忍者ブログ

うつ病や自殺さえ招く「薬の副作用」の新常識

相変わらず薬の副作用から鬱病になり、自殺になる人が後を絶たない。
興味深い記事を紹介する

リンク


■薬の副作用で起きるうつ病の注意すべき症状

 そもそも、副作用はかなり特殊なケースであり、そう頻繁に起こるものではない。日常診療で薬を処方されるたびに、可能性がある副作用の説明をいちいち受けていたら、それだけで日が暮れてしまう。

 このため、こうした薬が処方されるとき、患者に副作用で起きるうつ病の可能性について医師や薬剤師が説明することはほぼない。しかし、レアケースであるからこそ、医師が実地で経験する症例も少なく、見逃されると深刻になりやすい。


 薬の副作用で起きるうつ病は、「薬剤惹起(じゃっき)性うつ病」と呼ばれている。2008年に厚生労働省が発表した『重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤惹起性うつ病』には、注意すべき症状として以下が挙げられている。

薬の服用後に注意したい症状
・眠れなくなった
・物事に興味がなくなった
・不安やイライラが出た
・いろんなことが面倒になった
・食欲がなくなった
・気分が落ち込んだ

 このマニュアルによると、うつ病を起こしやすい薬物として、インターフェロン製剤や副腎皮質ステロイド薬のほか、レセルピン、β遮断薬、カルシウム拮抗薬といった降圧薬や、抗ヒスタミン薬、経口避妊薬などが挙げられている。


 ただし、厚労省マニュアルは公表されてからすでに10年が経過し、これまで一度も改定されていない。今回発表されたアメリカの研究で、よく処方される薬に挙がっていたプロトンポンプ阻害薬は、厚労省マニュアルには登場していないが、日本でもお馴染みの薬である。

 もし薬によるうつ病が疑われたら、どうすればよいか。大切なのは、勝手に服用を中止せず、まずは担当医と相談することだ。

 前出の厚労省マニュアルには、「できれば減量・中止して、経過を慎重に観察することが重要」と記載されている。減量または中止してうつ病が改善すれば、その薬物がうつ病の原因であったことが判明するというわけである。


■処方薬5剤以上で体調不良なら医師に相談を

 OECDヘルスデータ2015によると、日本はアメリカに次いで2番目に1人当たりの医薬品支出が多い国だという。リーマンショック以降、OECD諸国では医薬品費が抑制される傾向にあるが、日本では年平均5%で医薬品費が伸び続けている。

 日本では多種類の薬を併用することにより患者に悪影響が起きる「ポリファーマシー(多剤併用・多剤処方)」も以前から問題となっている。


 2016年社会医療診療行為別統計によると、40歳以上では1件当たり3種類以上の薬剤が処方されている割合が50%に達している。さらに高齢になればなるほど、抱えている疾患が増え、違う診療科から複数の薬剤を処方されるようになる。このため、75歳以上になるとこの割合は60%を超える。

 特に専門家の間では、5剤以上の多剤併用・多剤処方では、副作用や死亡、日常生活動作の低下、転倒などの増加につながることが以前から指摘されている。


 現時点で5剤以上処方されている薬があり、何らかの不調が続いているようなら、副作用の観点からも医師と薬を見直すいいタイミングかもしれない。



北尾璃枝
PR

危険な抗生物質使用の食肉、大量流通の恐れ スタバやケンタ等が調査不合格・・・①

リンク より

今月初めにTPP(環太平洋経済連携協定)が大筋合意され、日本政府は食品添加物や農薬、遺伝子組換えに関連して、「TPPによって、わが国の食の安全・安心が損なわれることはない」と強調した。それを鵜呑みにすることはできないが、実は特に注意が必要なのは、農産物の中でも牛肉や豚肉、鶏肉など畜産物の関税削減・撤廃などによる、食肉の輸入量拡大の問題だ。

食肉の輸入が増えれば価格が安くなって良いとの消費者の声もあるが、そこに食の安全に関する大きな落とし穴がある。それは、抗生物質添加の飼料や水を与えられた牛などの食肉の輸入量が増加する点である。牛などの体内で抗生物質が効かない耐性菌が増え、その耐性菌が付いた肉を人が食べると、また人の体内で耐性菌が増えて、肝心の病気のときに抗生物質が効かなくなる。この薬剤耐性菌による感染症治療の深刻化という重大な問題が、起こりかねない。

○米国大手ファストフードチェーンの大半が不合格
9月半ば、CNN(米国ケーブルニュースネットワーク)【編注1】の日本語訳サイトに、大変興味深い記事が掲載された。米国のフレンズ・オブ・ジ・アースなど6つの消費者・環境団体が、米国の大手ファストフードチェーン25社を対象に、メニューに使われている食肉の抗生物質の使用状況について調査した。

その結果、抗生物質を定期的には使わずに育てた家畜の肉を主に使用していると報告して「A」評価とされたのは、チポトレとパネラブレッドの2社だけだった。チックフィレイは2014年に鶏肉から抗生物質を排除すると表明して「B」評価とされた。鶏肉の抗生物質使用制限を打ち出し、期限も明示したマクドナルドと、期限は明示しないもののすべての食肉で使用制限を打ち出したダンキンドーナツは「C」評価だった。

残るサブウェイ、ウエンディーズ、バーガーキング、デニーズ、ドミノ、スターバックス、ピザハット、KFC、デイリークイーンなどは、いずれも不合格の「F」評価だった。

フレンズなどは、「家畜生産者が定期的に家畜に抗生剤を投与すると、耐性を持つようになった細菌が繁殖して我々の社会にまで拡散し、さらに大きな耐性菌の問題を引き起こす」と指摘した。その上で、「米国の大手飲食チェーンのほとんどは、食肉への抗生剤使用に対する不安の高まりに実質的に対応できていない」と批判した。

○厄介な問題の「耐性菌」の誕生
抗生物質はカビなどの微生物が生み出す薬で、細菌などほかの微生物の増殖を抑えたり、殺す作用がある。ただ、現在は化学的に合成されることも多いため、抗菌薬とも呼ぶ。また、抗生剤(抗生物質製剤)と呼ばれることもある。製剤とは、薬を投与しやすい形や性質・状態にすること。つまり、抗生物質も抗菌薬も抗生剤も実質的に同じと考えてよい。ここでは統一して抗生物質と呼ぶ。

1943年、アオカビから発見されたペニシリンが世界初の抗生物質で、肺炎や敗血症などの治療に役立った。その後、テトラサイクリンなど数多くの抗生物質が開発された。

抗生物質は万能薬ともいわれてきたが、実に厄介な問題を抱えている。抗生物質を繰り返し使うことによって、「耐性」といって細菌などが抵抗力(耐える力)を持つようになり、抗生物質が効かなくなってしまう。その効かなくなった細菌を「耐性菌」(薬剤耐性菌)と呼ぶ。

なぜ耐性菌ができるのか【編注2】。それは細菌が絶滅を避け、なんとか生き延びようとするためだ。細菌が遺伝子の突然変異や、新しい遺伝子を獲得することによって、抗生物質があまり効かないようにする酵素を生み出したり、抗生物質が細菌の細胞膜を通過する力を弱めてしまう。

この遺伝的変化によって生まれるのが耐性菌であり、抗生物質が効く細菌を感受性菌と呼ぶ。多数の感受性菌のうちの1つが突然変異によって耐性を獲得すると、これが増殖して耐性菌が出現することになる。感受性菌と耐性菌を試験管内で一緒に培養すると、簡単に感受性菌が耐性菌になる。現在、特に問題になっているのは、結核菌や赤痢菌、ブドウ球菌などだという。

耐性菌に加えて、さらに問題になっているのが「多剤耐性菌」だ。これは系統の異なる2種類以上の抗生物質が効かなくなった細菌を指す。結核菌や赤痢菌のほか、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎桿菌などがある。




加藤俊治

危険な抗生物質使用の食肉、大量流通の恐れ スタバやケンタ等が調査不合格・・・②

リンク より

○米国で年間2万3000人が死亡
実は、日本では大きなニュースになってはいないが、多剤耐性菌を含めた耐性菌の出現と蔓延は、世界的な脅威となっている。

例えば米国疾病予防管理センター(CDC)の13年のデータを基にした「米国における各種耐性菌の年間推定患者数と死亡者数」【編注3】によれば、年間の推定患者数合計200万人以上のうち推定死亡者数は2万3000人。同推定死亡者数のトップがMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症=敗血症など)で1万1000人、次いで耐性肺炎球菌の7000人だった。

別のデータ【編注4】には、「耐性菌の脅威はテロリズムに匹敵 欧州では年間2万5000人が死亡(14年1月15日)」とある。

○なぜ医薬品を非医薬品目的に使うのか
耐性菌はこれだけ大きな人的被害を及ぼすのだが、家畜との関係はどのようになっているのか。

家畜での抗生物質の使用目的は2つある【編注5】。1つ目は、人同様の病気治療のための動物用医薬品としての使用だ。2つ目が、成長促進や飼料効率の改善が目的だ。これは低濃度で長期間にわたって飼料に添加される抗菌性飼料添加物であり、医薬品ではない。先にフレンズなどが、「家畜生産者が定期的に家畜に抗生剤を投与する」と指摘したが、これは医薬品ではなく、後者の成長促進目的に当たる。それにしても、なぜ医薬品を、非医薬品目的に使うのか。

1946年に米国ウィスコンシン大学の動物衛生学研究者、ムーアらが鶏のヒナに対し、ストレプトマイシンなど微量の抗生物質を定期的に与えたら早く成長したと報告【編注6】したのが発端だ。その後、50年代に米国食品医薬品局(FDA)は、家畜の成長を刺激する目的の抗生物質使用を承認した。それ以来、さまざまな抗生物質が牛などに対し、飼料や水と共に与えられてきた。

FDA発表【編注7】によれば、米国では12年の場合、牛89万頭と豚6600万頭、ブロイラー80億羽などに対し、合計1450万kg(3220万ポンド)もの抗生物質が使われた。09年の同1270万kgから16%増加したことになる。この1450万kgは、金額にして人対象のそれの4倍以上になるという。

これは、人と家畜の合計で1450万kgのざっと5倍もの超大量の抗生物質を米国人と、そして食肉を輸入した日本人などが分けて摂取していることを意味する。

○求められる賢明な対策
話はこれで終わりではない。
昨年5月、WHO(世界保健機関)が「地球規模で拡大しつつある薬剤耐性菌について警告」した。そして7月、英国のキャメロン首相は「多剤耐性菌の蔓延と有効な抗菌薬の枯渇の中で、人類は医療の『暗黒時代』に逆戻りしつつあると警告」【編注8】した。さらに9月、「米国政府は薬剤耐性菌問題を克服するために、大統領令によるアクションプランを発表」した。

この3件は何を意味しているのか。13年3月、CDCの「悪夢の細菌」に対する警告【編注9】が背景にある。

85年、大半の細菌に対して効果を示すという意味で、抗生物質の「最後の切り札」といわれるカルバぺネム系抗生物質が開発された。ところが間もなく、カルバぺネム耐性菌が登場し、蔓延し始めた。大半の細菌に対する効果が一転し、大半の抗生物質を無効にすることになった。つまり、一度細菌による感染症にかかると、治療が難しくなる。

カルバぺネム耐性菌には肺炎桿菌や大腸菌、さらにその仲間の細菌が多く、肺炎や尿路感染症の原因になりやすい。ほかの患部の手術後、感染症や腹膜炎などの原因になり、血液中に侵入して敗血症を起こすと、多臓器不全などを経て半数が死亡する。 

米国では、カルバぺネム耐性菌がこの10年間で4倍に増えたが、世界的な広がりを見せ始めた。欧州では、米国のカルバぺネム耐性菌の中の別のタイプが各地でアウトブレイク(流行)し、その点で状況は米国よりも深刻だ。

またギリシャやイスラエル、トルコ、中国の上海、香港など、中東諸国やアジアなどにも広がりつつあり、日本でアウトブレイクする可能性もある。その侵入を瀬戸際でガードする賢明な対策が必要な今、逆にTPPで米国の牛肉などの大量輸入への道を開く。




加藤俊治

必須微量ミネラルを取り除いた精製塩が健康を破壊していく

「海」は「人の母なる水」であり、人間の血液、体液と海水は成分がよく似ています。生命は海から誕生しました。

塩がなければ人は生きていくことができないのは誰でもわかるでしょう。汗をかけば自然と塩分補給したくなります。太古の人間は塩のある場所に集落をつくり、山間部で暮らす人にとって塩は貴重品でした。

『にがりって本当に体に悪いの???KimamaCLUB(リンク)』より引用します。

==引用開始==
~・前略・~
昔の人はミネラルを摂取するときにかつて日本人が使っていたのは、海水から作られた天然の塩でした。

でも、1960年、当時の専売公社が「イオン交換膜方式」 という電気的な方法で製造された塩化ナトリウム99.5%以上の 塩の生産を開始。
(天日干しなんていうのは言語道断!!規格大量生産重視!!!!の時代ですからね^^:)

さらに、1971年には、この方法以外での製塩が禁止されてしまいました。
このようにして天然の塩が姿を消してしまいました。

つまり、「にがり」=天然のミネラルを 含まない塩が出回ってしまったのです。

「塩から摂取していたミネラルは他の食品から採れば良い。」との単純な発想が根底にあり、とんでもない過ちを犯してしまったようです。

このように塩からミネラルが取り除かれるようになり、 毎日の食卓から今まで何気なく摂取できていたミネラルが 不足すると同時に現代病が増加していったのです。
厚生労働省の 「人口動態統計」や「患者調査」に見られるガンによる 死亡数の推移やアトピー性皮膚炎患者の推移などををみると 明らかに前述の政策執行時期と一致し急増しているようです。

そして、この原因を特定すべく、現代病といわれる病気が次々とミネラルの働きによって抑制されることが判明してきているのです。

日本政府に奪われた、ミネラルは他の食事で補うのではなく、そもそも昔から摂取していた人間の体に自然に溶け込む 「母なる海の贈り物」つまり「にがり」で補うことが最も自然なのではないかと思うようになりました。

もちろん自然栽培のお野菜でも摂取できますがそれでも昔のお野菜に比べればミネラル分はかなり減っています。

私も右往左往しました。

お塩を作る方からはにがりがいけない!!うちの塩はにがりが無い!!などと言われてそうなんだ~~と思ったこともあります。
でもそういうお塩はうま味が無く、お料理にも適していない。。。。

やはり海の天然のお塩が美味しいし、良いお塩を使うと調味料がいらなくなるし、蒸す、焼く、など簡単な料理でとても美味しくできるんですね。。。。。。

昔の人が健康だったのはミネラルを天然の塩から摂取していたからだと思います。
私達世代が本物のお塩を食べなくなったことでミネラル不足になったのは言うまでもありません。

1929年のイギリスのフレミングによるペニシリン発見以降、抗生物質が次々と開発されました。
ここから、当時猛威を振るっていた赤痢や肺炎、結核といったウィルスによる病気は激減していきました。

しかし、ちょうどその後、前述のように「にがり」が取り除かれた塩がつくられるようになり、一連の現代病といわれる病気が蔓延しはじめました。
この「にがり」を体に取り戻すことによる効果効能は、主に以下のような病気に効果があると言われています。

ガン抑制/花粉症/糖尿病/高血圧/シミ肌荒れ/アトピー性皮膚炎/ 月経前困難症/不眠症/骨粗鬆症/便秘・宿便/手足のむくみ/歯槽膿漏/ 歯周病/ストレス/養毛・育毛/肥満

これらの現代病は、外部のウィルスに犯されるものではなく、免疫機能の異常や不具合で起こりうるものばかりです。
「にがり」は、体内生理を正常に戻す作用があることが確認されており、免疫機能の正常化に大いに役立つということです^^

つまり、現在一般的なガンの治療のように病気になった部分をいじくりまわすのではなく、 もともと人間に備わった免疫機能を本来の姿にもどすのです。




村田頼哉

牛白血病が急増…食肉用牛豚の有病率の高さが報じられない理由

かつての狂牛病、鳥インフルなど家畜にまつわる疫病とその処分はいたたまれない思いがよぎります。家畜を工業生産然としたプロセスで管理しようとすることに無理がある。そんな流通業界の都合と過剰な衛生観念が複合して悲劇を生み出しているように思います。

リンク
より引用です。

_____________________________________________________________________

Business Journalより
2018.02.15
文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事

■牛白血病が急増…
食肉用牛豚の有病率の高さが報じられない理由

 昨年12月22日に上梓した『じつは体に悪い19の食習慣・改訂版』(ワニブックス)は、おかげさまで好調に売れ行きを伸ばし、すぐに重版となりました。
三刷りも時間の問題と思われます。
おそらく、この連載をお読みくださっている方々の中にも、すでにお買い求めくださり、お読みくださった方がいらっしゃることと思います。
誌上をお借りいたしまして、御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

ーーー中略ーーー

●偽物“熟成肉”が氾濫

 今回、特に反響が大きいのは、食肉のことです。
本書の本文にも書きましたが、巷では「肉ブーム」とでも呼ぶべき現象が多々見受けられます。

 安い肉を大量に食べられることから、肉がメインの飲食店が人気を得て、店舗数も増えました。看板に「熟成肉」を謳っている店もよく見かけますが、それらのほとんどは、本来の意味の熟成肉とは似ても似つかぬ偽物ばかりです。

 親しくお付き合いをしていただいている精肉業の経営者は、そのことを嘆き、また心配しています。きちんとした知識を持たずに、いいかげんな保存方法で製造した“熟成肉もどき”によって、食品事故が起こるのではないかと危惧しているのです。

 肉を熟成させるためにはカビの力を借りるのですが、それはそう簡単にできることではないのです。筆者としては、まがい物の熟成肉で食品事故が起こらないように祈るばかりです。そんなことで、また食品業界や飲食業界全体がやり玉に挙げられるのは本望ではありません。

 また、これも本文に書きましたが、今現在「牛白血病」が急増していることも、深刻な問題です。詳しくは拙著に譲りますが、2015年度に農林水産省が発表した「牛白血病に関する衛生対策ガイドライン」には、そのことが明記されているのです。そしてそれは改善されておらず、見込みも立っておりません。これまでも筆者は、食肉になる牛や豚の有病率の高さに関して、厚生労働省が発表している「食肉検査等情報還元調査」などを参考にして警鐘を鳴らしてきましたが、それを真剣に受け止め、ご理解くださる方は圧倒的に少数でした。

 牛白血病の原因が何であるのか、確たる情報はありませんが、飼料として使われている遺伝子組み換え作物の影響や、大量に投与されるホルモン剤、抗生物質などが関与していることが原因のひとつであることは明々白々でしょう。

●劣悪な食材を使用するファストフードやコンビニ弁当

(中略)

 よく聞く話ですが、農家の方が日常的に食べている食事がコンビニ弁当であったり、スーパーの惣菜を盛り合わせたものであったりします。繰り返しますが、非難しているのではありません。疑問を呈しているのです。どうしてそんなことになってしまったのか、一緒に考えましょうと提案しているのです。

 私たちが健康でいるために重要なのは、食習慣、食生活全般です。たまの一食が、ファストフードであったり、コンビニ弁当であったりすることは、やむを得ないかもしれません。しかし、それが毎日となると、黙って見過ごすことはできません。それらに使われている食材は劣悪を極めます。
肉の問題だけではなく、米や野菜や調味料に至るまで、本来であれば私たちの健康を守るためのものであるはずの食事が、かえって健康を害するものになっていることに気づき、改善できるところは改善していくべきだと考えます。

 事実を知ったら、今のままでいいと考える方はほとんどいないでしょう。
農家の方の中にも、畜産業者の方の中にも、今のままではいけないと考えている方はたくさんいらっしゃいます。しかし、声を上げて事を荒立てたくないと思っている方も少なくありません。だからこそ、消費者から変わるしかないと筆者は考えます。購買という、一種の投票行為を通じて、自分の意思を市場に反映させるのが正しい手法だと思っています。
『じつは体に悪い~』が、そのきっかけとなり、一助となることを著者として強く望んでいます。
(文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事)

ーーーー

以下、Wikipediaより一部転載

牛白血病

牛白血病(うしはっけつびょう、英:bovine leukemia)とは牛白血病ウイルス感染を原因とする地方病性牛白血病(EBL)と病原微生物が不明な散発性牛白血病(SBL)の総称。
日本では家畜伝染病予防法の届出伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛。
牛白血病ウイルスはレトロウイルス科デルタレトロウイルス属に属するRNAウイルスであり、牛のBリンパ球に感染し、感染した牛は持続感染して、感染源となる。
地方病性牛白血病ウイルスは節足動物による機械的伝播、垂直伝播、血液を介する伝播を引き起こす。
地方病性牛白血病は大部分は無症状であるが、一部では数年の潜伏期の後に元気消失、食欲不振、下痢、便秘などの症状を示し、数週間で死に至る。
散発性牛白血病は子牛型、胸腺型、皮膚型に分類され、子牛型はリンパ節の腫大、胸腺型は胸腺の著しい腫脹、皮膚型は発疹、丘疹を形成する。
治療は行われない。
日本ではと畜場において牛白血病と診断された場合には全部廃棄処分となる。
_____________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

ブログ内検索

P R