忍者ブログ

危険な洗剤

リンク

「アトピーは体質・・・。」とあきらめていませんか?

実はアトピーを引き起こす一番の原因は普段から使っているシャンプーや洗剤に含まれている「合成界面活性剤」!
アトピーを引き起こし、かゆくなって、掻いてしまってしまう。
その掻いてしまったところから、また合成化学物質が入り込んでアトピーを繰り返してしまうという悪循環なんです。
アトピーやアレルギーは体に入ってきた異物を追い出そうという免疫反応です。
洗剤やシャンプー、化粧品等も、生活に不可欠な物ですが今一度その成分を見直してより安全なものを選びたいですね。


----------------------------------------
生活の中で必要な洗剤に必ず入っている『合成界面活性剤』の危険性は皆さん知っている事だと思いますが、皮膚や角質層を通り抜け体内に侵入し、血液にも侵入して血管を通り身体全体に広がり悪影響を及ぼします。 体内に入ってしまったら!つうしんで何度もお伝えしていますが外部に排出する事は難しく、血液や脂肪中に蓄積され、体内で分解するのに腎臓や肝臓にかなりの負担をかけてしまいます。そして、下水処理でも分解や除去ができず、結果…海や川を汚してしまっているんですね。

衣類に残った洗剤は汗などに溶けて体内に入っていき、食器に残った洗剤は食べ物と一緒に、消臭スプレーは口の中から体内へ入っていきます。その影響で免疫力が低下し、ある日突然、花粉症やアトピー性皮膚炎になる人が出てくるのです。他に胃腸炎や吐き気、低血圧などなど。
そして、洗濯洗剤に含まれている蛍光増白剤は、洗濯後も衣類に残り本当に汚れが落ちていなくても、光を反射させて白く見せてくれるという成分。何度洗っても臭う原因はこのせいかもしれないですね…身体への害は発ガン性や皮膚への刺激があります。せっかく綿100パーセントや絹の衣類を着ていても、粗悪な洗濯洗剤で洗ってしまうともったいないという事ですね。身体への危険性があるものはなるべく避けたいものです。
洗濯洗剤の他に柔軟剤を使っている方もいると思いますが… 洗濯洗剤より恐ろしいものだという事はご存知ですか? 柔軟剤はすすぎの最後に投入されるので、柔軟剤がしっかり衣類についたままの服を肌に身につけているんです。最近は、匂いが強い柔軟剤もかなりありますよね。 匂いを持続させる為にどのくらい香料や合成化学物質が投入されているのでしょうか? 香料は何種類入れても「香料」と表示されるだけ。香料の中にはアレルギーを引き起こす物もあります。周りの人への影響も、人工的な香料が原因で体調不良になったり、頭痛、ひどい人は呼吸困難になったりもしているそうです。自分がいい香りだと思っていても、他の人にとっては不快な匂いだったりするという事ですね。



匿名希望
PR

美味しくてやめられないパンに潜む危険性

手軽に食べられて、いろいろな種類や味があるパン。
コンビニにも毎日たくさんパンが陳列されています。

しかし、パンの包装紙の裏側に記載されている食品添加物の数々。
その危険性についてです。

_____________________________________________________________
【原材料名】
・小麦粉、フラワーペースト、ファットスプレッド、糖類
・マーガリン、卵、パン酵母、発酵風味料、食塩、脱脂粉乳
・乳化剤、糊料(増粘多糖類)、香料、イーストフード
・保存料(ソルビン酸)、V.C、カルテノイド色素
・(原材料の一部に大豆を含む)

↑よく見かける表示。

・小麦粉
グルテンでできており、グルテンの取りすぎは「グルテン過敏症」を引き起こします。
グルテンをとることで腸の免疫システムがグルテンを異物と判断して過剰に反応することで炎症を起こしてしまいます。
ただグルテン過敏症に関しては自覚症状がないケースも多く
慢性的な疲労感や下痢、便秘、集中力の低下、肌荒れ、PMS(月経前症候群)、生理不順、不妊、アトピー、ぜんそく、鼻炎などさまざまな症状を引き起こす可能性があります。
またグルテンは麻薬のような中毒性があります
人間の体はアミノ酸の配列で物質を認識していますが、小麦のアミノ酸の配列はモルヒネに似ているため中毒症状を引き起こしやすいと言われています。
つまりハイになったり、イライラしたり幻覚や妄想まで起こします。
現在の小麦は収穫量を増やすため、病気や日照り、高温などに耐えるように品種改良により作られた小麦が多く、人工的な硝酸塩肥料や有害生物防除なしでは育ちません。
さらにこの品種改良により、昔よりもグルテンの量が増えていいます。
そして日本向けの小麦にはカビが生えないように防腐剤が大量にかけられている場合が多く、もはやグルテンだけが問題とは言えないのです。

・イーストフード
イーストは人工酵母であり、市販のパンのほとんどに使われているのは、
天然酵母じゃなくて、廃糖蜜にリン酸や窒素などの化学物質を加えて工業的に生産されたイーストの方だそうです。
イーストフードとはその名のとおり、イーストが食べるエサで、・塩化アンモニウム・炭酸カルシウム・リン酸塩など13品目の合成添加物から4~5品目を混ぜてつくられる化学物質です。塩化アンモニウムは毒性が強く、大量に食べると吐き気や嘔吐などを起こす可能性があるといわれています。

・乳化剤、香料
いずれも一括表示されているので、実際何種類の食品添加物が入っているかは解りません。

・保存料(ソルビン酸)
細菌やカビの増殖を抑えて、腐敗を防ぎますが、ラットに対して、体重1kg当たり7.4g経口投与するとその半数が死亡します。

・V.C
ビタミンCのことで、酸化防止剤として使用されているものと思われます。
ビタミンCは、人間にとって不可欠な栄養素ですが、一度に大量に摂取すると、副作用が現れることがあります。使われているビタミンCは合成されたもので、天然のものから抽出されたものではありません。緑茶飲料に含まれるビタミンCも同様です。

・カルテノイド色素
オレンジに着色するための色素でタール系色素に替わって用いられることが多くなりました。
危険度が高いものは少ないようですが、それでも結構な種類の
食品添加物が含まれています。


全国展開しているパン屋さんだと、工業生産ですし、物流など配達にかかる時間もあります。自然と使われる食品添加物は多くなると考えられます。
パンは地元密着型のこだわりのパン屋さんの方が安心できるようです。

________________________________________________

数々の食品添加物が含まれており、また中毒性もあるパン。
同じ炭水化物でもお米を食べて、出来る限りパンの摂取量を減らしていきたいですね。
私自身、手軽だし直ぐに食べれるのでパンを食べていますが、最近はいつも食べたいと思うようになってしまっています。記載しているように中毒性があるから、食べたい欲求が出てしまうのだと思います。

栄養バランスが整った食事を時間をかけてゆっくり味わうのが、体にとってまた気分的にもいいことだと思うので心がけていきたいです。

引用:
リンク 健康一番
リンク パンと食品添加物アーカイブ




狩野幸花

女性不妊の原因にも。現役医師が指摘する「残留農薬」の危険性

かつては生物濃縮によって人体や生態系に悪影響を及ぼす可能性のある農薬が使用されていましたが、農薬取締法により農薬は人体への影響の少ないものへと変わっていきました。しかしメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で現役医師の徳田安春先生は、「現在使用されている農薬でも、日常的な摂取による体内への残留で、女性の不妊症などを引き起こす可能性が指摘されている」とし、その危険性について指摘しています。

○ 農薬は安全か

 毎日の食生活で農作物は欠かせないですね。でも、農作物を毎日食べていると心配になるのは農薬です。そこで今回は農薬のからだへの効果についてみてみましょう。人類は農業を始めて以来、病害虫や雑草から農作物を守るための努力をしてきましたが、少ない労力で一定の効果が得られる点で農薬の使用が行われています。農薬とは農作物を害する病害虫や雑草などの防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤等の薬剤です。

 昭和46年に改定された農薬取締法により、農薬の開発方向は、人に対する毒性が弱く、残留性の低いものへと移行していきました。これまで使用されてきたBHC、DDT( ジクロロジフェニルトリクロロエタン)、ドリン剤などの、残留性が高く、人に対する毒性が強い農薬の販売禁止や制限がされました。

 しかしながら、最近広く使われるようになってきている農薬の中には発がん性の疑いのある物質も含まれています。ネオニコチノイド系の殺虫剤やグリホサートと呼ばれる除草剤などです。ネオニコチノイド系の殺虫剤によるミツバチの大量死が問題になったことがありました。また、アメリカの疾病予防センターのデータによるとほとんどのアメリカ人の体内でグリホサートが検出されていました。グリホサートの由来はこれを農薬として用いた野菜や果物の摂取によると考えられています。

○ 農薬の急性中毒と無症状中毒

 農薬の急性中毒については何十年も前からよく知られていました。WHOのデータによると世界中で毎年250万人もの人が農薬中毒を経験しています。しかしながら最近になって、明らかな症状は出ないものの、慢性的にからだに対して害を及ぼす無症状中毒と呼ばれる状態がかなりあることがわかってきました。

 無症状中毒という概念で最初に注目された毒物は鉛でした。急性の鉛中毒は少数でのみ認められたものでしたが、かなり多くの人々が鉛中毒で認知機能障害をきたし、行動異常もきたしていたことがわかりました。1920年代から80年代にかけてガソリンに鉛が添加されていたアメリカでは、ちょうどその頃に鉛に暴露された子供たちの知的発達が障害されていたのです。鉛中毒の影響が深刻であったある地域では、平均の知能指数が5ポイントも低くなっていたのです。

 話を農薬に戻します。以前用いられた古い農薬には人間の精巣や卵巣などの生殖器官に障害をもたらすものもありました。ケポンという商品名の有機塩素化合物殺虫剤クロルデコンは、農家における男性の不妊症の原因となりました。男性農民は無精子症を発症したのです。農薬は直接的に生殖器官を障害したり、エストロゲンと似た作用を持つことで内分泌かく乱作用で生殖器官を障害していたのです。強力な内分泌かく乱物質であるDDTは白頭鷲やミサゴに絶滅をもたらしそうになった理由は、これがエストロゲンと似た作用を持っていたからなのです。

○ 農薬と不妊症

 最近発表された研究で、通常の農薬を用いて作られた野菜や果物の日常的な摂取による残留農薬の曝露は女性における不妊症と関連があることが示されました。スーパーやショッピングモールなどで売られている普通の野菜や果物を食べていただけで、妊娠成功率が低かったのです。一方で、無農薬のオーガニック野菜や果物を食べていた女性では妊娠に成功する割合が高くなっていました。

 この衝撃的な事実は、最近における世界的な生殖器障害のトレンドと不気味に一致しています。まず、1970年代から欧米諸国の男性の精子の数が約半分減ってきています。同じ時期に、男の赤ちゃんで尿道下裂と男性における精巣がんの頻度が倍に増えています。これらは遺伝的な原因や診断テクノロジーの発達では説明できない増加のスピードなのです。環境要因が原因であることは間違いないとされています。

 農薬も基本的には薬の一種です。薬はリスクとも呼ばれています。製薬企業に対してマーケット後の安全性評価を厳しく義務づけているように農薬製造企業にも安全性評価を義務付けるべきと考えます。官僚や政治家に対しても教育が必要です。消費者の皆様に対するアドバイスは、新しいタイプの農薬だから安全だと考えてはならないということです。野菜や果物はできるだけオーガニックを選びましょう。




津田大照

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ


リンク
食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ

●魚

●-1.回転寿司店のネギトロ
回転寿司店のネギトロはビンチョウマグロ、メジマグロ、キハダのトロの部分や中落ちなど、いろいろなものを混ぜて作られているものがあります。ネギトロは色が変わりやすい ので、見た目を保つ添加物や、酸化防止剤も使われています。
●-2.フカヒレ
フカヒレと言いながら実際はエイのヒレだったり、フォアグラを使っているとしながら代用品を使っているケースが見られます。鶏レバーに乳化剤やガチョウ油脂、ラードなどを混ぜて成型し、見た目や味を似せたペースト状のニセフォアグラ食材があるのです
●-3.人工的に作られているいくら
量が少なく、値段が高い食品の代替品として出回っているコピー食品。その中でも代表的な存在だったのが人造イクラです。実は、人造イクラは食品会社ではなく、日本カーバイト工業という化学品・樹脂の会社が開発したものですから、驚きです。
天然のイクラは鮭やマスの卵が使われますが、コピー食品のイクラは魚卵を一切使っていません。人造イクラの原料は、外側の皮膜、中身の溶液、中身の目玉でそれぞれ違います。
・カラギーナン
ユーケマまたは紅藻から抽出される海草由来の増粘安定剤。動物に対して、その半数以上を死亡させる経口投与量は、体重1kg当たり5g以上で、できるだけ避けた方が良いものです。
・ベクチン
成分は、メチル化ポリガラクチュロン酸等の植物由来の増粘多糖類。ラットに対して、べクチンを0,5,10,15%含むエサを90日間与えた処、一般状態、行動、生存率に悪影響は見られませんでしたが、10%群と15%群では、成長率が僅かに低下したそうです。

●●野菜
●●-1くすんだレンコンも食品添加物で漂白、真っ白に!
スーパーのお惣菜売り場で見られるレンコンの酢の物や鮮魚売り場でお刺身と一緒になっている大根のツマ、純白ともいえるような白さのことがあります。
次亜塩素酸ソーダで殺菌しています。次亜塩素酸ナトリウムは、野菜や果物、刺身のツマなど
流通段階で多用されている漂白殺菌剤で、
「大手スーパーから、漬物は必ず次亜塩素酸ナトリウムで殺菌するように言われています」
以下、「食品のカラクリ」別冊宝島編集部編(p151~)

●●-2食品スーパーの必需品、「野菜漂白剤」
ある化学薬品メーカーのパンフレットに、野菜などに使用される食品添加物が次の様に紹介されているそうです。
「食品添加物グレード次亜塩素酸ナトリウム6%の殺菌漂白剤です。
スーパーマーケットの食品加工業者、食品工場、レストラン、ホテルの厨房など微生物が繁殖しやすい場所のサニテーションに確実な効果を発揮します。
特に、まな板、調理器具、ふきんなどの漂白殺菌と野菜、果物、刺身のツマなどの殺菌に最適です」この殺菌剤は300~600に希釈して野菜を浸しますが、「スーパーで使っていないところはないのでは」乳化剤、香料、イーストフード
いずれも一括表示されているので、実際何種類の食品添加物が入っているかは解らない。

●●-3保存料(ソルビン酸)
出典:リンク

細菌やカビの増殖を抑えて、腐敗を防ぎますが、ラットに対して、体重1kg当たり7.4g経口投与するとその半数が死亡します。

★V.C
ビタミンCのことで、酸化防止剤として使用されているものと思われます。
ビタミンCは、人間にとって不可欠な栄養素ですが、一度に大量に摂取すると、副作用が現れることがあります。含まれているV.Cは工業的に合成されたものであり、天然なものではありません。

●●-4カット野菜
野菜は普通、切ってから3時間もすれば切り口から黄ばんできますが、カット野菜やカップに入ったサラダなどは、何時間たっても変色せず新鮮なままです。これは、殺菌剤のプールに浸してからパックされているためです

●●-5有機ないじゃがいも
出典:リンク
じゃがいもを効率よく低コストで大量生産するにはムシやカビや病気の発生を防ぐための農薬だけでなく収穫直前に茎や葉の地上部分を枯らせる除草剤(枯凋剤)を大量に散布したり 出荷後に芽が出るのを防ぐために発芽防止剤を使用したり放射線照射をしなくちゃいけない

リンク

●●-6おにぎり
参考:リンク
コンビニおにぎりは、米と水だけで炊くのではなく、米と炊飯油、pH調整剤、保存料、シリコンなどが使われています。たっぷりの保存料がなければ、おにぎりは、1日で堅くなってしまい、賞味期限を2日~3日伸ばすことはできないでしょう。

★pH調整剤
「pH調整剤」という表示がありますが、これが保存料の代わりになっています。pH調整剤は、酢酸やクエン酸などの酸がほとんど。お酢でもわかるように、酢には殺菌効果があります。そのため、保存性を高めることができるのですが、酢のなかには、口や胃の粘膜を刺激するものがあります。また、グリシンも保存性を高める働きがあります。グリシンはアミノ酸の一種で、味付けの目的でも使われます。アミノ酸なので安全性は高いはずですが、鶏やモルモットに大量にあたえると、中毒を起こして死亡することもあります。
 




今井勝行

市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。


リンク

たった一つの市販タンポン製品によって片足を失った女性モデル。タンポンやナプキンに使われる合成素材が引き起こす、死の危険もある恐ろしいトキシック症候群とは?

トキシック症候群をご存知ですか?
当たり前のように使用している合成素材が命を危険にさらします。
女性にとって、毎月訪れる月経は、とても神秘的で大切な生命の営みのひとつです。
初潮を迎える10代から閉経までの50代頃まで、妊娠期間を除いた約40年近くもの長きにわたって付き合うことになる月経。ところが実際に私たちは、このことについての正しい知識や対処方法を知らずにいるのではないでしょうか。
モデルのローレン・ワッサーさんがケミカルタンポンの使用により、トキシックショックで片足を切断。
世間一般的によく使われている市販のタンポンによって、モデルのローレン・ワッサーがその足を失われたという話が話題になっています。

モデルとして、20代の女性として、輝かしい日々を送っていたローレン・ワッサーの生活が、なんとたった一つの製品により一瞬で激変したというのです。その原因は、彼女が愛用していた生理用品であるタンポン。
これによるトキシック症候群の罹患で、彼女の生命が危険にさらされてしまったのです。死亡事故にはならなかったものの、若く美しい彼女の足は、切断せざるを得なくなってしまいます。
「私のお腹は大きく膨れ、体の至る所からチューブが出ていました。 私は話すこともできませんでした」とローレンは話す。ベッドの隣には、彼女の血流から吸い出された、黒い毒素のチューブがあった。
彼女は病室から外を眺め、もうろうとしながらサウス・ウェストのことを思い出していた。浮腫んだ体は自分のモノとはおもえなかった。 「私は食事を過剰に与えられたのかと疑った」彼女には「何が起こっているのか全く分からなかった」。
見当識障害よりもはるかに悪いことに、手足には灼熱感があり、何をしても治まらなかった。
感染により、壊疽してしまったのだ。

中略
高圧酸素療法のため、彼女はUCLAに救急搬送され、高圧治療装置で、血液が足に流れるよう治療が施された。
ローレンが部屋でひとり、診察を待つ時間があった。 母親と代父は、少しのあいだ席を外し、彼女は大きな椅子に座っていた。その部屋にはカーテンがあり、カーテン越しに、女性が誰かと電話しているのが聞こえた。 女性は会話の中で、何事か緊急事態を相手に告げている様子だった。 「24歳の女性患者がいるんだけど、右の膝下を切断しなければならなそう」
「私のことだ、とわかりました」。彼女は確信した。「私は脚を失ってしまうんだ」

リンク




今井勝行