忍者ブログ

世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態

自身の子供(5歳、10歳)が最近タブレットでユーチューブの動画を長時間見る生活が増えているのを実感しているので、以下の記事を読み危機意識が高まった。
直進性が高い高エネルギーのLED光。
視力低下の懸念点は、やはりそのような影響があるのかという感想。

以下、In Deep リンクより転載。

LED は眼に悪いというような話は数多くあったのですが、それに関しての現実的な実験や、具体的な損傷の割合に関しての数値などはなかったと思われるのですが、ヨーロッパ最古の大学のひとつであるスペインのマドリード・コンプルテンセ大学の最新の研究による論文で、ラットと、そしてヒトを使った実験により、

「 LED の光が網膜を破壊することが、ほぼ確定した」

のです。

マドリード・コンプルテンセ大学は、ヨーロッパ最古の大学のひとつですが、そのこともあり、スペイン国内では大々的に報じられています。

スペインの報道より
リンク
【LEDディスプレイは、網膜の細胞死を促進することが判明。】

その記事の中に、

> 白色 LED ライトに3ヶ月間暴露した後、フィルターなしでタブレット画面に曝露したラットは網膜細胞の死の約 23%の増加を示した。この 23%という網膜細胞の死の度合いは視力喪失を引き起こし得るものだ。

とあるのですが、このように、タブレットの液晶画面の光が3ヶ月、眼に晒されたという状態で 23%もの網膜の細胞が死亡したというのです。

「ああ……これは」と私は思いましたよ。

私は、スマートフォンやタブレットは使わないですけれど、パソコンの画面を見ている時間がわりと長い上に、その歴史も結構ありまして、「累積時間」は、どのくらいになるのだろうと。

最近はうちの子どももパソコンとかよく見ますしね。

この実験では、子どものほうが強く影響を受けることも示されているのです。

そして、どこの国でも、今や世界の多くの子どもたちは LED 漬けになっているという現状もあります。

記事の中では、スペインなのかアメリカなのか、どこの国の調査かはっきりしないのですが、

> 8歳から 18歳までの子どもたちは、平均として1日に、学業と余暇活動を含む中で LED ディスプレイを備えたデバイスを使って約 7.5時間を費やした

とあり、世界中の子どもたちが LED の光によって「網膜を少しずつ損傷させている」可能性が高いのです。

というわけで、今回は下の英国デイリーメールの記事をご紹介します。
リンク
【世界的な失明の流行」の兆候を専門家たちは警告する。画面を何時間も見ている生活により、何百万人が視力を早期に失う可能性】

なお、スペイン大学の実験ではタブレットの液晶を使いましたが、画面に LED を使っているものはすべて同じで、主には、

・スマートフォン
・タブレット
・液晶のテレビ
・パソコン
・液晶のモニタ
・液晶モニタのついているゲーム機

などが日常でよく登場するものだと思われます。

(中略)
それでは、ここから記事です。
=================================
デジタルスクリーンからの高エネルギーの光が私たちの網膜を傷つけていることに関しての新しい研究結果が出された。眼球の光感受性層である網膜の損傷は、失明の最も大きな原因だが、デジタルスクリーンと網膜の損傷の関係が今まで以上に明確になり、専門家たちは網膜の損傷が世界的な流行になると述べている。

最初の実験は、ラットの網膜を白色 LED 光を放出するタブレットの画面に曝露し、一方のグループはフィルターを使い、他方のグループはフィルターを使わない、という実験を行った。

★白色 LED ライトに3ヶ月間暴露した後、フィルターなしでタブレット画面に曝露したラットは網膜細胞の死に関して約 23%の増加を示した。この 23%という網膜細胞の死の度合いは、視力喪失を引き起こし得るものだ。 (中略)

「現在の社会では、人口の大多数の人々が何らかの LED 画面を、仕事でも学校でも、プライベートでも使用していることを考えますと、今回の実験の結果は重大なものと言えるかもしれません」

第2の実験は、デジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコン、ゲーム機)ごとに、そして被験者のそれぞれに、瞳孔の直径、およびデバイスの眼までの距離に基づいて目に入る光の量を調べた。

科学者は、異なるデバイスから LED 画面の放​​射を測定し、高エネルギー光の量を計算した。

デジタルデバイスの LED ディスプレイは、非常にエネルギーが高く、網膜に損傷を与える可能性を持つ可視光線である短波長の割合が高い光を放射する。

中でも、子どもたちは同じデバイスを使用しても、大人より腕が短いために、目から画面までの距離が近くなるが、その結果、子供たちは大人に比べて、短波長の光を3倍多く受けていた。
このことにより、子どもの方が大人より高エネルギーの光にさらされていることがわかった。


日出・真田十勇士
PR

歯磨き粉、ガムに発がん性物質が使用されている / 学説:水をボトルで飲む人を悲惨な結末が待つ 悪意を持っている一握りの上層部-

記事はシャンティフラー
リンク

竹下雅敏氏からお借りしました。


・・・・・・・・・・・・・・・

 歯磨き粉やガムに発がん性物質が使われているとのことです。そうだろうと思います。こういった商品を出している企業が人類削減計画に協力しているという事ではないと思います。ただ、企業はより売れる商品を販売しているだけで、その結果、こうした有毒物質が様々な用途で利用されるのでしょう。しかし、社会の上層部にいる一握りの連中は、意図的にこうした毒物を食品などに混入出来るようにしているはずです。

 例えば発泡酒にしても、メーカー側は人類削減計画の一環として、意図して遺伝子組み換え食品や添加物を使っているのではなく、より安く、消費者受けする商品の開発のために作っているのだと思います。しかし、遺伝子作物を人々に食べさせようとしている一握りの上層部は、明らかに悪意を持っていると思います。要は、ほとんどの人たちが、無知のゆえにエリートたちのこうした悪意に気づいていないという事なのです。

 皆さんの食生活の中から、遺伝子組み換え食品はもちろん、添加物や人工の着色料などが入っていない自然なものを選んでください。スーパーで買える物はほとんどないことに気づくでしょう。記事を見ると、ペットボトル入りの飲料水ですら危険だということです。塩化ビニールの水道管は、大丈夫なのだろうかと思わざるを得ません。

 セシウム入りだろうが、添加物まみれであろうが、遺伝子組み換え食品だろうが、健康に“ただちに影響は無い”のだから、そんなに気にする事は無いと思って、好きな物を好きなだけ食べた方が良いと言う人も多いでしょうが、ほとんどの食品が、何らかの形で汚染されているという状況は異常だと思います。

人間だけが自業自得で不健康になって死ぬのならそれもありでしょうが、地球環境を圧倒的に汚します。人類はもう少し精神的に成熟しなければならないのではないでしょうか。


※転載元記事: Sputnik

 リンク

「歯磨き粉、ガムに発がん性物質が使用されている」

仏とルクセンブルグの胃腸科医らが食用色素としてよく歯磨きやガムに使用されているE171(二酸化チタン)の危険性を指摘した。科学雑誌「サイエンティフィック・レポーツ」に発表された研究結果をインディペンデント紙が簡略化して報じた。

研究者らの指摘では二酸化チタンは発癌性物質となりうる。げっ歯類に人間が通常用いるのと同じ量のE171を入れた水を100日間にわたって投与した結果、消化器官に前がん症状を起こす頻度が40%も上昇した。

E171化合物はチタン産業製品の主要品目のひとつ。食品では漂白剤として使われることが多い。研究者らはE171の危険性が人体に及ぶと断定することは避けたものの、その可能性を否定もしていない。

先に、ロシアとインドの学者たちがコブラの毒からガン新薬を開発したと報じられた。


※転載元記事: Sputnik

リンク

学説:水をボトルで飲む人を悲惨な結末が待つ

学者らの研究により、ボトル入り飲料水を飲む人々は健康を極度に危険な状態に置いている、ということが分かった。

理論の検証のため、1500人のボランティアが集められ、一定期間、組織的にペットボトルから水を飲んだ。

尿の分析で、大量のビスフェノールAが見つかった。しかしボトル入り飲料水の飲用を完全にやめると、体内の毒素のレベルが明らかに減少した。

ビスフェノールAは毒性を有し、水および食物に浸透することができる。専門家によると、この物質が体内に取り込まれると、通常の頭痛や、肥満、ホルモンバランス障害など重篤な疾患が表われる可能性がある。




池波真二

行き過ぎた清潔志向が人類にもたらす危機 ~自然の摂理に反する除菌、清潔、無菌生活~2


つづき

リンク

過去記事で「人間とはどのようなところに生きているか」ということについて、
・生物、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体であるかもしれないことを確認させてくれる「人間と細菌たちの共存=マイクロバイオーム」の概念という記事で書いたことがありますが、「人間は細菌そのもの」です。このマイクロバイオームという概念では、人間というものは、

【単独で生きていく生き物ではなく、人間と共に競合する微生物を内部に秘めた複雑な生態系】だとされています。

これは完全に正しい概念だと思います。

しかし、その中で、医学の歴史では、細菌をそうは見なしませんでした。たとえば、「抗生物質で体内の微生物を殺す」という方法論は医学の主流にまでなっています。そして、その抗生物質の時代が終わりを使えつつあることは、何度か記したことがあります

そして、さらに、
「傷口を殺菌・消毒、そして乾燥するという方法論がどれだけ人間の生体が持つ修復能力と逆のことだったか」ということなども書いたことがありますけれど、とにかく、この数十年の世界は、「菌という存在はすべて殺させばいい」という概念で突き進んできました。

しかし、それは間違っていることが今は明白になっています。

それでも、今でも、たとえば、風邪が流行する時は、「うがい、手洗いをしましょう」となります。具体的な方法を書かずに「うがい、手洗いをしましょう」と言われれば、中には、「消毒作用のあるうがい薬で毎日うがいをする人」だとか、「執拗に石鹸や消毒剤で手を洗う」人なども出てくるかもしれません。

それは結果として、「喉の大事な常在菌を殺してしまい」、あるいは「手についている常在菌を殺してしまう」ということにつながります。

どのくらい常在菌が「死んで」、どのくらい復活しないかといいますと、こちらのページによれば、
>石鹸やボディーソープを使うと、90%常在菌が流れ落ちるといわれています。若年層は12時間程度で再び常在菌が元通りになりますが、中高年では20時間と長い時間がかかります。

>手は体に比べると常在菌の回復が早いのですが、界面活性剤配合の石鹸をたびたび使うことで常在菌が大幅に減少してしまうのです。
>石鹸などで洗うと、「何時間も何十時間も常在菌による保護が消える」ということになります。喉も手も、あるいは全身そういうことになると思われます。

結果として、殺菌を続けていると、「体は保護を失い、弱くなる」という厳然たる事実につながります。

防御を失うわけですから、風邪を予防するために消毒薬で消毒することが、さらに厄介な感染症につながることも考えられます。




長曾我部幸隆

行き過ぎた清潔志向が人類にもたらす危機 ~自然の摂理に反する除菌、清潔、無菌生活~1

無数の雑菌やダニやウイルスやカビや微生物たちとの共生という幼少時の成長の中で最も大事な部分を奪い取る「清潔志向」・・・微視的な固定観念に囚われた近代医学の誤りを指摘する流れが、ますます顕著になっています。

リンク

以下引用

★数百万世帯の「無菌室」で育った子どもたちの未来

現在、日本の子どもたちに、かつては考えられないような率で、アレルギーや、あるいは感染症が毎年猛威をふるっていることについては、特別に例を上げるまでのことでもないと思います。

最近の毎日新聞の「アレルギー治療 拠点病院整備へ」という記事の出だしは、
> 国民の約2人に1人がかかっているといわれるアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患。
というものでした。国民の約2人に1人がアレルギーにかかっている、という状態が異常でなくて何が異常かと思うのですが、では、「昔はどうだったか」というと、時代によっては、「アレルギーなど、ほぼまったくなかった」ものです。ほんの数十年前まで。

40年前、50年前に花粉症やアトピー性皮膚炎などは、少なくとも「ほとんど」なかったと思われます。当時は非常に公害が問題になっていた時代であったにも関わらず、です。

公害が減り、環境が衛生化していくと共に「対応できない病気が増え続けている」という奇妙な矛盾が生じていることになります。

今や、あらゆる種類の病気が増え続けていますが、ガンなどを含めて、多くが体内の免疫システムと関係しているという意味では、多くの病気にアレルギー的な意味も多少はあるかもしれません。しかし、多くの病気というのはここでは別にして、アレルギーに絞ってみても、世界中の多くの主要国(先進国といわれるような国々)では、驚異的な増加を示しています。

大事なのは……たとえば、CMなどを含めて、ふだんの生活の中やメディア上で、

「除菌」

というような言葉を今どれだけ目にするでしょうか。
除菌、抗菌、抗ダニ、除カビ、99.99%除菌……と数限りなくあります。
それがなされる製品群の種類も、ここ数年で大幅に増えて、

・掃除機
・エアコン
・スチームクリーナー
・空気清浄機
・さまざまな抗菌洗剤
・さまざまな抗菌石鹸類

他にもあるかもしれませんが、ここまで総動員して、そして高い日本の技術の製品で徹底して行えば、目的はある程度なされると思います。

その「目的」とは「住居空間の無菌室化」です。
これが何を意味しているかおわかりでしょうか。

「本来、地上に生まれて、地上のさまざまな雑菌やダニやウイルスやカビや微生物たちと共生して、あるいは対抗するための抗体を体の中に作る」という、幼少時の成長の中で最も大事な部分を、その幼い子どもたちは、「生活の中で奪い取られている」のです。

生まれて、赤ちゃんの彼や彼女たちは、いきなり自宅の無菌室に置かれる。

そこは、あらゆる製品群により、99.99%などの徹底した「微生物排除」をなされているだけではなく、外気からも、あらゆる天然の要素が入らないような空間になっている。そして、今の家電製品では、それが簡単にできてしまう。

子どもたちは、本来なら、自然の中におびただしく存在する細菌やウイルスたちと、これからの人生で共有していかなければならないたくさんの「免疫作り」を、自然の生活の中でなしていかなければならない。

それに必要なのは、細菌であり、ダニの死骸であり、花粉であり、ウイルスであり、泥であり、土であり、つまり「ありとあらゆる不衛生」であるはずです。ところが「完全無菌室」で成長した子どもたちには、その力がない。「不衛生と共生する経験がない」からです。

そうなれば、あとは必然的に、彼や彼女たちのからだは、「ダニも花粉も細菌もウイルスも何もかも体験したことがないから、それらは敵」と見なし、白血球があらゆる自然界のものに対して攻撃をしかけることになり、それはすなわち「アレルギーの発症」です。

昔の日本の家は「家の中にいても、ほとんど外にいるのも同様」的な環境が多かったと思います。縁側に眠る赤ちゃんの周囲には、何千万、何億という細菌、ダニ、カビ、花粉、土、泥、変なちっちゃい虫などがガガーッといたはずです。

その世界にアレルギーという言葉は基本的にありませんでした。




長曾我部幸隆

人類の存続に関わる問題:「精子の減少が進行」と「男性そのものが減少」 2/2

60世代の若かりし頃は、「1cc中に1億個」と言われていましたが。現在の若者は約1/2以下に、さらに「男性そのものが減少」している驚きの事実が。

人類の存続に関わる問題なのに・・・。


【成人の日に精子減少について考える】 リンクより (2016.1)

・・・・・・・・・・・・・・・・

■男性そのものが減りつつあるという事実■
現在の総人口から見た日本の男女比はおよそ49:51。140年前の明治6年はその逆で、年々、男性が少なくなっているそうです。

染色体の衰退が原因で世界的な傾向。600万年後には男性がいなくなる可能性が高いというのです。

性染色体とは性別を決める染色体で、2つのペアから成り立ち、両親から1つずつ受け取る仕組みになっています。この染色体にはXとYの2種類があり、XXなら女性、XYは男性と、組み合わせによって性別が決まるのです。

XとYにはもともとは同じ数の遺伝子があり、大きさも同じだったのですが、Xは1,098個の遺伝子を持っているのに対し、Yの遺伝子はだんだんと減り、現在はたったの78個しかありません。

遺伝子が14分の1にまで減るにつれ、Y染色体は大きさも圧倒的に小さくなってしまいました。このまま減り続ければ、Y自体が消えてしまう日が必ず来るといわれています。では、Y染色体はいつなくなってしまうのでしょう?

1億6,000万年前のY遺伝子は約1,000個あったことから、現在までにおよそ100万年ごとに3個~6個が消えた計算になります。このままのペースが続くとすれば、残る78個は2,600万年~1,300万年で消えてしまうことになります。

オーストラリア国立大学のグレーブス博士が、Y染色体の遺伝子が今日までどのような経緯で減っていったのか、さまざまなケースを想定してシミュレーションをおこなったところ、Y染色体は加速度的に減り、完全になくなるのは500万年~600万年後になるという結果が出ました。


■Y染色体が減っていく原因■
Y染色体が加速度的に減るのはなぜなのでしょう?

原因と考えられるものが2つあります。もともとYには機能しない遺伝子が多くありとても不安定だからという理由です。使われていない要素は退化するのが摂理で、極端にいえば、来週には世界のどこかでなくなっていても不思議ではないのです。

もう一つの理由は、Xは父から娘または母から息子と、性別をまたいで遺伝される可能性があるのに対し、Yは父から息子だけのパターンしかないため変化に乏しいことがあげられます。

自分と異なるタイプの免疫をもらった方が生物として丈夫で変化に対応できるのと同じ理由で、男から男にだけ伝えられ続けたYはたいへん弱くコピーミスを生じやすいのです。けれど、Y染色体の消失は男性の消滅を意味します。

はたして、人災なのか、天災なのかはわかりませんが、私たち男性にとって、未来はそう明るくないような気分にさせられてしまいます。・・・けれど、時間の猶予はまだ600万年はある。

・・・・・・・・・・・・・・・・



加藤俊治

ランキング

にほんブログ村 環境ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[10/23 ほうがくしょうげん拝]
[10/16 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/19 ほうがくしょうげん拝]
[09/05 QED]

バーコード

ブログ内検索

P R