忍者ブログ

『内部被曝の脅威』(肥田 舜太郎、鎌仲ひとみ著)より~乳がん死亡増加の原因の隠蔽~の紹介

つい先日、女優の田中好子さんが乳がんでなくなったことが話題になりましたが、身近なところでも昔に比べ「乳がん」が増えたとの実感がありました、そのことを裏付ける情報を紹介します。

書籍の内容を紹介するブログリンクより引用します。

------------------------------------------------------------------
乳がん死亡増加の原因の隠蔽

1950~89年の40年間にアメリカの婦人(白人)の乳癌死亡者が2倍になったことが公表された。その原因の究明を世論から要請された政府は、膨大な統計資料を駆使した調査報告書を作成し、乳癌の増加は「戦後の石油産業、化学産業などの発展による大気と水の汚染など、文明の進展に伴うやむを得ない現象」と説明した。統計学者のJ.M.グールドは報告に使われた統計に不審を抱き、全米3053郡(州の下の行政組織で日本の郡に同じ)が保有する40年間の乳癌死者数を全てコンピューターに入力し、増加した郡と横ばい並びに減少した郡を調査した。その結果、1319の郡が増加し、1734の郡が横ばい、または減少しており、乳癌死者数には明らかに地域差のあることが判明した。

グールドはコンピューターを駆使して、増加している1319郡に共通する増加要因を探求し、それが郡の所在地と原子炉の距離に相関していることを発見した。即ち、原子炉から100マイル以内にある郡では乳癌死者数が明らかに増加し、以遠にある郡では横ばい、または減少していたのである。乳癌死者数の地域差を左右していたのは、軍用、民間用を問わず、全米に散在する多数の各種原子炉から排出される低線量放射線だったのである。

1996年にグールドはこの調査結果をニューヨークの「四つの壁と八つの窓(Four Walls Eight Windows)」という小さな出版社から『内部の敵』という書名で出版した。書名は、人間を体内からゆっくり破壊する低線量放射線という敵と、データを改ざんしてまでそれを隠蔽し続ける国内の敵を意味している。

2002年に私はグールドに倣い、日本に52基ある原子力発電所ではどのようなことになっているのか、調べてみた。ところが日本全土が原発を中心にして100マイルの円を描くとすっぽり入ってしまい、原発のある県とない県を比較することができなかった。同時に、戦後50年間(1950~2000年)の日本女性の全国及び各県別の乳癌死亡数をグラフ化し、次の事実が明らかになった。(死者数は10万対)
 
 1)全国死者数は1950年の1.7人から2000年の7.3人まで一定の勾配で右
   上がりに上昇し、4.3倍になっている。(図6、省略)
 
 2)1997~1999年の3年間は、青森県15人、岩手県13人、秋田県13人、山
    形県13人、茨城県14人、新潟県12人と、六県の乳癌死者数が12~15
    人と突出して増加している(図7、省略)
 
 3)次に気象庁の放射性降下物定点観測所(全国12ヶ所)におけるセ
   シウム137の降下線量(1960~1998年)を調べた。降下量が増加して
    いるのはつぎの通りである(図8、省略)

a 第1期(1961~1963年)米ソ英仏が頻回に大気圏核実験を行った時期。

b 第2期(1964~1981年)1963年に大気圏核実験禁止条約発効で実験が中
 止,代わって中国が1964から核実験開始。セシウム137はわずかに増加

c 第3期(1968~1986年[チェルノブイリ事故の年])秋田観測所でのセシウ
 ム137が単年度に極端に増加した。

 4)秋田観測所でセシウム137の降下量が著明に増加しているのは1986
   年だけである。原子力発電所運転管理年報によれば、この年には国
   内の原発にはどこも大きな事故の報告はなく、県別乳癌死者数分布
   図(図9、略)から推定して、1986年のチェルノブイリ原発事故か
   ら放出された放射性物質が死の灰の雲となって日本の東北部に濃
   厚に降下したものと考えられる。
 
 5)2の東北四県と茨城、新潟両県の乳癌死亡の異様な増加は3-cの
   1986年、秋田観測所が観測したセシウム137の異常増加のちょうど
   10~12年後に起こっている。これは1996年~1998年にセシウム137を
   ふくむ空気、飲料水を摂取した上記六県の女性が、乳癌を発病して
   死亡するまでの平均時間に一致している。当該県民の医療知識水準
   と医療機関の状況からみて、乳癌死亡の高騰とセシウム137の大量
   降下の間にきわめて高い相関があるものと推定される。

 6)もちろん、これだけのデータだけで上記六県の乳癌死亡増加の原因
   がチェルノブイリ原発からの放射線であると断定することはでき
   ないが、しかし、かなり広範な地域に大量の死者を出す原因は、地理
   的な関係から大気汚染以外に考えられず、欧州各国の大量の乳児に
   甲状腺癌を発生させたチェルノブイリの死の灰の存在を有力な犯
   人と推定せざるを得ない。
 
くり返すが、これだけのデータでは「上記の県の乳癌死亡の原因がチェルノブイリ原発からの放射線である」と断定はできないが、低線量内部被曝の危険性を知るうえで、の一つの参考資料とはなり得ると考える。つまり、当時は言及されることのなかった、微量な放射性物質の内部被曝が10~12年かかって現れたといえるからだ。

一方、世界的に乳癌は急激に増えている。日本では25人から30人に一人という発症率で毎年3万5000人の女性がこの癌にかかるといわれている。30歳以上の女性の死因の一位となり、年間に9600人が亡くなる。40年前の6倍になっている。欧米では8人に一人の女性が乳癌となり、年間37万人が亡くなる。つまり、90秒に一人亡くなる計算だ。この乳癌増加の影に世界規模の内部被曝が影響を与えているのではないだろうか。
------------------------------------------------------------------
引用以上
ほぼ事実と見て間違いないようにおもいます。福島から毎日出ている放射線のことを考えると、特に女性の方は細心の注意を払うべきですね。




宮本昇
PR

3号機建屋の水蒸気爆発時に出た黒煙について  その2

カレイドスコープ 【リンク】 からの転載です。続きです。
---------------------------------
さらに、説明を付け加えましょう。

私が言わんとしているのは、プールは上に向けられた銃口のようなもので、上に向けて狙い発射した。

ビデオを見ると、多量の破片が落ちてくるのが見えます。それらは、燃料棒を含む燃料集合体で、プルトニウムやウランの破片でしょう。

プルトニウム、ウランは2,3マイル離れたところからも検出されているのが納得できます。

その他としては、噴煙の黒さでしょう。その黒さは、ウランやプルトニウムが揮発したことを意味します。

それらはごく細かな粒子となり、太平洋を越えて、ハワイ・西海岸や、ここニューイングランドにまでも到達したのです。

何が上昇のエネルギーをもたらしたか?

それはただの水素反応だったと仮定すると、水素が酸素と結合して水を作る化学反応{水素爆発のこと}です。その化学反応が起きた時はdeflagrationで衝撃波が音速で伝わります。これが1号機で起きたことです。

劇的ではありますが、爆発的ではない。

何が3号機の爆発を引き起こしたか?

明らかに3号機は爆発であり、その二つの理由があります。一つは、噴煙が上方に立ち昇っている大きさ。二つ目は、赤い閃光が建屋の側面で光ったこと。

deflagrationは、あのような閃光は伴いませんが、detonationは閃光を伴います。

何がdetonationを引き起こしたのか?

水素・酸素の化学反応{水素爆発}だけではdetonationは起こりません。それ以外の何かがなくてはならないのです。

なぜかというのはまだ明らかにされていませんが、適切であろう理由は、

①水素・酸素の化学反応が始まり{水素爆発が起こり}、

②それによって燃料棒が激しく動いて変形するような衝撃波が生じた。

③使用済み燃料プールでの燃料棒が変形し{集約したことで}即発臨界による核反応を引き起こした。

④その核反応が、プールから燃料棒・燃料棒集合体などを吹き飛ばし、噴煙を噴き上げる爆発のエネルギーと、3号機での劇的な場面を作り出した。

この仮説を確かめるには、噴煙に含まれる核種の同位体を調べることです。現在、米軍機がサンプルを採集していますから、ラボで分析中でしょう。

2つのキセノン(Xe)の同位体ですが、比率によりますけれども、それによって、使用済み燃料プールで即発臨界を起こしたかどうかが分かります。

証拠は、まさにそこにありますが、まだ私たちの手には入っていない。おそらく、政府は持っていると思います。

~後略~
---------------------------------
以上転載終了



匿名希望

原発作業員の被曝線量上限値引き上げを現場は拒否

原発作業員の被曝線量上限値を、従来の100mSvから250mSvに引き上げる発表を政府が行ないましたが、実際に作業を請け負っている現場では新基準を拒否しています。

復旧作業員を冷温停止状態までどのように確保し続けていくのか、原発事故収束に向けた非常に重要なポイントになります。

ニッカンスポーツ・コムの記事
「政府被ばく基準増 原発作業員が拒否」
リンクからの引用です。


(以下引用)
 高い放射線量下で電源復旧などにあたる福島第1原発の作業員が、2・5倍の被ばく線量上限アップを拒否していることが9日、明らかになった。厚生労働省が同原発の事故発生後に急きょ限度を250ミリシーベルトに引き上げたことについて、作業員を派遣する企業の多くが「現場が納得しない」などと反発。現在も従来基準の100ミリシーベルトを適用していることが、共同通信の取材で分かった。交代要員を含めて1000人を超える作業員は、大量被ばくの恐怖と闘いながら過酷な作業に従事している。

 福島第1原発の作業員には、「健康被害はない」という説明を受け入れる余裕もないのだろう。厚労省は引き上げ根拠について、緊急時の上限を500~1000ミリシーベルトとする国際放射線防護委員会(ICRP)の見解を考慮。「医学的知見から、白血球の一時的減少など健康被害が出ない上限を採用した」として、100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに変更した。しかし1000人超の作業員は、この決定を拒否していた。

 派遣元の関電工の広報担当者は「いきなり引き上げても、現場の作業員には納得してもらえない」と話した。3月24日の作業中に被ばくした同社社員3人の外部被ばく量は、173~180ミリシーベルト。これを超える250ミリシーベルトという基準に、現場が過剰に反応するのも無理はない。同広報は「うちは慎重にならざるを得ない。安全を考え、100ミリシーベルトを維持していく」と明かした。

 東電子会社の東京エネシスは「現地での管理目標値は100ミリシーベルト。実際は余裕を持って線量管理するため、さらに低く80ミリシーベルトに設定している」と説明。がれき撤去にあたるゼネコンの鹿島や大成建設も100ミリシーベルトを基準にしている。日立製作所の広報担当は「200ミリシーベルトを社内規定とした」と話した。

 名古屋大大学院マテリアル理工学専攻の榎田洋一教授は、100~250ミリシーベルトの被ばく量について「短時間で一気に肌に接触しない限り、負傷することはない。それでも、この量を少しずつ、長く浴び続ければ、がんになったり、遺伝で子孫に影響が出るかもしれない。高い放射線量下にいる作業員の精神的なストレスを考えれば、引き上げを拒否する気持ちは分かる」と理解を示した。

 今回の原発事故では、これまでの基準を変える過程があまりに急だった。現場に放射線量が相当に高い区域があり、100ミリシーベルトのままでは作業に支障が出る見通しとなったための、苦肉の策だった可能性が高い。日本の原発で作業員の平均被ばく線量は、05年までのデータで1人当たり年間1・0~1・4ミリシーベルト。一般人の年間限度をわずかに超える程度で、放射能漏れが続く福島第1原発の現場とは比較にならない。

(以上引用終わり)



新川啓一

爆発しなくても、このまま半年を越えて放出され続けると、ほぼチェルノブイリの放出量に相当する!?

福島原発は、貯蔵されていた放射性物質(8500万テラベクレル)の約1%(85万テラベクレル)が、約1ヶ月(~4.13)で放出されているらしい。
そしてこの値は、チェルノブイリが放出した量が520万テラベクレルだから、チェルノブイリの放出量の16%になる。
ということは、爆発しなくても、このまま半年を越えて放出され続けると、ほぼチェルノブイリの放出量に相当する!?


i-Mart 福島第一原発の放射線汚染の拡散 リンク より引用
-----------------------------------------------------
■福島原発の現状予測(23.4.13)

◇依然、大量放出の恐れ

東電の試算によると、事故がなければ4月11日時点で1~3号機の炉内と使用済み核燃料プールに残った放射性物質の総量は約8500万テラベクレルと見積もられていた。保安院は「今回の事故で炉内にあった放射性物質の約1%が放出された」とみている。仮に1~3号機の放射性物質がすべて放出されると、チェルノブイリの十数倍に上る。

■チェリノブイリ原発事故と福島原発事故

[福島原発]

原子力史上最悪の1986年のチェルノブイリ原発事故に匹敵する.。
事故から4月5日までに放射性ヨウ素換算で37万~63万テラベクレル(テラは1兆倍)になった。
、現時点では原子炉内に保持され、放射性物質の外部への放出量は10分の1程度と見積もられるが、今後の推移次第。

[チェリノブイリ原発]

放出量は520万テラベクレルとされている
-----------------------------------------------------



麻丘東出

予測被ばく量の計算5 合算して総被ばく量を予測する

⑤合計

東京での外部被ばく、呼吸による内部被ばく、飲料による内部被ばく、食料による内部被ばくを合計する。

それぞれの前提条件は、
・ずっと東京にいる
・福島原発は爆発もしないし、現在以上の放射性物質の拡散も起こらない
・大気中の放射線量は、現状と変わらないまま推移する
・大気中の放射性物質の量は、4月平均値のまま推移する
・核種(放射性物質の種類)は、つくば市での計測とほぼ同じまま
・水道水に含まれる放射性物質の量は、4月平均値のまま推移する
・水道水には計測されないヨウ素やセシウム以外の放射性物質は含まれない
・食料に含まれる放射性物質の量は、4月中旬値のまま(暫定規制値の1/100~1/1000)推移する
・線量換算係数では、1Gy=1Svとされている(実際には、アルファ線、中性子線の方が人体に与える影響は大きいため、α線・中性子線では1Gy≒
20Svとなる)

但し念のため、飲料と食料については、暫定規制値まで悪化した場合もシミュレーションもしてみる

結果は、

         現状のまま  暫定規制値まで悪化
①外部被ばく   704.14μSv    〃
②吸引内部被ばく  42.60μSv    〃
③飲料内部被ばく  32.22μSv   9,444.38μSv
④食料内部被ばく 184.69μSv  33,580.00μSv
------------------------------------------------------
合計       963.65μSv  43,771.12μSv
          ≒0.96mSv   ≒43.77mSv

(2年間)     →1.92mSv   →87.54mSv

この放射線量は、どれくらいの影響があるかというと、

--------------------------------------------------------------
(ビジネス知識源リンク)

【累積被曝線量】    疾患           
~~~~~~~~~~~~~~~~~
[急性疾患]
7000~10000mSv ほぼ即死
4000mSv     短期間で死亡
1000mSv     悪心・嘔吐
500mSV     血中のリンパ球の減少
[慢性疾患]
400mSv     白血病が増える
100mSV     健康被害は少ないとする政府基準
[以下は日常値とされている]
100mSV     がんの確率が1万人で100名(1%)増える
50mSv      がんの確率が1万人で50名(0.5%)増える
25mSv      がんの確率が1万人で25名(0.25%)増える
1mSv(1000μSv) がんの確率が1万人で1名(0.01%)増える
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(いずれも可能性:個人差、年齢差は大きい。100mSv以上は日経
新聞、100 mSv以下の微弱放射線量の分は、原子力資料情報室の、
崎山比早子氏の公表データより)
--------------------------------------------------------------




小暮 勇午

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
2 3 5 6
8 9 11 12 14
15 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/23 ほうがくしょうげん拝]
[10/16 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/05 QED]

バーコード

ブログ内検索

P R