洋食物網では生態学的に非常に重要な役割を果たしているとされている。

ヤムシ類は他のプランクトン動物の貪欲な捕食者であり、また魚、イカなどプランクトンを食べる生物の重要な食料源でもある。

そして、この問題は、たとえば、「仮に今、プラスチックの生産がなくなったとしても消えることはない問題」でもある。

ブラスチックは、それが生産されなくなったとしても、長い間、食物連鎖の基本に入り、食物連鎖全体に影響を与える可能性があり続ける。



前田重男

新品服はすぐに洗う派?着る派?ー新品服に潜む汚染の実態!

新品の服をそのまま着るのは予想以上に危険がいっぱいです。実は新品の洋服を購入後すぐに着ると病気になる可能性が潜んでいます。
1つは、試着によって商品自体が不潔になってしまっていること。もう一つは、染料による有害物質によるものです。
まずは、新品であっても洗濯するという認識を徹底していく必要があります。


-----以下リンクより引用-----

あなたはお店で買った新品の下着やシャツやズボンをまずは洗濯してから着ますか?それとも新品なので洗う必要ないと思ってそのまま着ていますか?

確かに店で陳列されている新品を購入すれば、その生地はキレイで清潔であると思いますよね。ところが、そこにはあまりユーザーには知られていない驚きの事実が明らかとなったのです。

米国ABCの報道番組Good Morning Americaの調査依頼を受け、NY大学の微生物学と免疫学の責任者であるフィリップ・テーノ博士による検査が行われた結果、新品服に潜むゾッとする実態が発表されました。

■新品の衣類を洗わずにはいられない身の毛がよだつ実態

テーノ博士は、アパレルチェーン店(ブランドとファストファッションの両方を含む)から購入したパンツ、ブラウス、下着、ジャケット、その他の衣料品を調査しました。

調査した新品衣服の多くには、健康被害を引き起こす可能性のある化学物質や染料による汚染が確認でき、また、シラミのような寄生昆虫の存在の可能性も示したのです。また、衝撃的なのが、衣服から発見された下記汚染物です。。。

・糞便
・気道分泌液(気管や気管支の粘膜からの分泌液。様々な害細菌が含まれている)
・膣内細菌
・皮膚フローラ(皮膚の表層に存在する細菌)

そのなかでも当然ですが、水着、下着、その他のデリケートに接する商品が最も汚染されていました。 テーノ博士はABCのインタビューで、この調査結果について答えています。

❝ 衣類の中には、ひどく汚染されているものがありました。多くの人が同じ商品を試着したのか、あるいは、誰かがひどく不潔でそれを試着ことを示しています…。

これは、ちょっとショッキングな事実です。言われてみれば、多くの人が新品の商品を試着し、店員がまたそれを棚に並べる。もちろん試着した人がどんな人か、清潔な人なのか分かりませんし、いちいち店がクリーニングするわけないですから、当然といえば当然の結果なんでしょうが・・身震いする内容ですよね。(怖)

では、汚染された衣服を着用した場合、リスクのある病気はどのようなものがあるのでしょう?

実際に考えられるのは、

・A型肝炎、トラベラーズ下痢(もらい細菌による下痢)、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌という毒菌)、サルモネラ菌、ノロウイルス、酵母感染症等

が挙げられるそうです。テーノ博士は続けます。

❝ 幸いにほとんどの人が非常に頑強な免疫系を持っています。ですので通常、微弱な毒細菌であればやっつけることができます。ただし、免疫システムが弱い時にこうした衣服に接触すると病気になる可能性があります

■新しい服を洗うべきもう一つの理由
汚染物だけではありません。購入した新品服がどの国で製造されたかによって、複数の化学物質が混入している可能性があります。 中でもアゾ染料、アニリン染料は軽度から(発がん性レベルの)重度の皮膚反応を引き起こすことが分かっています。

実は周知されていませんが、アゾ染料の毒性は国でも問題視するレベルとなり、2016年4月からアゾ染料の衣服の販売禁止規制が始まってメーカーも対応に追われていました。(ですので、現在は基本的に大丈夫のはずです)

しかし、逆に言うと、最近まではこのような危険物質が混入した商品が店頭に並んでいたということですよね。しかも、アニリン染料やホルムアルデヒド樹脂などまだまだ有害物質が使用されている衣服も多く、新品には有害化学物質の付着があり得るということです。

さらに!ノニルフェノールエトキシレート(NPE)という衣類を製造するために使用される毒性の強い界面活性剤が含まれています。人体への影響のみならず、繊維工場や自宅の洗濯機から河口へ排水され世界的に社会問題となっているのです。

大手アパレルメーカーは、こうした有害化学物質の排除宣言をしていますが、排除率やメーカーの実行有無については分からないので、どの新品商品が対象か確認しないとわかりません。

植物から繊維を製造するには、漂白、染色、矯正、収縮低減、汚れおよび臭気の耐性、防火、防虫、しわを低減させる化学物質が必要になってきます。

そして、仕上げにしばしば使用される化学物質には、ホルムアルデヒド、苛性ソーダ、硫酸、臭素、尿素樹脂、スルホンアミド、ハロゲン、および臭素など危険有害物質が含まれています。

■一般コットン服を買う=世界で最も有害汚染された服を着る
まだまだリスクがあります。あなたが購入する衣服がオーガニックでない限り、生産中に農薬や他の化学物質で大量に処理されている遺伝子組み換え(GE)コットンから作られている可能性があります。

綿花生産に使用される化学物質は栽培で終わらない。有害な除草剤を使用して植物を枯らすことで、大量収穫も可能になるのです。

コットン業界で最も有害な除草剤や殺虫剤が多量に使用されていることから、綿は世界で最も汚れた作物とみなされています ❞  オーガニック消費者協会(OCA)コメント


世界の全ての農作物の中で最も殺虫剤(農薬)量が使われているダントツトップがコットンなのです。特に世界保健機関(WHO)が認める最も深刻な有害殺虫剤の3つ「アルジカルブ(男性の皮膚に1滴で致死量)」「パラチオン」「メタミドホ」が、綿花生産で最も一般的に使用されています。

これは、食べ物のみならず衣類も なるべくオーガニックコットンを選択したほうがよさそうですね。

多くの専門家は、新しい服を家に持ち帰ったときに洗濯することを勧めています。様々な新品衣類に関するおどろおどろしい実態が明らかになった今、勧められなくても洗濯したくなりますよね。



匿名希望

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 7 8
9 10 11 12 14 15
16 18 20
24 25 26 27 28 29

最新コメント

[10/23 ほうがくしょうげん拝]
[10/16 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/05 QED]

バーコード

ブログ内検索

P R