忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ワクチンを打たない子供は私が見た中で一番健康な子供」医師が断言!

リンク

 新型コロナウイルスの感染拡大を止めるため早急なワクチン開発が急がれているが、このタイミングでワクチンの必要性に疑問を投げかける発言が米国の医師から飛び出した。
 アメリカには宗教的な理由からワクチンの接種を免除されている学校がいくつかあるが、近年は免除廃止が進んでいる。そうした中、米コネチカット州でもワクチン免除廃止派の議員らが、免除の廃止を進めるため、専門家から意見を聞く聴聞会を昨年11月に開催した。ところが、これに強く反対する医師が現れたのだ。米ニューヨーク州のローレンス・パレブスキー医師が、ワクチンを接種していない子どもの方がずっと健康だと訴えたのである。

 あくまでもパレブスキー医師の主張だが、彼によると、脳には薬物やウイルスや細菌の血液からの侵入を防ぐ血液脳関門があるが、ワクチンの補助剤として使用されるアルミニウム化合物や乳化剤により、それらが脳内に侵入できるようになるという。アルミニウム化合物などは脳にとって異物であるため、それにより脳内で炎症が起こり、学習障害や自閉症の原因になっているとのことだ。
<参考:朝日新聞デジタル アルツハイマーとアルミ、関連ある? 海外では論文続々>

 そして、パレブスキー医師が最も懸念しているのが、ワクチンの安全性に関する研究がほとんどないことで、偽薬群と比較した研究は全く見いだせないとのことだ。また、パレブスキー医師の20年間のキャリアでは、ワクチン接種をしていない子供の方が圧倒的に健康体だということがいえるという。たとえば、長男はワクチンを接種し、次男は部分的に摂取し、三男は全く摂取していない家族では、長男は病気にかかりやすいが、三男はまったくの健康体だったそうだ。


さらに、ワクチンを接種しても病気には罹るという。たとえば、カリフォルニア州では麻疹に感染した症例のうち37%は麻疹ワクチンが原因だというから恐ろしい。95~98%の人口が麻疹ワクチンを受けている地域でも麻疹の流行は起こることもあり、それは麻疹ウイルスが変異してしまうからだという。一方、宗教的理由からワクチンの接種が免除されているニューヨーク州ロング・アイランドの4200人の子供では麻疹の感染が一件もなかったそうだ。

 パレブスキー医師の言うことが真実であれば、ワクチンは一切接種しないほうが良いということになるが、一人の医師の個人的な調査が全て正しいと言うことはできない。とはいえ、パレブスキー医師の他にもワクチンの悪影響を懸念している専門家がいることは事実であり、今後ワクチンの是非を巡り、よりオープンな議論と研究がされることが望まれる。




吉 四六
PR

遺伝子組み換えでない作物をを選ぶポイント

遺伝子組み換え作物(Genetically Modified Organisms=GMO)は、従来の種の掛け合わせではなく、遺伝子から組み替えていくので、時間がかからない上に種の交配ではできない異種交配も可能にしました。その結果、それまでの作物が持たない新たな性質を加えることが可能になりました。

遺伝子組み換え作物が必要になったのは除草剤の耐性がついているから。
ほかの雑草を根絶やしにする除草剤をかけてもまったく枯れずにすくすくと育つように遺伝子組換えが行われたのです。

そしてこの遺伝子組み換え作物を広げたのが、モンサント社(現バイエル社)でした。

遺伝子組換え作物の栽培国はアメリカ、ブラジル、アルゼンチンがTOP3。
世界中で栽培される大豆の約80%、綿の75%、トウモロコシ、菜種は約30%を遺伝子組換え作物が占めていると言われています。

YAHOO!JAPANニュース 2月21日(金)記事より
リンク

********************************
気になる「遺伝子組み換え食品」の真実。外国産と国産、どちらが安全なのか

~前略~

現在日本で販売されている遺伝子組み換え製品

現在の日本ではすべての食品への遺伝子組み換え表記は義務ではありません。
義務付けられているものは8種類の農作物(とうもろこし、大豆、菜種、綿実、じゃがいも、てんさい、アルファルファ、パパイヤ)と加工品のみ。

そして日本の食料自給率は38% (平成29年度カロリーベース)。輸入大国の日本は、とうもろこしの80%、大豆の70%を1位のアメリカから輸入しているのが現状。さらに菜種はカナダから93%輸入しており、カナダは遺伝子組み換え作物生産国の世界第5位です。

さらにこれらの作物は加工品にも多く使われているため、上記の食材を買うときだけでなく、加工食品の方にも注意が必要。さらにはこれらを餌にした食肉にまで、影響は及ぶのです。

【とうもろこし原料】
使用例:スナック菓子、練り物、コーンフレーク、顆粒だし、歯磨き粉、ジャム、ジュース、ヨーグルトなど
表記名:果糖ブドウ糖液糖、ブドウ糖化糖液糖、高果糖液糖、デキストリン、グルコースシロップ、ソルビトール、水あめ、でんぷん、コーンスターチ、アミノ酸等

【大豆原料】
味噌や醤油はもちろん、大豆油や大豆たんぱくを使用する加工品にも注目。
使用例:練り物、ハム、味噌、醤油、たれ、ドレッシングなどの調味料、アイスクリーム、サプリメントなど
表記名:大豆たんぱく、レシチン、乳化剤

【油脂類】
コーン油、キャノーラ油、ナタネ油など国産の表記がない物はほぼ遺伝子組み換えとみて良いでしょう。また、その油を使った加工品ももちろん該当します。
使用例:パン、クッキー、ホイップクリーム、マヨネーズなど
表記名:植物油脂、ショートニング、マーガリン、サラダ油

では遺伝子組み換えでない食品を選ぶポイントは何なのでしょうか。


遺伝子組み換えでないものを選ぶポイント

1. NON GMOの表記のあるものを選ぶ
海外製品を選ぶことになりますが、日本よりも海外の方が遺伝子組み換えに敏感な消費者が多いです。
生産国1位のアメリカも、だからこそ消費者へのアピールとして自主規制を徹底しているメーカーもたくさん。大手チョコレートメーカーのハーシーやネスレ、ダノンなど、率先して非遺伝子組み換えの製品を次々と発売。
非遺伝子組み換えの証である「NON GMO」を目印にしてください。
またiHerbではNON GMOのものだけを選べる機能も。

2. 有機JAS認証マークの食品を選ぶ
オーガニックだけでは100%非遺伝子組み換えとは限りませんが、有機JASマークは遺伝子組み換えを禁止しているため、このマークがついているものならOK。
また加工品も生活クラブやパルシステムなどなど会員制の食品メーカーでは、非遺伝子組み換えに取り組んでいる製品が多くあります。

3. 法改正により「非遺伝子組み換え」表記が変わる
実は現在は日本では、食品の5%以下であったら遺伝子組換え作物が使用されていても「遺伝子組み換えではない」という表記をすることが認められています。それは食品を作る工場などで起こりうる、「意図せざる混入」がある可能性が高いから。
それが2023年4月、表記が厳しくなり、遺伝子組み換え食材が「不検出」だった時のみ遺伝子組み換えではない、と表記することができなくなりました。

より厳しくするのは良いことなのですが、この条件だと遺伝子組み換えではない、と表記できる食品はほとんどなくなるのではないか、という懸念も。


また、遺伝子組み換えは安全だ、と主張する団体も数は少ないですが存在します。
ガンの発生率などは遺伝子組み換え食品のせいだとは限らない、というのが主張の理由。
国としては除草剤も遺伝子組み換え食材の輸入の規制がない日本は、ますます消費者の情報や判断力が試される時代になっていくようです。

何気なく手に取る食べ物を、「食べたいか、安いか」だけでなく、明日の自分のカラダを作るのに値する「安全なのか」を考えてみてみましょう。
********************************





太刀川省治

注目される食品添加物

食品添加物の危険性はあらゆる場面で紹介されていますが、
何をえらべばいいのか?
今回はその選ぶ基準になるもの、代表的なものを紹介。

リンク引用

私たちの体は食事によって作られています。
だからこそ、少しでも体に良い食材・食品を採ろうと響工夫しています。
しかし、自分の体にいい影響を及ぼすだろうと考えて口にしている食品の中には、医者や栄養士といった専門家が出来る限り食べないように努力しているものもあります。
一体どんな食品があるのでしょうか?
この事実に気がつかなければきっと口にしてしまうだろう食品3種類を紹介します。

1.賞味期限が異常に長い食品
賞味期限が異常に長いということは、腐らないよう何かしらの対策が取られているということ。
そうです。添加物が多く使われている可能性があるのです。
添加物というと欧米で多く使われているイメージがあるかもしれません。確かにアメリカで許可されている添加物は140種類ですが、日本で許可されている添加物はアメリカの10倍以上となる1500種類もあるのです。
添加物には
・ガンになりやすくなる
・肺炎や肝硬変になりやすくなる
・アレルギーになりやすくなる
・精子や卵子が減りやすくなる
といったデメリットがあります。
面倒に思うこともあるかもしれませんが、可能な限り、賞味期限が短く、買ってきたらすぐ食べてしまうような食品を選びましょう。

2.オーガニック栽培されていないイチゴ
子どもも大人も大好きなイチゴ。食べる機会が多いことでしょう。
皮をむかなくても実をそのまま食べることができる野菜や果物には、非常に量の多い残留農薬や化学肥料がたくさん。
残留農薬……化学肥料……体内に入ったら悪さをしそうなイメージ、湧きますよね?
ですから、イチゴを食べる時には可能な限りオーガニック栽培されているイチゴにしたいところです。
しかし、場合によってはオーガニック栽培されているイチゴを入手できないこともあるでしょう。
そのような時には、イチゴをボウルに入れて、5分ほど流水につけておきましょう。
そして、5分経ったらザルに取って、5回ほど流水でざるを振りながらイチゴを洗って下さい。
さらに、イチゴのヘタは流水で2度洗ったあとに切り取るようにしましょう。
これは、ヘタを落とした部分から農薬などの有害物質が入らないようにするためです。

3.缶詰トマト
料理で使うことも多いトマト缶。缶の内部にはビスフェノールA(BPA)という成分を含んだ合成樹脂が塗られています。
このBPAは心臓病・糖尿病・肥満をはじめ、体内に取り込まれたBPAは精子の数を減らしたり、卵子を傷つけたりという悪さをします。特に、幼い子どもの発育にBPAが悪影響を及ぼす危険性が高いので、女性なら知っておきたいところです。
対応策としては、固形のトマトからトマトピューレを自作するか、ビンに入ったトマトを使うようにしましょう。



匿名希望

畜産業界における抗生物質の乱用が、世界で「耐性菌の脅威」を生んでいる

一部の国では、農家が家畜の病気を予防するために抗生物質を乱用している。結果として抗生物質への耐性をもつ細菌が増え、農家での家畜の育成や獣医療の能力が低下する事態が起きている。さらに、こうして発生した耐性菌が人に感染することで、治療も拡散の抑制もしにくい伝染病が発生する可能性がある──。医療ジャーナリストのマリーン・マッケーナによる考察。

家畜の病気を防ぐための抗生物質が、その効果を世界中で失っている。細菌が耐性をもつようになってきているのだ。

そして新たな研究によると、この大問題は、耐性菌が人間にもたらす危険のほうが長らく注目されていたことによって、隠されていたのだという。

◆注目されてこなかった、家畜への影響

家畜業界における耐性菌の増加の傾向は、二重の危険をはらんでいる。まず長期的に見ると、このような耐性菌が人に感染することで、治療も拡散の抑制もしにくい伝染病が発生する可能性がある。一方、食肉業界では、すでに抗生物質の常用によって農家での家畜の育成や獣医療の能力が低下する事態が起こっている。

ただし、この問題は全世界的なものではない。家畜における抗生物質への耐性菌の問題が深刻な場所は、中国やインド、ブラジル、トルコ、イラン、ケニア、そして一部の新興国だ。これらは食用肉の需要増によって、大規模畜産が急増している地域にあたる。

研究によると、開発途上国で最も重要な肉畜であるブタやニワトリから採取された全細菌のうち、治療薬の多くが無効になった細菌の割合は、2000年から18年にかけて3倍に増えたという。

◆病気の予防にも使われる抗生物質

この問題の原因は、病気の治療に抗生物質を使っていることだけではない。畜産農家たちは、家畜の成長を促したり、すし詰めの納屋や飼育場での病気を防ぐために、抗生物質を餌に混ぜているのだ。ともすると、世界で投与されるすべての抗生物質の4分の3が、この目的で使われている可能性があるという。

こうした抗生物質の使用法は、人間に対するそれとは大きく違う。人間の場合、投薬の目的は感染の治療であり、予防ではないからだ。

このような見境のない抗生物質の使用は、抗生物質の誕生初期からあったもので、当時からしばしば批判されてきた。抗生物質が投与されるたび、微生物界はそれに対抗して自衛のための変異を起こすゆえ、危険なのだ。

◆人間から家畜へ目線を変えるとわかること

家畜に対する抗生物質の使用が話題になるとき、これまで注目されてきたのは、農場で生まれた耐性が人間に及ぼす脅威の部分でである。

一例を挙げよう。いまから10年ほど前の話だ。多剤耐性菌による感染症の蔓延で多くの薬が効力を失うなか、医学界は何年も前に人気を失い棚の奥に眠っていた「コリスチン」という抗生物質に目をつけ、人々の治療に使った。

ところが2015年になると、コリスチン耐性をもつ細菌が世界中に広がりつつあることが判明する。理由は畜産業だった。中国と欧州で、豚の生育強化のために大量のコリスチンが使われていたのだ。それ以来、中国政府は国内の畜産におけるコリスチンの使用を禁止しているが、コリスチン耐性をつくり出す遺伝子は世界数十カ国に広がっている。

ラクスミナラヤンのチームは、このように農場で生まれた薬物耐性が、人だけでなく家畜にも同様の危険をもたらすことを確信していた。だが人間の薬とは異なり、その証明に役立つ大量のデータソースがない。農場における耐性の監視にはばらつきがあるうえ、除法も政治的にデリケートなのだ。

そこで研究チームは、家畜や食肉の耐性を測定した単発の研究プロジェクトを探すことにした。

実際に調査してみると、さまざまな言語で発表された数千の研究が見つかった。チームはさらに見つかった研究を精査し、科学研究として信頼できると思われる901件にまで数を絞り込んだ。これらの調査は世界822カ所で実施され、家畜から採取したサンプルは合計28万5,496件にもおよぶ。

これらを集計したところ、動物における耐性率は、幅広い種類の抗生物質で上昇していることが明らかになった。こうした抗生物質のなかには、耐性に負けた古い薬の代替として使われるようになった新薬も含まれている。

最も耐性率の上昇が顕著だった地域は、家畜飼育の規模が拡大しているものの規制が追いついていない場所だったという。ただし一部の国については、その証明が困難であることもわかっている。最大の食肉生産国のいくつかは、利用できるデータが最も少ない国でもあったからだ。

◆抗生物質依存はコスト削減のため

微生物学者のランス・プライスは、この問題の幅広さを懸念している。プライスはジョージ・ワシントン大学の抗生物質耐性対策センターで設立当時から責任者を務める人物で、肉畜生産における抗生物質利用の研究を続けている。なお、彼は今回の調査には参加していない。

プライスが指摘したのは、多剤耐性をもつ破壊力の強い病原菌のほとんどが、ひとつの細菌内でいくつかの遺伝物質が偶発的に積み重なることで出現する点だ。これが起きるのは、多くの抗生物質が多くの家畜に一度に使われた場合に限られ、最近までは珍しいものだった。

「世界数十億の家畜に抗生物質を使うということは、その珍しい事象がより頻繁に発生する機会を増やすことになります」と、プライスは言う。「新しい耐性要素が出現する可能性が高くなるのです」

発展途上国の畜産がこれほどまで大きく抗生物質に依存する理由のひとつに、費用の問題が挙げられる。抗生物質を予防に使うことによって、農家は乏しい資金を獣医療や病気の封じ込めに使わずに済むのだ。

しかし、衛生状態が悪かったり、バイオセキュリティーが緩かったりすると、抗生物質が要求されるような状況を生むことになる。さらに細菌が農場の外に流出し、耐性菌が人間を病気にする可能性も増すことになる。

リンクより抜粋



匿名希望

輸入トウモロコシに汚染が拡大 国産牛乳も安心できない

yahooニュース リンク より、以下転載
-------------------------------
輸入トウモロコシに汚染が拡大 国産牛乳も安心できない

 これまで、肥育ホルモン剤が過剰投与された米国の牛肉や、遺伝子組み換え(GM)作物の危険性を書いてきた。これらは輸入食品だから、国がその気になって検査すれば分別は容易だ。もし私たちが知らずに食べさせられているとすれば、政治家を含めたこの国の責任だということになる。

 ただ、問題は一見して米国と関係のなさそうな国産牛乳にも汚染が拡大しているということだ。
2014年の「輸入食品等の違反事例」を調べると、米国からのトウモロコシがアフラトキシンに汚染されて不適格になった事例がけっこう多い。

 アフラトキシンというのは熱帯性のカビで、猛毒の発がん物質をつくる。毒性はダイオキシンの10倍以上もあり、地上最強といわれ、輸入穀物によく発生する。

 07年の参議院での答弁書では、米国産トウモロコシの違反率について「平成18年において6・2%、平成19年5月末日時点において3・8%」がアフラトキシンに汚染されていたという。06年に米国から輸入したトウモロコシを1000万トンとすると、62万トンが汚染されていたのだ。

 アフラトキシンには6種類あるが、輸入穀物からよく検出されるアフラトキシンB1に汚染されたトウモロコシを乳牛に与えると、肝臓でアフラトキシン M1に変換されて牛乳中に出てくる。 M1の毒性はB1の約10分の1だが、猛毒であることに変わりがない。

 アフラトキシンを大量に取ると肝障害を起こして黄疸などを発症するが、少量を長期間取り続けると肝がんになる可能性が高い。それよりも怖いのは、遺伝毒性を持つこと。遺伝毒性とは、細胞の中にある遺伝子を傷つけることで、がん化の引き金になるだけでなく、生殖細胞を傷つけたら子や孫が深刻な病を引き起こす。

 米国のGMトウモロコシで育てた乳牛から搾った牛乳は、その多くを学校給食で子供たちが飲んでいる。

 アフラトキシンには安全性の閾値(ある反応を起こす最低限の量)がないといわれ、残留基準値を設定しても無駄なのだが、国際基準値としては0・5μg(マイクログラム)/㎏だ。食品の安全基準値に厳しいEUでは、その10分の1の0・05μg/㎏。子供たちの給食のことを考えると、飼料のほぼ全量を輸入している日本は、さらに残留基準値を厳しくするのが普通なのに、なんと10μg/㎏と、国際基準の20倍も甘い値を設定した。EUと比べると200倍の緩さだ。

 この数字は、飼料の大半を輸入している米国に忖度したものだろう。厳しくすれば、米国から批判されるとでも思ったのだろうか。
-------------------------------



山上勝義

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R